大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「なぜ創るか」、「何を造るか」と同じくらい、「どう魅せるか」にこだわる

   

名曲といわれる歌は、
それを演じていた歌手たちのイメージやパフォーマンスと共に蘇ります。

歌い手の声、その歌い方、
そして、ルックスやパフォーマンスは、
その作品の一部であるわけです。

 

どんなに素晴らしい楽曲でも、

別の歌手が歌っていたら売れなかったかも知れない。

同じ歌手が歌っていても、違う歌のスタイルで歌っていたら、
違うファッションや、パフォーマンスをしていたら、
やはり、同じような評価を得られたかどうかは疑問です。

 

 

たとえば、

マイケル・ジャクソンが、野太い声に、
マッチョなカラダで、
ロックバンドのヴォーカルのようにシャウトしていたら、
マイケルの名曲は、名曲と呼ばれなかったかもしれない。

 

どんな歌手を思い浮かべても、
その声、歌い方、パフォーマンスは唯一無二であり、
練りに練られ、考え抜かれ、世に送り出されて来たわけです。

 

さて。

 

手軽に曲をつくり、手軽に配信できるようになったこの時代。

 

お手軽に誰でも発信できるということは、
見る方もお手軽にぱぱっと流し見できるということです。

 

そんな中、どうやって目立っていくか、
どうしたら、気にとめてもらえるかを考え抜き、

声の音色や歌い方、パフォーマンスの細部、
時に、映像の細部にまで心を配れている人だけが、
見る人の印象に残ります。

ブレイクして行く人は、
何かしら、こだわりを持って発信している人だけです。

 

数を配信することが、がんばっていることだと勘違いしないようにすること。
なんでもかんでも、人の目に触れればいいというものではないし、

YouTubeでも、ニコ動でも、ブログでも、SNSでも、

どんなに手軽に発信できるからといって、
質の低い情報をやたらめったら社会に発信するのは、いかがなものか。

 

クオリティが低いという印象を一度もたれたら、
人は、自分のチャンネルを見てくれなくなります。

 

こだわりすぎて、発信することが恐くならない程度に、
どう演じるか、どう魅せるか、

こだわっていきたい、大切なポイントです。

 

6662453 - pretty goth girl cowering against wall in a corner

 - プロへの突破口, 夢を叶える

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

「もっとうまくなってから」と言う『完璧主義のぐず』

バンド、どうして組まないの? 「もうちょっと、うまくなってからメンバー探そうと思 …

「イケてないデモ音源」の作り方?

以前、プロへの突破口『デモ音源の渡し方?』という記事を書きました。 プロになりた …

文化は「オタク」と「変態」、そして「ドM」がつくる

忙しがる人は好きじゃないのですが、 最近、自分もそんな、自分が好きじゃない類の人 …

「今の自分」を信じられないなら、「未来の自分」を信じる

「音楽学校って、夢をあきらめるためにくるところだって、先輩が言ってました」 &n …

「人」は最強かつ、最も恐ろしいメディア

ずいぶん前のことになります。 プロボーカリストが多数出演するセッション・イベント …

「できないこと」は「やらないこと」よりも、ずっとずっとマシ

「いつかやりたい」「いつかやろう」と思い続けていること、いくつありますか? &n …

「与えるチカラ」と「欲しがるチカラ」のパワーバランス

音楽は人に感動やエネルギーを与えるもの。   音楽家であれば、誰もが多 …

「今さらそんなことして、どうするつもりなの?」

思わず口をついてでることばには、 その人が日頃、何を信じているかが反映されます。 …

「やってみたいこと」を「できること」「やったこと」に変える

「やってみたい」と思うことは、いくつくらいありますか?   特定の場所 …

「認められたい」という思いを叶える方法

「音楽ビジネスって、社交クラブみたいなものなのよ。 一度中に入れば、そこから自然 …