大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「5才のこどもにもわかるように説明しろ!」

      2017/02/06

学生時代、授業のためにと、
さまざまな本を購入するように言われました。

難しい名前のついたその本たちは、
その中身も、なんだか難しく書かれていて、さっぱり読む気がしない。

読んでもちっとも頭に入ってこない。

 

あ〜あ、専攻を間違えたか。

大学の教科書というのは、こんなにも難しいものか。

それとも、私の頭が悪いのか。。。

 

そんな風に悩みながらも、

結構なお値段のその本たちは、
もったいないことに、ほとんど数ページずつしか読んでもらえないまま、
ことごとく処分されていったのでした。

 

こうして、

「勉強とは、難解でつまらない本を一所懸命読むことである。」

という、ある種のトラウマを植え付けられ、
あぁ、人は、勉強が嫌いになっていくんであります。

 

しかし、です。

本好きだった私は、
その後、本の取り次ぎ店でバイトをするようになり、
大学で購入した本たちと同じようなテーマの、
もっともっとおもしろくて、わかりやすくて、
しかも、ずっとずっと内容の濃い本とたくさん出会うようになりました。

 

「難しいことを難しく話すのは誰にでもできる。

本当に頭のいい人とは、
難しいことを、誰にでもわかりやすく説明できる人のこと。」

そんなことばを聞いて、
妙に納得したものです。

 

“Explain Like I’m 5 years old!”(5才のこどもにもわかるように説明しろ!)
という、英語圏でよく使われるスラングがあります。
自分ではわかっているつもりことも、
実は、テクニカルなことばの羅列や、
ざっくりとしたイメージだけで、
なんとなくとらえていることが少なくありません。

どんなことも、本質的な理解ができていなければ、
「5才のこどもにわかるように」、
難解なことを説明することはできないのです。

 

人にものを教える立場となって、しみじみ考えること。

わかりやすい例えというのは、相手によって全く違う。

自分と全くバックボーンの違う相手と同じ目線に立って、
物事をわかるように説明するには、
柔軟な発想と想像力、そして忍耐力が不可欠で。

 

見る人、聞く人の集中力を途切れさせない、
人間的な魅力やコミュニケーションスキル、
エンターテイメント性を兼ね備えてこそ、
本当に人の心に届く講義ができる。

ただわかっている、話せる、というだけでは不十分。

ちゃんと届くには、「5才のこども」にも響くように、
興味を持ってもらわなくてはいけない。

結局は、受け手のやる気を問う前に、
やる気を引き出せない、自分のやる気を問うべきだ、と。

 

まだまだ修行が続きます。

5322449 - portrait of 5 years old gap toothed girl

 

 

 - ボイストレーナーという仕事

  関連記事

そのボイトレで本当にいいんですか?

かつて某大手プロダクションの新人育成を任された時のことです。 レッスンにやってき …

やっと話せる、熱い想いを聞いてください①

来月、本スタートのオンラインコース。 教材制作や、システム関係の準備もほぼ終了し …

昨日はボイス&ボーカル・クリニックでした!

さまざまな理由から、日頃、レッスン予約をお受けできない一般の方のために、 少しで …

「あきらめていた夢」を、もう一度追いかけるということ

「音楽は、何才で始めなくちゃいけない」、なんていう制限はありません。 「好き!」 …

「ダメ出し」こそが、プロの技を試される仕事なのだ

他人にダメ出しをする人には、 自分のためにダメ出しをする人と、 相手のためにダメ …

ボイトレ七つ道具、公開(^^)

最近、講演やセミナーをするときだけでなく、通常のボイトレをするときにも、 声のし …

「暗闇が怖いなら、目を閉じてがむしゃらに進め!」

  やったぁ〜〜〜\(^O^)/(雄叫び) Onlineレッスンの最後 …

no image
話を聞かない生徒 話をさせない先生

「これは、こんな風に歌うのよ」と、 お手本を聴かせるためにこちらが歌い出した瞬間 …

「いい声が出ない」には、いつだって理由がある。

歌うというのは、カラダの中と外を繋げる作業。 少しスピリチュアルな言い方をすれば …

ボイストレーナーなんかいらない自分になる。

『ダイジェスト版MTL voice&vocal オープンレッスン12』が …