大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

もらったもの

   

小学校の高学年になったばかりのこと。

教室で男の子たちが真剣な面持ちで将棋を指しているので、
思わず近くに寄って、

「次、私にも指させて!」と言ったところ、

「オレたち、回り将棋はやらないよ。本将棋やってんだよ。」
と言われました。

物心つくか、つかないかから、
父に将棋の手ほどきを受けていた私は、
その時初めて、将棋の遊び方には「本将棋」以外の将棋があると知ったのです。

 

父は、こどもをこども扱いをせず、
いつも対等に、人間同士として向き合うような人でした。

幼稚園時代から、読み聞かされたのは、

萩原朔太郎に草野心平に小川未明・・・変でしょ?

 

小学校の宿題で、好きな詩を書き写して提出しなさいと言われて、
出したのが幼稚園時代から大好きだった朔太郎の『遺伝』という詩。
 
「人家は地面にへたばって 大きな蜘蛛のように眠っている・・・」
 
クラスの友達どころか、
先生にまで、「ずいぶん難しい詩を選んだね」と言われたものです。

 

音楽と言えばエリントンにミンガスにブルーベック。
歌と言えば、ビリーに、エラに、サラ。
子守歌は”Summer Time”。
(お世辞にも上手とは言えませんでしたが・・・(^^)
 
映画監督を夢見た時代があったそうで、
毎晩のようにテレビの洋画劇場を見ながら、
構図やら、脚本やら、伏線やらと、やたら講釈がうるさかったり。
 
ハインラインもバロウズもウェルズも、
チャンドラーもダールも、ぜ〜んぶ父の本棚から読みました。

 

 

こんなことを書くと、なんだかものすごく高尚そうな、
知的な雰囲気の「おじさま」を思い浮かべられちゃうと思うのですが、
 

家業の土建屋の跡継ぎだった父は、いつも土方焼けで、
スキンヘッドで(本人はスポーツ刈りと言い張っていましたが(^^)、
大好きなワインを1杯飲んだだけで、頭の先までゆでだこ状態。
 

私の友人たちと語り合うのが大好きで、
エッチな話も大好きで、タバコも競馬も好きで。
 

実に人間くさい、
オタクで、ちょっと頑固なところのある、
・・・まぁ、とてもいい父でした。

 

先日、『音ジャンク vs.音グルメ』という記事を書きながら、
人の価値観は、生まれた環境や時代によって、
なんて違うんだろうと考えていました。

 

生まれる環境を選ぶことはできません。
 

恵まれた環境に生まれる人もいれば、そうでない人もいる。
 
しかし、なにを「恵まれている」ととらえるかは、
自分で決められるはずです。

 

こどもの頃の私は、不満ばかりでした。
 

とにかくエネルギーを持てあましていたし、
理解されない苦しさに、いつもイラだっていました。
 

音楽に出会って、エネルギーを集中するすべを知ってからも、
ステキな彼氏や友達に恵まれていたときも、
 

心が満たされず、
いつも、なんで私はこうなんだと、
毎日のように自己嫌悪に苛まれていました。

 

あの頃の私に、自分がどれだけ恵まれていたか、教えてあげたい。
 

ちょっと見る角度を変えるだけで、
人生は信じられないくらい、違った色になる。
 

もっともっと早く、思い至っていれば、
どれほど違う人生を歩んでいたことか・・・

 

それでも私は、
 

あの逆境の中でミュージシャン&作詞家になって、
海外で武者修行して、
あこがれのミュージシャンたちと次々共演して、
大きなステージ、小さなステージ、山ほど立ち、
本を出して、会社を起こして、
メソッド作って、講演して・・・
 
そんな人生を歩んだのかな?
 
こうして、毎晩のように、ブログを書いていたのかな?

 

なんだか思いの止まらない夜です。

1877749 - father, baby sleeping like babies, note : focus on father

 - Life

  関連記事

つい、この間まで二十代だった気がする?

「先日、MISUMIさんがUPしてたママさんたちのコーラス、 すごくカッコよかっ …

なめたらあかんぜよ

ずいぶん昔。 広告代理店で、プロデューサーのアシスタントのアルバイトをしていたと …

「失敗しても、それでいいんだ」

「失敗しても、それでいいんだよ」   ここぞと言うときに、人は、さまざ …

「真っ白な灰」に、なりますか?

リングの上で真っ白な灰になった、『あしたのジョー』。 命を賭けられるほどのものに …

自分自身の変化にどこまで鈍感かつ寛容でいられるのか?

人間は自分自身の変化には非常に鈍感かつ寛容なものです。   24時間、 …

音楽を「職業」にしないという選択

若い頃から音楽を志して、寝る間も惜しんで練習や創作、 ライブ活動に打ち込んで来た …

オトナとコドモの線引き

コドモの頃、オトナは特別な存在だと思っていました。   コドモとオトナ …

自分を好きになるということ。

こどもの頃から、 自分じゃない人間になりたいと思っていた年月があまりにも長くて、 …

変化することは人間らしさ、自分らしさの一部

すべては、時と共に変化します。 変化しないものは、死んでいるもの。 後は腐敗する …

人間関係はいつもちょっぴりだけ片想い💔

唯一無二の音楽仲間であり、大親友。 悩み事も、相談ごとも、とにかくなんでもきめ細 …