大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「いつはじめるか」じゃない、 「いつまで続けるか」が重要なのだ。

      2017/02/26

「やっぱりピアノは幼稚園くらいからはじめないと、モノにならないわよ。」

 

小学校4年生の時、いきなり音楽に目覚め、

ピアノが欲しくて、ピアノを習いたくて、
親に頼み込んでも、頼み込んでも、

まぁ、どうせ飽きると思ったからか、
受験勉強をがんばらせたかったか、
それとも、単に、経済的な問題か、

なんだかんだと理由をつけては、
はぐらかされて、
やっとこさっとこ買ってもらったのが中学1年の夏休み。

 

本人は、「ピアノさえ手に入れたら、ピアニストになれる!」
くらいに思っていて、
「このまま音大入ってやるぅ〜」と意気込み、

指にトクホンを貼りながら、
毎日何時間も練習していたわけですが。。。

そんなある日、母の友人で音楽教室を営んでいた、
後の恩師となる人に、冒頭のことばを言われたのでした。

母たちは、当時の私を、
まだ完全にこどもと思っていたようですが、
中学生と言えば、もう十分、もののわかる年齢です。
「そぉね。声楽家ならなんとかなるかもしれないけど、
そもそも、この年になってからじゃ、聴音とか難しいから。」

「音大に入れるの、大変よぉ〜。先生につくのも、結構お金かかるわよ〜」

 

母とお友達が、そこに私がいないかのように、
そんな会話をしていたのを、今でも、くっきりと思い出します。

 

さて。

 

楽器をはじめる、音楽をはじめる適正年齢っていくつでしょうか?

ある年齢を超えたら、もう楽器をマスターするのは無理なんでしょうか?

幼稚園から習っていないと、ピアノはモノにならないのでしょうか?

 

小学校、中学、高校を通じて、
当時、私よりもピアノが上手だった子は、本当にたくさんいました。

私が、ソナチネやツェルニーあたりに取り組んでいるとき、

(日本ではピアノはバイエル100番からはじめ、
次いで、ツェルニー、ソナチネ、そしてソナタ、と進んでいく、
世界的に見ても特殊な音楽教育の“順序”のようなものがあります)

涼しい顔でショパンやシューベルトを弾いている子たちを見るたびに、
冒頭の先生のことばが、蘇り、
絶望的な気分になったものです。

 

しかし、です。

 

それから10年、20年と経ち、
同窓会などで当時の友人に会って、話してみると、
「ピアノを続けている」と言った人は1人もいませんでした。

 

音大を卒業したという子でも、
ピアノの先生をしているのでもない限り、
ほとんどの人が、ピアノに触れることさえなくなっていました。

 

そして、私が、歌を歌ったり、楽器を弾いたりするのを見て、

「すごいね。」
「プロは、なんでもできるんだね」

と誉めてさえくれたものです。

 

おわかりでしょうか?

 

人生はウンザリするほど長い。
そして、時間が経つのは信じられないくらい早い。

 

 

 

だから、とにかく、今、はじめる。

そして、上達するまで、どれだけの時間を要するか、

自分には才能ないんじゃないか?

なんて迷ったり、恐れたり、失速したりすることなく、

前を向いて、一心不乱に走るのです。

 

「いつはじめるか」じゃない、
「いつまで続けるか」が重要なのです。

きっと。

65204955 - teenager sitting at his piano with his head in his hands.

 

 - Life, 夢を叶える, 音楽

Comment

  1. 山本香澄 より:

    「感動を引き起こすのは、人の心に眠るストーリー」から飛んできました。
    すごく心に沁みる文章でした。
    わたしの大好きなピアノの先生が「僕のところにくる70歳くらいの女性たちは長年演奏することを続けてきて、プロとして活躍する人があの人は一体誰ですか?と一目置いていた。」と最近おっしゃっていました。
    ああ、すてきだなーと。人生の色彩として向き合う。それもまたなんて味わいがあるのだろうと思いました。
    才能がなくて結構。

    人生はウンザリするほど長い。
    本当ですね。
    いつもいつも本当にありがとうございます。

  2. otsukimisumi より:

    >香澄さん
    コメント、ありがとうございます!
    私もずっとそう信じて取り組んでいます。
    がんばりましょうね。楽しみましょうね。

  3. 匿名 より:

    だいぶ前の記事に今さらコメントするのも躊躇いましたが、
    最近になって新しいことを始めて、ずっと続けてきた人たちとの
    ギャップに折れそうになっていたのが少し励まされました。
    ありがとうございます。

    いつまで続けるかが大事といっても、やっぱり早く結果を
    出したい気持ちもあって、焦りは消えませんが…
    なんとかそれを力に変えながら、私も頑張ります!!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

「欠落」はことばではなく、行動で埋める

歌うこと、話すこと、書くことを通じて、日々、ことばと向き合っていると、 ことばの …

あなたが結婚式で歌って欲しい洋楽曲、なんですか?

職業柄、 結婚式などの余興で歌を頼まれることがよくあります。 2人の若者にとって …

ワードを変えれば、自分が変わる

有名な心理学の実験で、 「スタンフォード監獄実験」というのがあります。 ごく普通 …

91センチの挫折

自己啓発書の普及の名作といわれる『思考は現実化する』には、 金が採れるといわれる …

情熱に心捕まれて。

生まれて初めてバンドの「まねごと」をしたのは中学1年でした。 掃除用具入れから取 …

「まだまだ」と心が騒ぐから・・・

今年も残すところ、後4日。 この時期、大掃除や片付けをしながら、 1年を振り返る …

「完璧」の基準が「自分」がつくる。

何年か前まで、夏休みの宿題として、 「大好きな曲を1曲だけ選んで、徹底的に練習し …

結果が見えなくても、愚直に続ける勇気

たくさんのミュージシャンやアーティストたちを見て来て、いつも思うこと。 結局、近 …

手っとり早く「オーラ」を身にまとう方法

「なんか、あの人、オーラがある。」 「あの人がいると、そこだけが輝いて見える。」 …

音楽の価値って?

「いやぁ〜、サードに針落とすとさぁ、 『移民の歌』のイントロの前に、うっすら聞こ …