大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「残念なミスコピー」は、そろそろ卒業しましょう。

   

誰もが一度は、
人の歌や演奏を聞いて、カッコいい!マネしたい!カバーしたい!
と思うもの。
さて、そんな感動的なパフォーマンスをマネしたい、
カバーしたい、盗みたいと思う時、最も大切なこと。

 

それは、自分が、何に感動したか。
何をカッコいいと思ったか。
そして、それはなぜなのか。

そのポイントをじっくりと味わうように、
噛みしめるように、徹底的に掘り下げることです。

 

何ともいえない空気感が漂う、息混じりの声なのか、

消え入りそうな、繊細な歌い回しか、

押し殺したような表現から、やがてビルドアップされていく、
力強い表現なのか。

はたまた、楽器と共にぐいぐい来るドライブ感や、

的確にビートを刻む歌詞の表現、

ジェットコースターのようにアップダウンしながら、
オーディエンスを巻き込んでいく圧巻のパフォーマンスか、

それとも、分厚い楽器の中でスコーンと抜けてくる、
小気味よい声の伸び、

高音から低音、地声とファルセット、
自由自在に行き来する楽器のような声か、

はたまた、ディトーションを踏み込んだような、
しゃがれた中にも、ぱきんと的を射貫くような声なのか。

 

そうして、自分の中に、
「感動」の種とその理由をたくさんストックするからこそ、

 

自分自身が送り手になったとき、
今度はその「感動」をオーディエンスに与える事ができるようになるのです。

 

中途半端な「なんちゃってコピー」や、

自分なりに歌い込みました、という、
感動のエッセンスがキレイさっぱり削り取られた
「無味無臭カバー」、

まして、どうしてこう聞こえた?的、
「残念なミスコピー」では、
感動のストックにはなりません。

 

いつだって磨くのは感性から。
テクニックは、感性に引き上げられるのです。

50360028 - waist up portrait of crazy rock guitarist biting the electric guitar with efforts. he is standing and looking at camera with aggression. isolated

 

 

 

 - 「イマイチ」脱却!練習法&学習法, 完コピ

Comment

  1. しろくま より:

    はじめましてこんばんは
    空想科学世界ガリバーボーイのED逢いたいからが無性に聴きたくなりこちらのサイトにたどり着きました。今あの8cmCDがアマゾン、ヤフオクなどで6千円前後で取引されており手をだすことができません。。。それで質問なのですが、misumiさんのアルバムCDなどはないのでしょうか?探してもみつかりませんので
    メッセージを送ってみました。

    よろしくお願いします

  2. otsukimisumi より:

    >しろくまさん

    メッセージありがとうございます。
    ガリバーボーイ!懐かしいです。
    サントラなど多数参加していますが、私個人の作品集としてまとまって販売しているものは、まだありません。
    これまでアーティスト活動はバンドメインでしたので、作品はバンド名義のものばかりです。
    現在は在籍していませんが、「URUGOME」というバンドのCDでしたら、まだ手に入るのではないでしょうか。
    https://www.amazon.co.jp/URUGOME/e/B002E4IUPC/ref=dp_byline_cont_music_1

    最近では、ギター☆マンというプロジェクトに参加していて、ライブCDも出ています。
    11月には新しいCDも発売予定なので、ご興味があったらぜひチェックしてください。
    http://gm.fanmo.jp

    よろしくお願いいたします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

「情報」との関係性を見極める

学校で音楽や歌を学ぶ一番のメリットは、プロフェッショナルの先生方に、 そのノウハ …

批評家目線を捨てる

「Aさんって、うまいんですか?」 生徒の口からは、いわゆる本格派といわれる歌手で …

人前に立つ前の「MUST DO!」〜ビジュアル・チェック編〜

昨日のブログ、人前に立つ前の「MUST DO!」〜ムービー/チェック編〜の続編で …

高揚感を抱えて眠れ〜LIVEの夜の過ごし方〜

演奏者がLIVE終了後にどんな気分でステージを降りるかは、 ミュージシャンの性格 …

「ボイストレーナーなんかいらない人」になるための3つのポイント

昨日、『MTL ヴォイス&ヴォーカル オープンレッスン12』初日、 Unit1と …

「左脳で感じる」練習法

「おとなは左脳で感じる」。 私の持論です。 ある程度成長すると、 こどものように …

苦手な「リズム感」や「タイム感」を徹底的に磨く3つのポイント

「リズムが悪い」「タイム感が悪い」と自覚している人や、 「自覚はないけど、人にそ …

「じゃ、”ハモる”って、どうするの?」コーラス上達法②

さて、昨日の投稿『きみ、ホントに、よくプロになれたよねぇ。』②でも、 紹介したと …

オリジナリティは模倣から生まれる

オリジナリティって、どんなことをいうのだろう・・・? そんなことを考えています。 …

耳で聞くのではない。脳で聞くのだよ、明智くん。

少し前、まずオケを聴け!歌うのはそれからだ!という記事で 歌のピッチやリズムが悪 …