大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「そこにいること」の大切さを語りすぎることは、たぶんない。

   

長年、音楽の仕事をしていると、
「そこにいること」の大切さが、しみじみわかります。

 

たまたま一緒に飲んでいたミュージシャンに、バンドに誘われる。

たまたま出演したライブを見に来ていた業界の人の耳にとまる。

たまたまボランティアで参加した作品が、突然仕事につながる。

 

その時、そこにいなければ、
絶対に出会なかった人がいて、
けして恵まれることのなかった仕事があって、

そんなことの積み重ねが、
やがて「キャリア」をつくっていくのです。

もちろん、いつでもどこでも顔さえ出せばいいということではないし、

やはり、自分自身の実力を上げる努力や、
相手になにかしら印象を残す努力は必要ではあるのだけれど。

 

初めて出会って、
あぁ、いいやつだな、と感じて、
プレイを聞いたら、なかなかよくて、
「また誘うよ」と言い合って、別れて・・・

心の中のリストに、その人の名前が刻まれたとしても、
毎日が、そんな繰り返しの音楽業界。
日々、リストは更新され、記憶は上書きされていくものです。

 

その時そこにいない人は、存在していないも同じ。

 

1度か2度、会ったことのある、
才能あふれる、よく知らない人よりも、
今、目の前でご機嫌に飲んでいる相手に、
人は声をかけるものです。

 

アクセス不能な人を、あの手この手で探し出して、
連絡をくれるような奇特な人は滅多にいません。
 

だから、定期的に人に会いに出かけたり、
作品を発表したり、ライブをしたり、
自分を発信したりすることが、
駆け出しのミュージシャンはもちろんのこと、
何年ミュージシャンをやっていても大切なのです。

 

さて。

 

「たまたま居合わせること」よりも、
もっともっと大切なのは、
「いるべき場所には必ず現れること」。

 

病気や他の仕事との兼ね合いで、
1度トラを入れたら(代役を立てたら)、
その人の方が気に入られて、
自分には二度と仕事がこなくなった、などという話は、
当たり前のように聞かれます。

 

 

 

どんな事情であれ、
大きな仕事で一度でもすっぽかしや大遅刻などの粗相をすれば、
向こう数年、業界を悪い噂が駆け回ってエライ目にあうことになります。

 

大きなイベントで大役を終えて、
次の現場があるからと、打ち上げに参加しなかったおかげで、
別のアーティストが主催者にすり寄って、
翌年のイベントの主役の座を奪われたという人もいました。
 

リハや、打ち合わせにいなかったせいで、
大事なことを聞き逃し、関係者の怒りをかったり、
やるべきことの情報が入ってこなくて、恥をかいたり。。。

「そこにいなかったこと」を問題と考える世代は、
まだまだ健在です。

 

体調管理には万全を期し、
けしてスケジュールには、穴を開けないこと。

約束した現場には、確実に現れること。

約束が果たせないかも知れない、どんなリスクも回避すること。

 

打ち合わせや打ち上げには、可能な限り出席すること。

出席できなかった場合には、確実に情報を受け取れる状況をつくること。
カラダに刻んでおきたい業界の流儀です。

26652991 - business people meeting with laptop in cafe

 

 - Life, プロへの突破口, 音楽人キャリア・サバイバル

  関連記事

50分の2の法則

「世の中の“おもしろいヤツ”、“デキるヤツ”の存在確率は50分の2である。」 高 …

ミュージシャンに、定石も王道もない!

「MISUMIさんは、何才から歌っているんですか?」 「やっぱり楽譜が読めないと …

「積ん読」でも「疑似読書」でも、本で世界は広がるのだ。

少し前に「本を読もう!」というポストをアップしました。 今日も本のお話。 もちろ …

もらったもの

小学校の高学年になったばかりのこと。 教室で男の子たちが真剣な面持ちで将棋を指し …

自分との約束

プロフェッショナルやスペシャリストを志すとき、大切なことはシンプルなことばかり。 …

憎っくき「容姿端麗組」に負けない方法

認めたくはないですが、 こんなこと書くのもちょっぴり悔しいですが、 ハッキリ言っ …

自分が見つけたかった音楽の興奮や感動は、今もそこにあるか?

何かを必死に追いかけ続けていると、 ふと、なぜ追いかけてきたのだったか忘れてしま …

ちゃんと仕事しろっ!

NYに住みはじめて、 寮の自分の部屋に電話を引き込むため、 電話会社に出向いたと …

「いいおとながトラウマと向き合う」

思い出すのもぞっとする、 考えただけで嫌な気分になるようなことが、 人にはいくつ …

「プロになりたい」

音楽学校に通いながら、 バンドでのライブを中心に活動していたアマチュア時代。 「 …