大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

どんなに「ふり」をしても、オーディエンスは一瞬で見破るのです。

   

「わからないことを、わかっているかのように、
できないことを、できるかのように語らないこと。」

 

MTLのインストラクター養成コースのテキストの冒頭に、
こんなことばを書きました。

 

人にものを教える立場になるには、自信と勇気が必要です。

 

どんなに知識があっても、
どんなに技術があっても、
どんなに経験があっても、

100パーセントの回答を用意出来る人はいません。

知らないことを聞かれたらどうしよう、
自分の知識や技術の底を見透かされたらどうしよう、
「お前なんか」と、舐められたらどうしよう、

そんな想いが脳内をぐるぐると巡れば、
恐ろしくて、教える側に立つことはできません。

 

だからといって、
そんな想いを悟られないようにと、
大上段に構えて、高圧的な態度を取れば、
ただ恐れられ、嫌われるだけで、
自分にも相手にもいいことはなにもありません。

 

はじめて学校で教えることになって、
どんな距離感で生徒たちと接したらいいのか途方に暮れたとき、
ふと、

「歌うように語ればいいのだ」

という想いが胸をよぎりました。

 

ヴォーカリストとして人前に立つということは、
すっぽんぽんでステージに出て行くのと同じ。

自分以上の人間に見せることも、
自分よりも小さい人間のふりをすることもできません。

どんなに「ふり」をしても、オーディエンスは一瞬で見破るのです。
だから、すっぽんぽんで、
「私はこんなだけど、なんか、もんくある?」と自分をさらけ出すことを恐れない。

ありのままの自分を受け入れ、
さらけ出すことこそ、自信となり、勇気となります。

 

どんな相手も、どんなことばも、真っ正面から受け止め、
全身全霊でぶつかっていく。

足りないことは潔く、足りないのだと認める。

その上で、
受け手にとってなにがベストかを、
自分に足りないことをどうやったら補完できるかを
一所懸命考える。

 

そうして、ときに激しく、
ときに優しく、
ときに厳しく、
ときに寄り添って、

伝える。
伝える。
伝える。

 

 

そうやって歌ってきたのだから、
そうやって語っていこう。

あれから17年。
いや、まもなく18年。

すっぽんぽんで、全身全霊で、
ぶつかっていくスタイルは、
ヴォーカリストとしても、
教える、語る人間としても、少しも変わりません。

そのスタイルをどう思われても、
私にはそういう風にしか歌えない。語れない。
よくわからないけれど、
たくさんの素敵な生徒に恵まれました。

 

MTL12、第3期がスタートしました。

ひとつでも、「わからない」「できない」と言うことを減らせるように、
日々精進を繰り返しつつ、

すっぽんぽんで、ぶつかっていきます。

40165770 - very skinny headband wearing fighter shows skills

 

 - The プロフェッショナル, ボイストレーナーという仕事

  関連記事

最後に「正解」を決めるのは誰だ?

とあるレコーディング現場でのことです。   ブースに入って、ソロプレイ …

慣れたらあかん!

「習うより慣れろ」ということわざがあります。 意味は、 「人や本から教わるよりも …

「暗闇が怖いなら、目を閉じてがむしゃらに進め!」

  やったぁ〜〜〜\(^O^)/(雄叫び) Onlineレッスンの最後 …

人は生涯に、何曲、覚えられるのか?

優れた作曲家、アレンジャー、プレイヤー、 そして、ヴォーカリストの多くが、 びっ …

「教える者」であるということ

学生時代。 先生が生徒をジャッジするより、 生徒が先生をジャッジすることの方が圧 …

「500円玉大の打点」を求めて、今日も声出していこうっ。

先日、よくご一緒する、某有名ドラマーの楽器の前に座らせてもらう機会がありました。 …

頂点のその上って、どこなんだろう?

「ちょっと成功すると、みんな、そこで満足してしまう。 それで、ちょっとずつ失速し …

「できる人」が集まる環境に身を置く

音楽のセンスや、ことばのセンスを磨いたり、 きらりと光る知性を身につけたり、 楽 …

ギターの6弦のチューニングは”E”と決まってる?

ギターの弦チューニングは6弦から、EADGBEと、決まってます。 ・・・ん? 決 …

慣れない。飽きない。手懐ける。

先日、母と出かけた、とあるテーマパークでは、 野外で、一日中フリーコンサートを聞 …