大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

こんなに欠点はあるけど、自分はそれほど無能なわけじゃない。

      2016/11/17

「MISUMIさん、また探しものですかぁ・・・?」

 

手袋
ペンケース
大学の研究室の鍵
お財布
パスケース
ボールペン
携帯電話
家の鍵

ここ2〜3年のなくし物、忘れ物をざっと思い出しただけでも、
これだけあります。

 

では、私がだらしがないかとか、物の整理が悪いかといえば、
そんなこともなく、

好きなもの、大切に思っているものしか持ち歩かない主義でもあり、

服でもバッグでも靴でもアクセサリーでも、
なんでも大事に長年愛用する、
もの持ちのいい人・・・のはずなんですが。

それでも、なぜか、私は物をなくします。

 

若い頃から,傘を買えば、
必ずその週のうちに行方不明になり、

お気に入りの手袋を買えば、
1ヶ月以内、長くても3ヶ月以内に、
必ず片方が消息不明になり、

ならば、もっと高級なものを買えば、
なくさないのではと張り込んでも、結果は同じ。

以来、傘と手袋は、
なくしても悲しくない値段の物を買うようになりました。
 

迷惑なのはまわりの人たちです。

何かをなくすたびに、毎回大騒ぎになり、
見つかるまで、落ち込み続け、さわぎ続ける私を、
「あ〜あ、しょうがないね〜」とにやにや見守ってくれる人たちには、
感謝しかありません。

 

さて。

 

人はおとなになると、次第に他人に対して不寛容になります。

出会った人、関わった人たちの、
性格や行動が、どうも気に入らない、納得できない、
それで、その人のことをなんとなく煙たく思ってしまうようなことは、
誰でもあるものです。

そんなときこそ、
普段は、「私のこういうところが可愛い」と思うようにしている自分の欠点を、
再度見直すべきとき。

 

こんな自分をまわりのひとは受け入れてくれている。許してくれている。

そして、こんなに欠点はあるけど、
どうしてこうして、自分自身はそれほど悪いやつでも、無能なやつでもない。

だから、おそらく、この人も、
それほど悪いやつでも、無能なやつでもなくって、

だから自分はこの人のこんなところを受け入れて、
許さなくっちゃいけないんだな・・・、

誰にでも、苦手なこと、できないことのひとつやふたつはあるよね。。。と。

きっと神様は、人間という物の不完全性を思い知らせるために、
どんな人にも、わかりやすい欠点をつくったのね。

いつもそんな風に、
さまざまな人の欠点を、
ダメダメな自分の欠点を、愛おしく思えたら、
心は、もっともっと平和でいられるのかもしれません。

23544844 - someone forgot cell phone on a bench in the park

 

 

 - Life

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

あぁ、時は不思議に巡るのです。

「MISUMIちゃん、日本にもいい音楽いっぱいあるよ。 たまには、日本の音楽聴い …

「がんばれる」仕組みをつくる

世の中にはがんばれる人と、そうでない人がいます。 がんばれる人からすると、がんば …

「信じる勇気」を持てますか?

さまざまな現場で、さまざまな人と出会い、 教えてもらったことは本当にたくさんあり …

「振り返ればいつも若造」reprise

「振り返ればいつも若造」。 何年か前から使っている、お気に入りの言い回しです。 …

わかってないのは、そいつの方じゃないのか?

「自分のこと、めっちゃ美人だと勘違いしてる、ぶっさいくな女っているよね? &nb …

旅に出よう!〜自分自身を見つめ直すチャンス〜

海外に出かけると、日本人が日本人と目を合わせないようにしていることに気づいて、 …

迷ったら「続ける」、迷ったら「始める」

「今の仕事を続けていても、なんにもならないんじゃないか?」 「この人間関係を続け …

感性は「お茶の間」で目覚める

「MISUMI、よく聞いとけよ。歌ってのはこうやって歌うもんだ。 テレビで流れて …

「失敗しても、それでいいんだ」

「失敗しても、それでいいんだよ」   ここぞと言うときに、人は、さまざ …

50分の2の法則

「世の中の“おもしろいヤツ”、“デキるヤツ”の存在確率は50分の2である。」 高 …