大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「時間を忘れて夢中になる人」だけが、プロフェッショナルとなる

   

「ボクね、コーヒー飲もうと思って口に入れるでしょ。
で、そのまま機材の調整はじめて、1時間くらいして、トイレに立つわけです。
ふと、自分の口の中になんかあることに気づいて、
洗面所にぺーっと出すと、それが1時間前に口に含んだコーヒーだって気づくんですよ」
 

プロフェッショナルといわれる人は、まぁ、夢中になる。
ときに、病的に夢中になる。
 

冒頭は、昨日、とある作曲家&アレンジャーの方が言っていたことばで、
わぁ、ここにも変態がひとり、と思ったのでした。

我が家にも1名、病気系の人がいまして、
たとえば、アレンジでも、作曲でも、TDでも、最近はマスタリングでも、
まぁ、それはそれは、何十時間、何日、何週間も、こだわり倒しています。

同じ曲を再生すること、数百回。
かんべんして〜。。。となりそうになります。

 

こだわるポイントは、人それぞれ全然違うもの。
端から見ていると、「もうええやんっ!」と言いたくなるのですが、

本人にとっては、そのこだわりが、ある程度腑に落ちないと、
「ちゃんと仕事した気がしない」
「フラストレーションがたまる」
ということなのでしょう。
 

かくいう私も、まぁ、人から言わせれば「ど変態」。

声のことを調べだしたら、もう何時間、いや、何日でも本やPCに向かっていますし、
文章を書き始めれば、何千字、何万字でも、ノンストップで書きます。

歌のコピーに至っては、一度始めたら、呼吸や音色まで完璧にモノにするまで、
何時間でも夢中になってしまいます。

以前など、
「社長に、この曲を完コピしてこいって言われました。」
と生徒が持ってきた曲のコピーに夢中になるあまり、
レッスン中だということを完璧に忘れてしまって、
はっと我に返って、赤面したことさえありました。

 

 

歌でも楽器でも作曲でも、どんどん上達する子は、
時間を忘れて練習や制作に夢中になります。

生活と練習との線引きがない。
「一日何時間くらい練習するの?」と聞いても、
「さぁ・・・空いている時間はずっと練習しているんで」という答えが返ってくる。

 

ドラムのような楽器だって、練習しようと思えば、
工夫次第で、いつでもできるはずなんです。

 

先日も、とある育成期間中のアーティストと話していたら、
「今、事務所の仕事で旅が多くて、練習する時間が全然なくて」と言う。
 
師匠にあたる方について歩いているから、移動続きで、気も使いっぱなし。
一日中人に会っています。
 
「じゃ、声出せないね」というと、
「はい。せいぜい空き時間にカラオケに1〜2時間行くくらいしかできないんです」

 

彼は、東京にいれば、暇さえあれば練習している子です。

カラオケ1〜2時間と言えば、大学生なら、立派に
「毎日、ちゃんと練習してますっ!」と胸を張っていう時間。

こういう、日々の意識の違いが、やがて大きな違いとなるのです。

 

 

 

少し前、学生にこんな質問を受けました。

「先生、歌って、一日、何時間くらい練習したらいいんですか?」

 

「そんな疑問が湧く時点で、キミは向いてない。」

・・・と答えたかどうか、忘れましたが、ま、そういうことです。

 

17260545 - sad girl near the piano

 - The プロフェッショナル

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

「一点集中力」vs.「俯瞰集中力」

ミュージシャン、アクターに限らず、 スポーツマン、タレントから、講演家まで、 人 …

つぎはぎ、修正、補正だらけの歌に、「パッション」は宿らない!

「1回しか歌わないわよ」   レコーディングのとき、そう言って、本当に …

タフであること。 楽天的であること。 そして適度に鈍感であること。

少し前のこと。 とあるアーティストの子が、こんなことを言っていました。 「悪口を …

「見せ方」にこだわる

Honda ZのCMのお仕事で、ZZ topのボーカルレコーディングに立ち会うた …

「髪の毛一本」にこだわる。

「ヴォーカル(の音量)、”髪の毛一本”上げてください。」 …

「落としどころ」か?「限界突破」か?

完璧主義というほどではないですが、私はなにかと採点が辛いようで、 生徒やクライア …

「圧倒的な安心感」をくれるプレイヤーの条件

魅力的なプレイヤーたちとのパフォーマンスはドキドキ感の連続です。 心地よい音色と …

「違和感」をスルーしない

「違和感」は、ふわっと舞い降りる感覚です。   レコーディング中プレイ …

失敗も含めて「ライブ」なんだ。

どんなに、どんなにがんばって準備をしても、 ライブやコンサートには、失敗やアクシ …

no image
ハスキーボイスには2通りある

ハスキーボイスといわれるシンガーは、その発声の特徴によって、 実は2通りに分かれ …