大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

人生で大事なことは、みんなバンドから教わった

   

バンドって、うまく行ってるときは、
「これほど素敵なものはない!」と思えるくらい、
最高の仲間と過ごす最高の時間をくれます。

 

みんなで夢を見て、
みんなで飲んだくれて、

なんで今まで巡り会えなかったんだろう、
こんな仲間といられて、なんて幸せなんだろうと、
心の底から信じられて、

一緒に笑って、一緒に泣いて、
時間を忘れて語り合って、

一緒にちやほやされて、
一緒にいい気になって、
一緒に落ち込んで、

カッコいいと思えることも、馬鹿なことも、
いっぱいやって・・・

 

本当に、音楽をやっていて、
バンドをやっていて、よかったと思わせてくれる、
特別な、特別な、ものです。

 

しかし、最高があれば、最低もある。

大好きだったメンバーに、いきなり裏切られたり、
なんの予告もなく、突然フェードアウトされたり。

急に興味を失って離れていく人もいます。

残念ながら、先立たれてしまうこともあります。

 

「みんな」でなかよくしていたはずだったのに、
知らないうちに、メンバー同士が秘密でつきあっていたり、

つきあっていたメンバー同士が、
修羅場を演じるような、酷い別れ方をしてみたり、

1人の彼氏や彼女を取り合ってみたり、

自分のおかげで、バンドがうまく行っているんだと、
思いきり偉そうに勘違いをはじめるやつがいたり・・・

 

なかよく、楽しくやれていたのに、
時間と共に、みんなが違う方向を向き始めて、
お互いが思ったように動かなくていらだってみたり。。。

他のおいしい仕事に誘われて脱退するやつがいたり、
売れているバンドに引き抜かれてしまうやつがいたり・・・。

そうかと思うと、いきなり、自分だけがバンドをクビにされたり。。。

 

 

よい時期があるほど、
仲のよかった時期が輝いているほど、

うまく行かなくなったときの寂しさや、
悲しさ、
面倒くささ、

ウンザリする気持ちや、
お互いを恨みがましく思ったり、
時に嫌悪したりするような気持ちも、ひとしおです。

 

しかし、どんなに苦しくても、
最後は嫌な思いをしても、
やっぱり、バンドは素晴らしい。

たくさんのことを教えてくれる人生の先生です。

 

 

傷つくことを恐れていたら、最高の瞬間を味わうこともできません。

 

人と関わることは、時に苦しいけど、
だからこそ、喜びもたくさんあるのです。

 

いやぁ〜、バンドって、本当にいいものですね。

10747402 - rock band standing in front of graffiti

 - Life, バンド!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

かっこ悪いけど・・・「ギックリ腰」

さて、連日、いい感じでカッコよくLondonの街を闊歩している(かのように見せか …

「前提はなにか?」を見極める

どんなことにも、原因があります。 大事なのは、「前提はなにか?」を見極めることで …

「今に見ていろこのヤロー」

フリーターで、アマチュアで、 仕事もお金も彼氏もなくて、 地を這うどころか、 地 …

「思いきりOFF」で、効率をあげる。

「休みの日には思いきり休みなさい」と、みんなに言っています。 たまりにたまった雑 …

「打たれ強い人」になる唯一の方法

世の中には先天的に打たれ強い人というのがいるものです。   ガラスのハ …

「道場破り」「ゲリラ戦」「修行」・・・?

アマチュア時代、ちょっとでも自分の顔を売りたくて、 いろんな人のセッションやライ …

『想い』が数字をつくるのだ。

「みなさんはどんな規模のビジネスを立ち上げたいんですか? ビジネスモデルをちゃん …

ボーカリストが20代のうちにやっておきたい10のこと

10代、20代のアーティストたち、学生たちを見ていると、 彼らの脳や肉体の柔軟性 …

旅立つ若者たちに、伝えておきたい3つのこと

大学の卒業ライブが終了し、 いよいよ卒業生たちを送り出すときがきました。 &nb …

「悔しい」「うらやましい」「憎たらしい」がパワーの源

自分が叶えたくて仕方のない夢を、 身近にいた人があっという間に実現してしまったと …