大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

アドリブ上達の唯一の方法

   

「音程感のないアドリブをやるくらいだったら、
素直にストレートメロディだけ歌っていた方がいい。」

学生に口が酸っぱくなるほど言っていることばです。

 

以前、『アドリブは「テキトーに演る」ということとは全然違う。』
というポストでも書いたように、

アドリブのそもそもの目的は、
パフォーマーが自分のアイデンティティや感情を表現したり、
演奏をより華やかにしたりするためのもので、

わざわざメロディを崩すことでも、
とりあえず音の間を埋めることでもありません。

 

アドリブが苦手という人に、
「アドリブってどうやったらいいんですか?」、
という質問を受けることがあります。

 

私自身は、スケールやコードプログレッションなどのような、
理論はさっぱりです。
 

そういうアプローチでアドリブをする人は、
楽器の人などにはいるかも知れませんが、
 
ロックやポップス、R&B系のヴォーカリストには希でしょう。
 

だからといって、
「楽器の音をよく聞いて、気持ちよく、自由に歌えばいいのよ」
などというような、
「だからぁ・・・それって、どうやるんですか〜?」的な、答えでは先生失格。
 

それで、
「とにかく、フレーズを貯金すること。」とお答えしています。

 

つまり、まぁ、なんと言っても、
さまざまな人のアドリブをコピーするのに尽きるわけですが、

それだけでは、なかなか実践につなげられないかもしれません。

 

では、コピー以外、具体的に、なにをしたらいいのでしょう。

 

 

ポイントは、「作曲をするように歌うこと」。

 

コード進行があって、そこに自由にメロディを乗せる、
という方法で曲をつくったことがあるでしょうか?
 

今までやったことがないという人は、
これを機会に、挑戦してみましょう。
 

例えば、コードがひとつだけの、「ワンコード」でも、
乗せられるメロディは無数にあります。

リズムが変われば、ハマるフレーズも変わります。

ゆったりのテンポでも、
ビートを刻んで、音やことばを詰め込んでみたり、

反対に速いテンポでも、
白玉で大きく乗ってみたり。

 

演奏されている楽器の弾き方によっても、
ハマるメロディーは変わってきます。
 
その時ギターはなにをやっているか?
ベースはどうか?
キーボードは?
ドラムは?
 
楽器の奏でるフレーズにインスピレーションをもらって、
新たなアプローチが思い浮かぶことも多々あります。
 

まずはワンコードのバッキングに乗せて、
自由に歌ってみる練習からはじめましょう。
 

ありもののワンコードの曲の一部をリピートしてつかってもいいですし、
バンド仲間に頼んで演奏してもらってもいいでしょう。

 

ミディアム、アップ、スローと、さまざまなテンポに挑戦します。
 

リズムも、8ビート、16ビート、3連などなど、
さまざまなバリエーションを試します。
 
そうして、何度も録音し、それらをプレイバックして、
使えそうなフレーズがあったら、
その精度をひとつひとつ、丁寧に上げていくのです。
 

ピアノでちゃんと音を確認して、
ピッチがあたっていないものは、当たるまで練習します。
 

ビートもしっかりハマるまで、練習を繰り返します。

 

そうした「つかえるフレーズ」をいくつも持つことこそが、
アドリブ上達の唯一の方法です。

 

堅苦しいルールはありません。
どんなメロディでいいのです。
 

ワンコードに慣れたら、
次はシンプルなコード進行のバッキングで。
 
さらに、複雑なコード進行で。
 
やりはじめれば、こんなに楽しい練習はありません。

 

やがて、そうしたフレーズがたまってきた頃に、
どんな演奏にも自由に乗れる感覚がつかめてくるものです。

 

「自由」を手に入れるには、いつだって代価が必要。
 

恐れず、挑戦するのみです。

 

 

7192781 - teen girl singing

15日(水)発行予定ヴォイトレ・マガジン『声出していこうっ!me.』では、アドリブのためのコピーについて、さらにマニアックに語る予定です。
バックナンバーも読めますので、ご興味のある方は登録してくださいね。購読はこちらから。

 - 「イマイチ」脱却!練習法&学習法

  関連記事

「私のカラダはギターには向いていないんだ・・・」

高校時代、ギターリストを目差していた頃のお話。 クラプトンに憧れて、黒いストラト …

何年「基礎練習」するよりも、1回の「本番」

何年「基礎練習」をするよりも、一回の「本番」がパフォーマーを上達させる。 &nb …

no image
「一音」にこだわる

「とりあえず、ラララで歌って。」 歌の練習で、一番最初にするのは、 歌詞も曲想も …

とにかく歌う。毎日歌う。それを続ける。

生まれて初めて包丁を持つときは誰だって、 なんのことはない作業、 例えば、単に「 …

「なぜだろう?」の先に、進歩がある。

「なぜだろう?」   楽器も歌もパフォーマンスも、いや、おそらく、どん …

「曲を知らなければ演奏できない」

「曲を知らなければ演奏できない」   当たり前のことのようですが、 こ …

高揚感を抱えて眠れ〜LIVEの夜の過ごし方〜

演奏者がLIVE終了後にどんな気分でステージを降りるかは、 ミュージシャンの性格 …

ちゃんと鳴らす!

ヴォーカルのテクニックのひとつに、 「息混じりに歌う」というのがあります。 基本 …

伸び悩んだらやるべき3つのこと

長い音楽人生。 「伸び悩む時期」は何度も訪れます。 技術の伸び悩み。 キャリアの …

ボイストレーナーなんかいらない自分になる。

『ダイジェスト版MTL voice&vocal オープンレッスン12』が …