大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「ライブ前にやらなくちゃいけないこと」なんて、なんにもない!?

   

「ライブ前に、絶対しなくちゃいけないことってありますか?」

 

そんな質問を受けると、まず一番に言うことは、
「自分の中のハテナ?を消すこと」。

 

これまでも繰り返し語ってきたように、

ひとつでも「?」があれば、
その「?」分だけ、自信が揺らぎます。

自信が揺らげば、集中力がとぎれ、
心の隙間が生まれます。

 

そんな心の隙間に、

雑念が入り込んで、

いきなり、覚えていたはずの歌詞がすっ飛んだり、

あり得ないくらい緊張したり、

声がひっくり返ったり、

 

もっと悪い時には、ケガをしたり、

パフォーマンス中だというのに、
気持ちが落ち込んだり、してしまうのです。

 

「じゃあ、プロの人って、みんな完璧に準備しているんですか?」

 

いやいやいやいや。

それは、もう、人によりけり。現場に寄りけり。

 

何十本もツアーを組むようなメジャー系のコンサートならともかく、

ライブハウスで行われるセッションなどでは、
当日、初顔合わせ、
当日、曲を初めて聞いて、初見でリハーサル。。。

なんてことも当たり前のようにあります。

ジャズの世界などでは、
リハーサルをしてしまうと、
演奏がつまらなくなるからと、一切リハなし、
みたいな現場もあるようです。

 

ヴォーカリストだって、
譜面台を立てるのが当たり前という人も、
プロンプターを立てる人も、

リハも本番も着た切り雀、
化粧や髪型さえ気にしない、なんて人もいます。

リハが終わると(いや、リハの最中から)、
「とりあえず」と飲み始める人もいれば、

本番前にお腹いっぱいごはんを食べる、なんてツワモノもいる。

 

そんな人たちは、
ストイックに準備をする、私のようなヴォーカリストに、

「真面目だね〜」
「エライね〜」などと言う声をかけたりするものです。

 

どっちが正しいか、はありません。

それぞれに、それぞれの理由があります。

 

「お酒を飲むとリラックスして、いい演奏できるんだ」も、

「お腹いっぱいの方が横隔膜がうまく動くんだ」も、

「かしこまってめかし込んだんじゃ、素の自分が出せないんだ」も、

 

全部、長年の経験の結果、その人なりに導き出した結果でしょう。

人がとやかく言うことではありません。

 

私の正解は「?」を限りなくゼロに近づけること。

それをずっと実践してきているし、
そのおかげで、毎回、パフォーマンスが少しずつでも向上していると今でも信じています。

だから、自分の弟子や生徒たちには、そのように指導する。

それだけです。

 

自分の正解は自分で決める。
他人にとっての正解をとやかく言わない。

これに尽きます。

 

あなたの正解はなんですか?

11586773 - vocalist girl is singing. electro guitar player in out of focus

【Day-to-day】
明後日、10月6日(金)京都Ragに出演します。
明日は前乗りして訪れたかった場所に行く予定・・・なのだけど。。
お天気やいかに!?
https://www.ragnet.co.jp/livespot/14652

161006

 

 - The プロフェッショナル

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

「歌の表現力」ってなんだ?

表現力と言うことばを聞いたことがあるでしょうか?   「彼はテクニック …

「観客総立ち」を演出するプロの仕掛け

先日、キャロル・キングのケネディー・センター名誉賞をたたえて、 アレサ・フランク …

「リハーサルって何回くらいやるんですか?」

ライブに来てくれる学生たちによく聞かれる質問のひとつに、 「リハーサルって何回く …

どんなに「ふり」をしても、オーディエンスは一瞬で見破るのです。

「わからないことを、わかっているかのように、 できないことを、できるかのように語 …

慣れない。飽きない。手懐ける。

先日、母と出かけた、とあるテーマパークでは、 野外で、一日中フリーコンサートを聞 …

衣装にこだわる?「こだわらない」ことにこだわる?

衣装の選び方は、ひとそれぞれ。   「とにかく楽なこと」と、オシャレ度 …

タフであること。 楽天的であること。 そして適度に鈍感であること。

少し前のこと。 とあるアーティストの子が、こんなことを言っていました。 「悪口を …

バッファーをとる

ビジネス用語として最近よく使われる、「バッファー」ということば。 「緩衝」つまり …

You can never have too many guitars?

“You can never have too many guita …

「プロじゃない」から、すごいんだ。

最近、セミナーや講演を通じて、 全国の音楽愛好家の方たちと接する機会が多くなって …