大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

どんなに「ふり」をしても、オーディエンスは一瞬で見破るのです。

   

「わからないことを、わかっているかのように、
できないことを、できるかのように語らないこと。」

 

MTLのインストラクター養成コースのテキストの冒頭に、
こんなことばを書きました。

 

人にものを教える立場になるには、自信と勇気が必要です。

 

どんなに知識があっても、
どんなに技術があっても、
どんなに経験があっても、

100パーセントの回答を用意出来る人はいません。

知らないことを聞かれたらどうしよう、
自分の知識や技術の底を見透かされたらどうしよう、
「お前なんか」と、舐められたらどうしよう、

そんな想いが脳内をぐるぐると巡れば、
恐ろしくて、教える側に立つことはできません。

 

だからといって、
そんな想いを悟られないようにと、
大上段に構えて、高圧的な態度を取れば、
ただ恐れられ、嫌われるだけで、
自分にも相手にもいいことはなにもありません。

 

はじめて学校で教えることになって、
どんな距離感で生徒たちと接したらいいのか途方に暮れたとき、
ふと、

「歌うように語ればいいのだ」

という想いが胸をよぎりました。

 

ヴォーカリストとして人前に立つということは、
すっぽんぽんでステージに出て行くのと同じ。

自分以上の人間に見せることも、
自分よりも小さい人間のふりをすることもできません。

どんなに「ふり」をしても、オーディエンスは一瞬で見破るのです。
だから、すっぽんぽんで、
「私はこんなだけど、なんか、もんくある?」と自分をさらけ出すことを恐れない。

ありのままの自分を受け入れ、
さらけ出すことこそ、自信となり、勇気となります。

 

どんな相手も、どんなことばも、真っ正面から受け止め、
全身全霊でぶつかっていく。

足りないことは潔く、足りないのだと認める。

その上で、
受け手にとってなにがベストかを、
自分に足りないことをどうやったら補完できるかを
一所懸命考える。

 

そうして、ときに激しく、
ときに優しく、
ときに厳しく、
ときに寄り添って、

伝える。
伝える。
伝える。

 

 

そうやって歌ってきたのだから、
そうやって語っていこう。

あれから17年。
いや、まもなく18年。

すっぽんぽんで、全身全霊で、
ぶつかっていくスタイルは、
ヴォーカリストとしても、
教える、語る人間としても、少しも変わりません。

そのスタイルをどう思われても、
私にはそういう風にしか歌えない。語れない。
よくわからないけれど、
たくさんの素敵な生徒に恵まれました。

 

MTL12、第3期がスタートしました。

ひとつでも、「わからない」「できない」と言うことを減らせるように、
日々精進を繰り返しつつ、

すっぽんぽんで、ぶつかっていきます。

40165770 - very skinny headband wearing fighter shows skills

 

 - The プロフェッショナル, ボイストレーナーという仕事

  関連記事

「華がある人」になる

「あの人は華がある。」、 反対に「華がない」ということばを耳にします。 &nbs …

「あの〜、お仕事あったら、よろしくお願いします。」

「あの〜、なんかお仕事あったら、よろしくお願いします!」   ミュージ …

外しちゃいけないフレーズがあるから「ポップ」なんだ。

10年ほど前のこと。 英語教材のレコーディングで、 外国人のシンガーたちの通訳件 …

「自分の音域を知らない」なんて、意味わからないわけです。

プロのヴォーカリストというのに、 「音域はどこからどこまで?」 という質問に答え …

「プロ」の定義?

先日、友人の皇甫純圭さんが、 『プロとアマチュア』というタイトルのブログを書いて …

一流の人は「飽きない」。

「一流ってのは、飽きないものなんだ」   友人が、バンドでメジャーデビ …

「仕事ができない」と言われる人にはワケがある

どんな人が「仕事ができる人」と呼ばれるかは、 業界によって、少しずつ違います。 …

「売れてるミュージシャンに見せる方法」?

今日は、若かりし頃、先輩ミュージシャン、業界の人たちから教わった、 「売れてるミ …

「才能の超回復」を繰り返して、人は成長するのである。

「超回復」ということばを聞いたことがあるでしょうか? 筋トレで傷ついた筋肉は、 …

「そこに愛はあるか?」

同じ音楽家の先輩として、 生徒たちを指導しながら、自分自身の過去を追体験すること …