大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

ロックへの反逆

   

「お前なんかロックじゃねぇよ。オレは認めね〜ぜ。」

少し前のこと。
ロック的なサポートのお仕事をたくさんしているらしきプレイヤーの某氏に、
ほぼ初対面で、いきなり、そんな風に言われました。

ご挨拶程度しかおしゃべりしていないし、
もちろん、大先輩に囲まれていた私が、偉そーにしていたはずもない。

ちょこっとセッション、やったくらいで、
別に、私の歌をちゃんと聴いたわけでもない。
・・・この人、なに言っちゃってんのかしら?

 

私のルックスが気に入らなかったのか、

周囲の大先輩方が、私のことを誉めてくださってるのが気に入らなかったのか、

それとも、単に、アホほど飲んでいたからか、

その全部なのか,知りませんが、

まぁ、そういうお方は、一度絡みはじめると、蛇よりもしつこい。

 

そして、自分はどんだけすごいかとか、
自分はどんだけロックをわかっているかとか、

そんなことをやんわりほのめかしながら、

いかに、私が自分よりも格下で、
いかに、私がロックじゃないか、ということを、ネチネチ言い続け、

あげく、「悔しかったら売れてみろ」と、
80年代の業界人みたいなことを賜ったあげく、

回りの先輩に叱られて、すごすごと帰っていった某氏。

 

交通事故に遭ったようなものとは思いながらも、
一体全体、なんであんなに、
初対面の人に人格否定的なことを言われなくちゃいけないのよ、と、
しばらく気分が落ち込んだものです。

 

さて。

 

ごく最近、とある本を読んでいて、
ふとその時のことを思い出しました。

『クール 脳はなぜ「かっこいい」を買ってしまうのか』

 

マーケティングの本ですが、その中では、
ロックが生まれた背景についても触れられています。
階層社会の地位システムに嫌気がさした若者たちの反逆心がつくりだした、
新しい価値観が「クール」であり「ロック」。

 

少々、翻訳が難解ですが、
要は、「ロックって、既成の価値観への反逆が生み出したカルチャーだ。」
ということ。

だから、頭の硬いおとなたちから非難されるほど、
気分は高揚するし、仲間からも尊敬される。

 

反逆心こそが、ロックという音楽を支えていたエネルギーであったわけです。
しかしです。

どんなカルチャーも現状を維持しようとすれば、
当然、反逆のエネルギーは失われて行きます。

 

新しい社会が生まれれば、そこでも新しい格付けがはじまります。

 

うまいとか、
ルックスがロックっぽいとか、
売れてるとか、
プロだとか、
いい楽器持ってるとか、
ライフスタイルがロックだとか、
稼いでるとか、
人気があるとか・・・
 
どの基準を取っても単なる幻想に過ぎないわけで、
そんな幻想にしがみつきたくなるのは、
自分が終わっている証拠なんじゃないか。

 

反逆者はいつだって、既存の価値観に抵抗し続ける。

ステレオタイプな生き方を追いかけていたのでは、
反逆のエネルギーはどんどん失われていきます。

 

 

誰に何を言われようと、自分の生き方と美学を貫く。

私にとっては、それが一番ロックっぽい。

22105115 - ecstatic woman is dancing to the rock music

【第3期MTLヴォイス&ヴォーカルレッスン12】キャンセル発生にて限定2名お申し込み受付中!

メール・マガジン『声出して行こうっ!me.』不定期ながら発行中。
ご登録はこちらから。

 - Life, 音楽

Comment

  1. TAKA より:

    そのプレーヤーの某氏さんは、劣等感を抱いていたってことですね。

    医者でもいますよ。「自分は東大病院にいたことがあるから凄い」って自分から言う人とか。

    たまたま、日本が世界に誇る超一流のプロミュージシャンと面識があるので、ライヴ会場なんかでお話しさせてもらう際に様子を観察するわけですが・・・・・まず、自分から自己アピールをすることはありません!!

    もっと言えば、その方を知らない人がいても、「え?俺を知らないの?」的な反応をすることは皆無で、嫌な顔をすることもなく、常に謙虚です。

    「本物」は、まわりが勝手に盛り上げてくれるのですね。
    反対に、本物じゃなくて劣等感のある人は、自分でアピールします。

    「名刺」で書かれていた話と通じるんじゃないかと思います。
    「本物」なら、まわりの人が勝手に寄ってくる。一生懸命情報を得ようとする。だから名刺をせっせと配る必要はない。

    「お前なんかダメだ。俺は凄いけどな」みたいなことを言ってくる人は、二流、三流以下ってことで、気にする価値もないと思いますね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

91センチの挫折

自己啓発書の普及の名作といわれる『思考は現実化する』には、 金が採れるといわれる …

バンド仲間の悪口は言わない

もう何十年も前のこと。   大好きなメンバーと、かなり楽しくやっていた …

あぁ、時は不思議に巡るのです。

「MISUMIちゃん、日本にもいい音楽いっぱいあるよ。 たまには、日本の音楽聴い …

「いい仲間」いますか?

近年の私しか知らない人には全く信じてもらえないようですが、 かつての私の自信のな …

タイムプレッシャーを逆手に取る

「どんなときに名曲が生まれるんですか?」 というインタビューに、 坂本龍一は、「 …

「君たちには問題意識というものが足りない!」

「君たちには問題意識というものが足りない!」 大学4年の時、ゼミの担当教授が、 …

自分自身のマスターは、 どんなときだって、自分なんだ。

3月は「終わりの季節」。 学生時代に別れを告げ、 社会に出て行くことに不安を感じ …

限りない偶然に選ばれてきた「特別な自分」

一瞬の選択で人生は大きく変わります。   もしもあの時、あの瞬間にラジ …

音楽をどうやって聴くか?

言いたかないけど、レコードの時代に音楽に目覚めた私。 その後、さまざまな音楽メデ …

「10代の魔法」を謳歌するのだ

いやぁ、スィートSeventeenとはよく言ったものですが、 ティーンエイジャー …