大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「なぜ創るか」、「何を造るか」と同じくらい、「どう魅せるか」にこだわる

   

名曲といわれる歌は、
それを演じていた歌手たちのイメージやパフォーマンスと共に蘇ります。

歌い手の声、その歌い方、
そして、ルックスやパフォーマンスは、
その作品の一部であるわけです。

 

どんなに素晴らしい楽曲でも、

別の歌手が歌っていたら売れなかったかも知れない。

同じ歌手が歌っていても、違う歌のスタイルで歌っていたら、
違うファッションや、パフォーマンスをしていたら、
やはり、同じような評価を得られたかどうかは疑問です。

 

 

たとえば、

マイケル・ジャクソンが、野太い声に、
マッチョなカラダで、
ロックバンドのヴォーカルのようにシャウトしていたら、
マイケルの名曲は、名曲と呼ばれなかったかもしれない。

 

どんな歌手を思い浮かべても、
その声、歌い方、パフォーマンスは唯一無二であり、
練りに練られ、考え抜かれ、世に送り出されて来たわけです。

 

さて。

 

手軽に曲をつくり、手軽に配信できるようになったこの時代。

 

お手軽に誰でも発信できるということは、
見る方もお手軽にぱぱっと流し見できるということです。

 

そんな中、どうやって目立っていくか、
どうしたら、気にとめてもらえるかを考え抜き、

声の音色や歌い方、パフォーマンスの細部、
時に、映像の細部にまで心を配れている人だけが、
見る人の印象に残ります。

ブレイクして行く人は、
何かしら、こだわりを持って発信している人だけです。

 

数を配信することが、がんばっていることだと勘違いしないようにすること。
なんでもかんでも、人の目に触れればいいというものではないし、

YouTubeでも、ニコ動でも、ブログでも、SNSでも、

どんなに手軽に発信できるからといって、
質の低い情報をやたらめったら社会に発信するのは、いかがなものか。

 

クオリティが低いという印象を一度もたれたら、
人は、自分のチャンネルを見てくれなくなります。

 

こだわりすぎて、発信することが恐くならない程度に、
どう演じるか、どう魅せるか、

こだわっていきたい、大切なポイントです。

 

6662453 - pretty goth girl cowering against wall in a corner

 - プロへの突破口, 夢を叶える

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

人前に立つ前の「MUST DO!」〜ムービー/チェック編〜

人前に立って、パフォーマンスしたり、話したりする機会を与えられるということは、 …

プロへの突破口『「最初の仕事」をゲットするために』

メジャーデビューのような、大きな話でなくてもいい。 とりあえず、業界で仕事をして …

「やってみたいこと」を「できること」「やったこと」に変える

「やってみたい」と思うことは、いくつくらいありますか?   特定の場所 …

「天才はみな、オタク?」or「オタクはみな、天才?」

誰に頼まれたわけでもなく、 1円になるわけでもない。 他人から見たら、ただのオタ …

「ディレクター」や「プロデューサー」に過度の期待をしない

さて、夏休みもそろそろ後半です。   デモができたら、 オーディション …

「学校なんかいくら通ったって、 人を感動させられる歌なんか歌えるようにならないだろ?」

音楽やりたい、バンドやりたい、と思った瞬間を覚えているでしょうか? お兄ちゃんが …

胸の痛みを抱きしめて進め

やっとの思いでミュージシャンの端くれになって、 少しでも一流といわれる人たちに近 …

「今さらそんなことして、どうするつもりなの?」

思わず口をついてでることばには、 その人が日頃、何を信じているかが反映されます。 …

「バンマス・マニュアル」〜ライブ編〜

メンバーがあつまったら、さっさとライブを決める。 いや、なんなら、メンバーは集ま …

「学び」とは、夢を叶えるためにあるのだ。

「先生はさぁ、こどもの頃、何になりたかった? パイロット〜?それとも、プロ野球選 …