大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

ワードを変えれば、自分が変わる

   

有名な心理学の実験で、
「スタンフォード監獄実験」というのがあります。

ごく普通の人間に、無作為に、看守や囚人の役割を与えると、
やがて、看守役の人間は、囚人を虐待するようになり、
囚人はどんどん卑屈になり、精神さえも病み・・・という、恐ろしい結果に。

当初2週間の予定で開始された、この悪名高き実験は、
結局、たった6日間で中止されたそうです。

元の性格に関係なく、
人は、役割にふさわしい態度を取るようになる、
ということを語るときに、
よく引き合いに出されるお話です。

 

さて、

私たちも、日常生活の中で、
さまざまな役割を持っています。
娘、母、婿、夫、兄弟、姉妹、職業、役職、などなどなど・・・

 
人間関係の中で自然に割り当てられる役割はもちろんですが、

それ以外にも、
私たちは、無意識に自分の役割を生きています。

自分で自分に、無意識に与えた、そうした役割は、
無意識の言葉になって表れます。

 

「私は馬鹿だから」

「どうせ、生まれつき不細工だし」

「太るたちだから」

「オレなんかモテないさ」

「昔から怠惰なんですよ。努力は苦手で。」

・・などというネガティブなことばも、

 

「まぁ、モテますね。ボクは。」

「おかげさまで、私、ツイテいますから」

「周囲に期待されているんです」

「仕事ができるもので」

「前途洋々と思っています」

などなどのポジティブなことばも、

 

すべて、自分が生きている役割を表現していることば。

 

冒頭の実験の話を考えれば、

つかうワードを変えるだけでも、
今、自分が無意識で演じている役割を変更することはできるはずです。

 

 

仕事ができる上昇志向の自分の役割を生きるのか、
怠惰でうだつの上がらない役割を生きるのか、

クールでスマートな美人の役割を生きるのか、
お馬鹿でのろまで不細工な人生を生きるのか、

 

どうせ何かしらの役割を生きるなら、
自分自身の役割を意図的に決めて、
その役割にふさわしく生きる。

ふさわしいワードを口にする。

 

自分の人生を自分でコントロールするための第1歩です。

11589136 - dark prison cell at night

 

 - Life

Comment

  1. Gabrielle より:

    面白いですね、でも社会に期待されるポジティブで強い役割をきめてそれが本当の自分とかけ離れていたらどうでしょう、仮の自分を作って生きるのでしょうか?私にはその答えはわからないですね。

  2. otsukimisumi より:

    >Gabrielleさん

    「なりたい自分」に自分自身を沿わせるように生きる。そのためにワードを変えるというイメージです。
    仮の自分をつくるのは、きっととても辛いと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

あぁ、時は不思議に巡るのです。

「MISUMIちゃん、日本にもいい音楽いっぱいあるよ。 たまには、日本の音楽聴い …

自分自身のマスターは、 どんなときだって、自分なんだ。

3月は「終わりの季節」。 学生時代に別れを告げ、 社会に出て行くことに不安を感じ …

変化することは人間らしさ、自分らしさの一部

すべては、時と共に変化します。 変化しないものは、死んでいるもの。 後は腐敗する …

「いつはじめるか」じゃない、 「いつまで続けるか」が重要なのだ。

「やっぱりピアノは幼稚園くらいからはじめないと、モノにならないわよ。」 &nbs …

夢中になれる音楽は「一生の宝」

少し前のこと、バンド仲間で、キーボーディストの友人に、 「若い頃、影響を受けた音 …

「どう記録するか」より、「どう記憶するか」

スマホの時代になって間もなくのこと。 こちらが、それはもう夢中で、 なかなかいい …

人生のベストタイミングは「やりたい」「やらなくちゃ」と、ひらめいた時

“Never too late”は私の信条のひとつでもあ …

出会いの数だけ別れがある

音楽はたくさんの出会いをくれます。 音楽はひとりではできないから。 一緒に演奏す …

「たった5分」に情熱を傾けるのは不毛ですか?

高校時代のお話です。 文化祭前に来る日も来る日も練習に明け暮れる私に、 同級生の …

基本の「き」

なんか、フェイクがばしっと決まらない。 どうも、歌詞がカミカミになる。 いやはや …