大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

まず、やれ。文句を言うのはそれからだ。

      2016/11/01

「あの程度のコード進行の曲なら、その気になれば何曲でも書けるぜ。」

「こいつ、こんなんで有名になってるけど、全くおんなじこと、
オレだって考えてたよ。」

「この子、たいしたことないのに、自分を売り込むのがうまいのね〜」

 

人は、自分の手の届く範囲、もしくは格下と思える人が、
飛び抜けて成功することをおもしろくないと感じます。

「ツイてやがるな、あいつ。」
「人に取り入るのが上手なのよね。」

 

 

非凡な人なら、成功するのも納得できるけれど、
なんで自分じゃなくて、あいつ?

 

まぁ、そうした場合、客観的にみて、冷静に理由をあげれば、
100くらい楽勝で出てくるのが常ですが・・・

 

今日の答えはシンプルです。
 

その気になれば何曲でも書ける曲を、「書かなかった」。

実行すれば有名になることを考えついていたのに、「やらなかった」。

そして、認められたければ、最も大切なのは、
人に知ってもらうことなのに、「売り込まなかった」。

 

「やるのは簡単だ。」というかもしれません。

本当にそうでしょうか?

 

頭の中で思い描くのと、実際に行動に落とし込むのとでは、
雲泥の差があります。

誰にも頼まれていない、期待されてもいないことを、
ただ一人、スタートし、継続し、
さまざまな困難に打ち勝って、形にして行くことは、
想像を絶するほどのエネルギーを必要とします。

 

周囲に馬鹿にされたり、
揶揄されたり、
裏切られることも多々あります。

あきれられたり、
軽蔑されたり、
疎んじられたり。。。

その度に、傷つき、自信を失い、挫折しそうになりながらも、

それでも、ただ、やる。

やり続ける。

 

成功できるのは、そんな、ほんの一握りの、「行動し続ける人」だけなのです。

 

まず、やれ。文句を言うのはそれからだ。

4828204 - young woman making rude gesture on a bad date

 

 - Life, イケてないシリーズ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

迷ったら「続ける」、迷ったら「始める」

「今の仕事を続けていても、なんにもならないんじゃないか?」 「この人間関係を続け …

自分の「イケてるところ」に視線を集める。

「しっかし、綺麗な顔してるわよね〜。 マジでどっこもいじってないの?」 「だから …

逃した「チャンス」は本物の「チャンス」なんかじゃない。

「チャンスが来たのに、生かせなかった」と感じたことはありますか?   …

自分自身のマスターは、 どんなときだって、自分なんだ。

3月は「終わりの季節」。 学生時代に別れを告げ、 社会に出て行くことに不安を感じ …

キャリアの節目をポジティブに旅する

「節目」というものをポジティブに捕らえるか、ネガティブに捕らえるかで、 人生のク …

ノドをウィルスから守るためできる10のこと

東京の冬場の平均湿度は40~50% 。 そこまで低い数字と感じないかもしれません …

年齢の制限なんか、単なる幻だ。

中学のときのこと。 当時、クラスで常に成績の1〜3位の上位を争っていた、仲のよい …

「明日っからがんばろう」の「明日」は一生来ない。

「明日っからダイエットしよう」 「明日っから練習がんばろう」 「明日っから早起き …

そのボイトレで本当にいいんですか?

かつて某大手プロダクションの新人育成を任された時のことです。 レッスンにやってき …

「やった感」はいつだって、ちょっと痛い。

みなさん、明けましておめでとうございます! 2017年がはじまりました。 みなさ …