大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

練習の成果は「ある日突然」やってくる

   

はじめて「上のF」が地声で出た瞬間を、
今でも鮮明に覚えています。

学生時代は、せいぜいAかBくらいまでしか出なかった地声。

アレサ・フランクリンの曲の途中に、
地声で「上のF」でシャウト、というのがあって、
それが、もう本当にカッコよくって、
どうしてもそれを出したくて。

でも、練習しても、練習しても、
せいぜい「上のD」がギリギリ、
金切り声のように出るか出ないか。

 

毎日のようにアレサの声に合わせて歌い、

ピアノに向かって発声練習を試み、

リハーサルで、力一杯チャレンジし・・・

 

それでも、裏声になってしまったり、
全く届かないで割れてしまったりと、
かすりもしなかった「上のF」。

 

それがなんと、ライブ本番中、
その曲のパフォーマンス中に、
いきなり、しかも、気持ちよく、
ポ〜〜〜ンと出たのです。

一瞬、自分でもなにが起こったのかわかりませんでした。

「え?」と驚くくらい、
その声はパキ〜ンと抜ける、
小気味いいような高音&シャウトでした。

 

それまで、一度でも出ていた声なら、
「火事場のバカヂカラ説」も通用するでしょうが、
何しろ、かすりもしなかった声。

それがなんと、完璧なクオリティで出た・・・・。

 

何度振り返っても、どうやって出したのか、
どんな力加減で出せたのか、まったく思い出せません。
言えることは、ただ・・・

いつか、なんとしても出したいと思っていた。
ものすごく聞き込んだ。
めっちゃマネ(しようと)した。
何度も何度も練習した。
あの手この手で失敗を繰り返した。

そして、本番、ままよと、
すべてを忘れて、歌に集中した。。。。

 

練習の成果はちょっとずつ上がるとは限りません。

脳は、カラダは、
どんなに練習しても、
ず〜〜っとレベル0のまま、
こちらのやる気と本気を試してきます。

さまざまな神経系と筋肉系のコネクションは、
あっちへ行ったり、こっちへ行ったり、
目的のカラダの動きを引き出そうとあの手この手でがんばります。

 

どんな機械でも、線がたった1本繋がっていないだけで、
目的のスイッチは入りません。

あと数ミリ、線を伸ばすだけ、
あと数ミリ、左に寄せるだけ・・・

あと数ミリですべての回路がONになるかもしれない。

そして、それは、次の瞬間かもしれない。

試行錯誤の積み重ねがなければ、
その「瞬間」は訪れません。

 

試行錯誤の途中であきらめてしまっても、
けして、その「瞬間」に出会えません。

最後の線が繋がる瞬間。

なんの成果も出ていないように見えても、
確実にその瞬間は近づいています。

そう信じて、
ただ、ただ、積み重ねるしかないのです。

 

22853969 - he� got creative soul. handsome young men playing piano and singing

コアでマニアックなネタをお届けする、ヴォイトレ・マガジン『声出していこうっ!me.』
購読はこちらから。

 - 「イマイチ」脱却!練習法&学習法

  関連記事

16658537_s
自分自身のフィードバックシステムを磨く

オープンレッスン12、全6日間の3日目が終了しました。   発声と歌の …

36301138 - elegant young female singer in black dress smiling holding golden vintage microphone, live performance, concert, unrecognizable person, close up, focus on mic, copy space
ちゃんと鳴らす!

ヴォーカルのテクニックのひとつに、 「息混じりに歌う」というのがあります。 基本 …

11590885_s
「宝物」と呼べる情報、いくつ持っていますか?

「この写真は19〇×年の△△コンサートのやつだね。 持ってるギターが○○で、ピッ …

28862310_s
50分の2の法則

「世の中の“おもしろいヤツ”、“デキるヤツ”の存在確率は50分の2である。」 高 …

22102673_s
「自分の声の地図」を描く

「あなたの音域はどこから、どこまで?」 「え?」 「高い方はどこまで出るの?下は …

19575528_s
理屈は後付け。

先日の『イケてないロック・ヴォーカルは、なぜイケてないのか?』、 たくさんの方に …

29570272_s
「最後に頼りになるのは自分の耳!」って、言いたい。

世の中には、耳のいい人というのはいるものです。   バンドがどんがらが …

17386602_s
自己表現のための”自分アバター化作戦”

かつて、ハワイ出身の日系アメリカ人女性シンガーに、 英詞の提供をしたことがありま …

14664495_s
耳で聞くのではない。脳で聞くのだよ、明智くん。

少し前、まずオケを聴け!歌うのはそれからだ!という記事で 歌のピッチやリズムが悪 …

12080333 - dog playing the piano,white background.
「習うより慣れろ」vs「慣れるより習え」

「歌なんか習う必要ないでしょ? かえって個性殺されちゃうから、やめた方がいいよ。 …