大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

人生で大事なことは、みんなバンドから教わった

   

バンドって、うまく行ってるときは、
「これほど素敵なものはない!」と思えるくらい、
最高の仲間と過ごす最高の時間をくれます。

 

みんなで夢を見て、
みんなで飲んだくれて、

なんで今まで巡り会えなかったんだろう、
こんな仲間といられて、なんて幸せなんだろうと、
心の底から信じられて、

一緒に笑って、一緒に泣いて、
時間を忘れて語り合って、

一緒にちやほやされて、
一緒にいい気になって、
一緒に落ち込んで、

カッコいいと思えることも、馬鹿なことも、
いっぱいやって・・・

 

本当に、音楽をやっていて、
バンドをやっていて、よかったと思わせてくれる、
特別な、特別な、ものです。

 

しかし、最高があれば、最低もある。

大好きだったメンバーに、いきなり裏切られたり、
なんの予告もなく、突然フェードアウトされたり。

急に興味を失って離れていく人もいます。

残念ながら、先立たれてしまうこともあります。

 

「みんな」でなかよくしていたはずだったのに、
知らないうちに、メンバー同士が秘密でつきあっていたり、

つきあっていたメンバー同士が、
修羅場を演じるような、酷い別れ方をしてみたり、

1人の彼氏や彼女を取り合ってみたり、

自分のおかげで、バンドがうまく行っているんだと、
思いきり偉そうに勘違いをはじめるやつがいたり・・・

 

なかよく、楽しくやれていたのに、
時間と共に、みんなが違う方向を向き始めて、
お互いが思ったように動かなくていらだってみたり。。。

他のおいしい仕事に誘われて脱退するやつがいたり、
売れているバンドに引き抜かれてしまうやつがいたり・・・。

そうかと思うと、いきなり、自分だけがバンドをクビにされたり。。。

 

 

よい時期があるほど、
仲のよかった時期が輝いているほど、

うまく行かなくなったときの寂しさや、
悲しさ、
面倒くささ、

ウンザリする気持ちや、
お互いを恨みがましく思ったり、
時に嫌悪したりするような気持ちも、ひとしおです。

 

しかし、どんなに苦しくても、
最後は嫌な思いをしても、
やっぱり、バンドは素晴らしい。

たくさんのことを教えてくれる人生の先生です。

 

 

傷つくことを恐れていたら、最高の瞬間を味わうこともできません。

 

人と関わることは、時に苦しいけど、
だからこそ、喜びもたくさんあるのです。

 

いやぁ〜、バンドって、本当にいいものですね。

10747402 - rock band standing in front of graffiti

 - Life, バンド!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

自分自身のマスターは、 どんなときだって、自分なんだ。

3月は「終わりの季節」。 学生時代に別れを告げ、 社会に出て行くことに不安を感じ …

「自分じゃなくなりたい」?

「自分が、○○だったらよかったな。。。」   こんな風に思ったことのあ …

前途洋々な若者に思わずアドバイスしてしまう5つのこと

時間は年齢とともに加速する。   噂には聞いていたけど、 そして、20 …

Pay it forward〜恩送り〜

今まで生きて来て、お世話になったなぁと思える人は、 何人ぐらいいるでしょう? そ …

鈍才は総合力で勝負なのだ

【生まれてこの方、真面目に練習なんかしたことがない」という天才がいます。 こども …

「私はドジでのろまなカメです」

「私はドジでのろまなカメです」   これは、『スチュワーデス物語』とい …

「雰囲気」とは身にまとうもの

「わかってないなぁ。 ああいうスキャンダラスな雰囲気、お前、出せるわけ?」 &n …

1行のことば

1行。 たった1行のことばが、 人にパワーを与え、 この世で最も幸福な人にする。 …

「振り返ればいつも若造」reprise

「振り返ればいつも若造」。 何年か前から使っている、お気に入りの言い回しです。 …

自分の「スタイル」を持つ

昔のミュージシャンは、ひとつのバンド、1枚のレコードを、 それはそれはこだわり抜 …