大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

毎日が勝負パンツ!?

   

「勝負パンツ」というインパクトのあることばがあります。

もちろん、言わず知れた、
今宵が勝負!と思ったときに、気合いを入れて身につける下着のこと。

 

 

初めてこのことばを聞いたとき、
当時、やや奥手だった、若かりし私が思わず疑問に感じたのは、

「一体、いつ、いかなるときに、人は「勝負!」とわかるのだろう・・・?」

ということでした。

 

映画化もされた『ブリジット・ジョーンズの日記』の中で、
ブリジットがはじめてのデートに出かける夜、
片手にガードル型の補正下着、片手にセクシー下着を持って、
どちらの下着を身につけていくべきか、迷うシーンがあります。

「もしもの時には、セクシーな下着をつけていたいけど、
スタイルが悪く見えたら、もしもの事態は起こらない・・・」

 

いやいやいや。
それ、だめでしょ〜?

 

数年前、デビューして有名になりたいと言って、
レッスンに励んでいる子がいました。

ルックスも歌も踊りもなかなかのもの。

ところが、その子、残念ながら、どうも体重が重め。
彼女の芸風からして、スタイルよく、カッコよくないとダメなのに・・・

「チャンスが来たら痩せなくちゃって思ってます。」
と、大好きなおやつをぱくぱく。

思わず、「どこまで本気なの?」と聞きました。

 

今のままでは絶対にチャンスは訪れない。

痩せた人にチャンスがくるのか、
チャンスが来た人が痩せるのか、

もちろん、どちらもあるでしょうが、

チャンスが来ないと嘆くなら、
いつチャンスが来てもOKな自分をつくるのが先決なのではないか。

そんな風に考えていたからです。

 

本気で何かをつかみたいなら、
「毎日が勝負パンツ」でありたい。
どんなときでも、補整下着のいらないカラダをつくっておきたい。

 

いざというときに、

「あ〜・・・今日は・・・そういう予定じゃなかったんで・・・」

という人には、

なかなか「そういう予定」はやってこない。

 

いつだって、「脱いだらスゴイ」という自信を持てるかどうか。
そんな自信がオーラになって、
まわりを動かすんですね。

 

さて、最近、勝負パンツ、はいてますか?

あ、もちろん。比喩的な意味ですよ(^^)

11219962 - the very muscular handsome sexy guy on grey background, strict

 

 - Life, 夢を叶える

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

誰もが、自由に歌えるカラダを持っている。

もしも、何も考えず、なんの苦痛もなく、 どんな曲でも、素晴らしい声で自由に歌えた …

やっぱ、近道はないのよね

「おとうさんの知り合いにレコード会社の人がいるんだけど、会ってみる?」 「仕事関 …

no image
安心領域から出る

「自分の年収は親しい友達10人の年収の平均だ」という説があります。 親しい人とい …

おとなになるって、素敵なことだぜ

おとなって、なんて純粋に音楽を追いかけるんだろう・・・ 最近そんな風に感じるシー …

なにをハンディとするか、 なにをチャンスと考えるか。

「やっぱなぁ〜。東北人は、生まれながらにハンデ背負ってんだなぁ〜」 カツゼツとビ …

「ケツかっちん」を利用する。

「ライブやりたいなら、とりあえず、小屋から押さえちゃえばいいのよっ!」 &nbs …

「らしくない」を排除すれば、「らしい」が見つかる

情報がどんどん入って来るこの時代に、 自分のアイデンティティ、つまり個性を見出す …

「魅せたい自分」を演出する

スポットライトの中の3時間を支えるのは、 何千時間もの、気の遠くなるような、自分 …

「打たれ強い人」になる唯一の方法

世の中には先天的に打たれ強い人というのがいるものです。   ガラスのハ …

「自慢話」してますか?

謙虚な人が好まれるのは、別に日本だけではありません。   欧米でも、 …