大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

嫌なヤツはみな反面教師

      2016/12/11

「六本木行って!
え?道わかんないの?
あ〜、もういいよ。途中、こっちが言うから、とりあえず出してっ!」

 

さっきまで丁寧に、愛想よく打ち合わせをしていた人が、
タクシーに乗り込むなり、運転手さんにいきなり、
上記のような罵声を浴びせかけるのを目撃したことがあります。

その瞬間、その人に対する親愛の情が、
いきなり水を浴びせられたかのように冷めたことを、
今でもハッキリと覚えています。

人間性というのは、
そういうふとした瞬間に垣間見えてしまうもの。

「あ〜あ。こういう手合いの人間なんだ。」

一度でもそういうところが見えたら、ゲームオーバー。

二度と、その人に対して尊敬を感じることはできなくなってしまいます。

 

人間だって動物ですから、
自分の「位置づけ」のような意識は、
誰でも多かれ少なかれ持っているものです。

縄張り意識もあるし、マーキングもする。
自分の属している階層のようなものに対する、
プライドだって、あるでしょう。
しかし、それイコール、誰かを見下していいということには、
絶対になりません。

そもそも、自分がお金を払う側、
すなわち、お客さんというだけで、
相手よりも立場が上になるわけはないのです。

 

 

あぁ、こんなこと書き出したら、
世の中、それってどうよ?な人であふれています。

 

お仕事を頼んでもらっているくせに、
そのギャラが安いからと、仕事の手を抜く。

頼んでくれる人に、
所詮この程度の仕事を振ってくる人、と失礼な態度を取る。

「こんなところ、やめた方がいいよ」と、
雇い主を裏切るような話を、顧客や同僚に触れまわる。

 

さらには、

自分が仕事ができないことを悟られないために、
相手を威嚇する、という原始的な手法に出る。

敬愛されないことで、相手を逆恨みしたり、
いじけて無視したりする。

自分の方が上であるということを相手に思い知らせるために、
不遜な態度を取り続ける。。。

 

これまで出会った、この手の人たちに、
本当に立派な人や有能な人、
魅力的な人、人気のある人は、ただの1人もいませんでした。

 

だから、自分がこの手の人に酷い目にあったら、
あぁ、お気の毒に、と思えばよろしい。

反対に、自分がちょっとでも人によくない態度を取っているな、と思ったり、
仕事を舐めたり、手を抜いたりしているな、と思ったりしたら、

自分の立ち位置は危ういのか、
もしくは、自分も所詮「お気の毒な類の人間」なのかと、
反省しなくちゃいけません。

 

 

嫌なヤツはみな反面教師。

誰かをうらやんだり、
誰かの行動にいらついたりしたら、

そんな風に考えて、自分の胸に手をあてたいものです。

 

6402745 - funny nun carrying wooden ruler as a weapon

 - Life

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

「無理」って言うな!

「限界」は自分が設定するもの。   これが、かれこれ、半世紀ほど人間を …

no image
「今に見てろよ」はGoサイン!

音楽を志す人だけでなく、 人と違うことをがんばろうとする人は、大小さまざまな挫折 …

「自慢話」してますか?

謙虚な人が好まれるのは、別に日本だけではありません。   欧米でも、 …

「好きなことを仕事にできていいですね。」

「好きなことを仕事にできていいですね。」     はじめてこ …

妄想、体験、疑似体験

「芸の肥やし」ということばもありますが、 さまざまな経験を積むほどに、その人の芸 …

行動のパターンを変えると思考が変わる

6日ぶりの更新です。 丸2年前、思いを新たにブログに取り組もうと決心して以来、 …

人生はリハーサルのない、1度限りのパフォーマンス

ひとりのミュージシャンの生涯には、 どのくらいの苦悩や葛藤、挫折があるのでしょう …

「変化」を恐れずに生きる

10代の頃は、10代のうちに死にたいと思っていました。 10代が一番美しい。 穢 …

どうして私はがんばれない?

「なんか、最近、がんばれないんですよ〜。   がんばらなきゃいけないの …

年齢の制限なんか、単なる幻だ。

中学のときのこと。 当時、クラスで常に成績の1〜3位の上位を争っていた、仲のよい …