大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

先生たるもの、いつだって「文句あるかい!?」くらい、気合いを入れて立ち向かわなくてはいけません。

   

世の中の「先生」と呼ばれる人や「学者」と呼ばれる人たちにも、
やっぱりパワーゲームは存在するようです。

 

「我が輩の方が早く気づいた。」

「あたくしの方が、たくさん知ってる。」

「小生の方が深い。」

 

気づいたタイミングや、知識量、その深さに加え、
人間だから避けて通れない、
キャリアや、若さや、ついでに見た目、なんて基準もあって、
さまざまな分野、さまざまなメディアで、
その人気や人望を競い合っています。

 

ノーベル賞ものの発見をしたり、
世界の誰よりもすぐれた情報収集をしたり、
などというレベルの人たちのことは脇に置いておいて、

 

「人に教える人」という意味だけで言えば、

やはり、「先生と呼ばれる人の価値」というのは、

 

1.いかにわかりやすく

2.聞き手が求める、または、聞き手のためになる情報や方法論を

3.聞き手の脳と心にきちんと届けられるか?

 

これに尽きると思います。

 

「生徒」となる人にとって、その「先生」が、

どんなにお偉いかとか、
どんな実績をお残しになっているかとか、
どんなに優れた能力をお持ちかとか、

実は二の次、三の次。

 

彼らにとって重要なのは、

その人が、ちゃんと自分のことを見てくれているか、
自分を理解してくれているか、
自分が求めている方向、
もしくは、本当に自分のことを考えて、
自分のためになる方向へと自分を導いてくれられるか、

そんなこと。

 

そして、自分がその人を好きになれるか。
その人を尊敬できるか。
そして、その人と心通い合えるかどうか。

 

そのどれかひとつでもうまくいかなかったら、
「先生」がどんなにすごい人だったとしても、
どんなにいいこと言っていたとしても、
「生徒」にとっては、
「ふぅ〜ん」で、「超〜無理」な存在になってしまう。

 

「生徒」という人たちは、ものすごく感性がするどくて、

わかったふりしたって、
カッコつけたって、
媚びてないふりしたって、

「あぁ、この人は、あの手ね」とすぐ見抜いてしまう。

 

だから、素っ裸でぶつかって行かなくてはいけません。

生徒と向き合うときはいつだって真剣勝負。

どう見透かされても、
「文句あるかい!?」くらい、
いつだって気合いを入れて立ち向かわなくてはいけません。

 

たくさんの、たくさんの「先生」の中から、
私を選んでくれた人、
神様や運命に選ばれて、私のところに来てくれた人のために・・・。

 

なんだか、そんなことを、めっちゃ考えた休日です。

 

36222792 - a severe teacher

【第3期mtl-ヴォイス-ヴォーカル-レッスン12 残席1】
詳しくはこちら>>

 - ボイストレーナーという仕事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
話を聞かない生徒 話をさせない先生

「これは、こんな風に歌うのよ」と、 お手本を聴かせるためにこちらが歌い出した瞬間 …

ボイストレーナーvs.ボーカルトレーナー

「ボイストレーナーと、ボーカルトレーナーって、何が違うんですか?」 今日は、時々 …

「やる気」の不在

おとなになると、人は、 時に義務感で、 時に人間関係を壊したくなくて、 時に損得 …

「教える者」のゴール

生まれて初めて「新入生」に会ったときのことを今でもハッキリと覚えています。 &n …

「先生」と呼ばれたら、自分の胸に問うべき質問。

人には誰にも、その人特有の成長のスピードというものがあります。   小 …

「自分だったらどうか」という視点で考える

ボーカルやボイトレを教えているアーティスト、その卵たち、 そして、音大の学生たち …

「落としどころ」か?「限界突破」か?

完璧主義というほどではないですが、私はなにかと採点が辛いようで、 生徒やクライア …

人を本当に育てるのは、反骨心や反抗心だ!

ミュージシャン仲間に、有名なおしどり夫婦と呼ばれたカップルがいました。 旦那さん …

「あきらめていた夢」を、もう一度追いかけるということ

「音楽は、何才で始めなくちゃいけない」、なんていう制限はありません。 「好き!」 …

「教える者」であるということ

学生時代。 先生が生徒をジャッジするより、 生徒が先生をジャッジすることの方が圧 …