大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「学校なんかいくら通ったって、 人を感動させられる歌なんか歌えるようにならないだろ?」

   

音楽やりたい、バンドやりたい、と思った瞬間を覚えているでしょうか?
お兄ちゃんがギターを弾いていて、カッコいいなと思った。

あるアーティストの音楽雑誌の写真に、ドキドキした。

音楽番組を夢中で見るうちに、自分も無性にバンドをやってみたくなった。

 

・・・などなど。

 

人の数だけ、音楽をはじめたストーリーがあります。

 

しかし、どんなストーリーにも、その背景に、
必ず、ワクワク、ドキドキ、ドッカ〜ンという自分の感情の動きがある。

 

音楽は、人の心を動かすもの。
人の心を動かせなければ、
どんなにテクニック的に優れていようと、
どんなにサウンドが凝り倒していようと、
どんなに予算がかかっていようと、

やっぱりダメなんです。

 

 

反対に、

ピッチやリズムがボロボロだって、
発声がてんでなってなくたって、
オケも録音もしょぼしょぼだって、

人を感動させる音楽は、山ほどある。

 

 

上手くなる必要なんか、だったら、ないじゃん?

 

・・・じゃあ、なんで、私は練習するんだろう?

 

 

 

そんなジレンマを抱いていた大学生の頃、

 

たまたま食事で同席した初老の男性に、こんなことを言われました。

「歌は心だろ?
学校なんか通っていっくら勉強したって、
人を感動させられる歌なんか歌えるようにならないだろ?」

 

その時に、とっさに口をついて出た答えが、
今も私を引っ張っています。

「伝えたい思いがたくさんあって、
表現したいことがたくさんあって、

でも、ことばがなければ、

私はただ泣くしかない。

ただ笑うしかない。

音楽の表現方法を学ぶって言うことは、
自分の思いをきちんと届けるためのことばを手に入れること。

いつも、表現したいことが、
ちょっとだけ自分の表現できる能力を上回っていられるように、

だから、私は、技術と、

自分という人間の両方を、

磨いて行きたいと考えているんです。」

 

 

来る日も、来る日も、
少しでも多くの人に、
もっともっと短時間で学べる、
もっともっと効果的なヴォイストレーニングを提供するには、
どうしたらいいかと考えている日々です。

 

ときどき、なにやってるんだろうと、
自信を失いそうになることだってあるけど。

 

本当のゴールは、ヴォイトレの先にある。

そのゴールまでの道筋を、照らせる光になれたらいいな。。。

 

そして、自分自身も、
音楽と出会ったときの喜びや、
ヴォーカリストとしてのゴールを、
どんなときも忘れずにいたいな。

 

そんな風に思う、日曜日です。

 

23426963 - beautiful woman in tense black and white light listening to music

 

メール・マガジン『声出して行こうっ!me.』
ご登録はこちらから。

 

 - プロへの突破口, ボイストレーナーという仕事

  関連記事

「やる気」の不在

おとなになると、人は、 時に義務感で、 時に人間関係を壊したくなくて、 時に損得 …

「○○っぽくないね。」と言われたときこそ、チャンス。

ハードなロックシンガーを目指しているのに、 「癒やし系だね」などと言われたら、 …

プロへの突破口『仲間を見極める』

お正月も3日。 そろそろ、社会復帰に向かって、ウォーミングアップをはじめようか、 …

やっぱ、近道はないのよね

「おとうさんの知り合いにレコード会社の人がいるんだけど、会ってみる?」 「仕事関 …

「無神経」も「曖昧」もダメなんです。

「MISUMIってさぁ、お勉強は出来るけど、頭悪いじゃない? あ・・・ごめんね。 …

「ダメ出し」こそが、プロの技を試される仕事なのだ

他人にダメ出しをする人には、 自分のためにダメ出しをする人と、 相手のためにダメ …

「教える者」であるということ

学生時代。 先生が生徒をジャッジするより、 生徒が先生をジャッジすることの方が圧 …

勇気を出して、「酷いことを言う人」になる。

言ってあげた方がその人のためとわかっているけれど、 言えば必ず、相手はショックを …

「どうやったらライブにお客さん、来てくれますかね?」

「MISUMIさ〜ん。どうやったらライブにお客さん、来てくれますかね〜?」 &n …

「そこに愛はあるか?」

同じ音楽家の先輩として、 生徒たちを指導しながら、自分自身の過去を追体験すること …