大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

まず、やれ。文句を言うのはそれからだ。

      2016/11/01

「あの程度のコード進行の曲なら、その気になれば何曲でも書けるぜ。」

「こいつ、こんなんで有名になってるけど、全くおんなじこと、
オレだって考えてたよ。」

「この子、たいしたことないのに、自分を売り込むのがうまいのね〜」

 

人は、自分の手の届く範囲、もしくは格下と思える人が、
飛び抜けて成功することをおもしろくないと感じます。

「ツイてやがるな、あいつ。」
「人に取り入るのが上手なのよね。」

 

 

非凡な人なら、成功するのも納得できるけれど、
なんで自分じゃなくて、あいつ?

 

まぁ、そうした場合、客観的にみて、冷静に理由をあげれば、
100くらい楽勝で出てくるのが常ですが・・・

 

今日の答えはシンプルです。
 

その気になれば何曲でも書ける曲を、「書かなかった」。

実行すれば有名になることを考えついていたのに、「やらなかった」。

そして、認められたければ、最も大切なのは、
人に知ってもらうことなのに、「売り込まなかった」。

 

「やるのは簡単だ。」というかもしれません。

本当にそうでしょうか?

 

頭の中で思い描くのと、実際に行動に落とし込むのとでは、
雲泥の差があります。

誰にも頼まれていない、期待されてもいないことを、
ただ一人、スタートし、継続し、
さまざまな困難に打ち勝って、形にして行くことは、
想像を絶するほどのエネルギーを必要とします。

 

周囲に馬鹿にされたり、
揶揄されたり、
裏切られることも多々あります。

あきれられたり、
軽蔑されたり、
疎んじられたり。。。

その度に、傷つき、自信を失い、挫折しそうになりながらも、

それでも、ただ、やる。

やり続ける。

 

成功できるのは、そんな、ほんの一握りの、「行動し続ける人」だけなのです。

 

まず、やれ。文句を言うのはそれからだ。

4828204 - young woman making rude gesture on a bad date

 

 - Life, イケてないシリーズ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

「99人が同じ方向に行っても、お前は自分の頭で動け。」

『小学校の時、クラス全員でいたずらをして、大問題になったことがある。父に「なぜや …

「コピー」を卒業したいなら、徹底的に「コピー」する

楽曲のパフォーマンスには、 「オリジナル」と「カバー」と「コピー」の3種類があり …

忙しいときほど立ち止まる〜複数の仕事をきっちりこなすためのヒント〜

よほど恵まれた状況にいるミュージシャンでない限り、 いや、恵まれた状況にいるミュ …

「は?マスクって、なに?」

数年前にロンドンにひとり旅をしたときのこと。   そもそも旅の準備は周 …

音楽だけじゃ不安だから、やっぱ就職しちゃおっかなぁ〜?

「音楽を仕事にしたいけど、食べて行かれるのかどうか不安。」 「将来のことを考えれ …

「なんとなく」や「しかたなく」でキーを決めない。

作曲、作詞、アレンジ、レコーディング・・・ 作品づくりにはさまざまな過程がありま …

「学び」とは、夢を叶えるためにあるのだ。

「先生はさぁ、こどもの頃、何になりたかった? パイロット〜?それとも、プロ野球選 …

無限大に見える作業量を前に、ひるんだら負けだ!

洋楽のカバーを歌う、英語の苦手な学生たちに、 英語の発音指導をすることがあります …

「道場破り」「ゲリラ戦」「修行」・・・?

アマチュア時代、ちょっとでも自分の顔を売りたくて、 いろんな人のセッションやライ …

「想像力」と「思いやり」がコミュニケーションの鍵!

ここ2~3日、ものすご〜くいろいろな社会の、 いろんなタイプの人たちと、いろんな …