大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

ヴォーカリストのための「練習の3つのコツ」

   

プライベートレッスンでも、MTL12でも、そして音大でも、

クライアントやアーティスト、学生たちに、
歌の上達のコツとして、一貫して伝えていることは、3つだけです。

 

あちこちで、繰り返し伝えていることですが、
今日は、こちらで改めて、解説つきでおさらいしておきたいと思います。

 

1.いろんな要素をダンゴにして考えない。

歌の要素には、メロディ、リズム、そして歌詞があります。

ひとつひとつ、バラバラにやってもうまくできないなら、
一緒にやって、うまくできるわけはありません。

間違ったものは、いくつ集めても、やっぱり間違いなのです。

メロディはメロディ、リズムはリズム、歌詞は歌詞。

ひとつずつ、バラバラに練習しましょう。

「そんなものは歌じゃない」「楽しくない」と感じるでしょうか?

こういうマニアックな練習に楽しさが見つけられるようになると、
ぐっと上達するものです。

 

2.ゆっくりやってもできないことは、速くやったらなおさらできない。

フレーズが速くて歌えない。
ラップなどでことばがカミカミになる。
音飛びが難しくて、外れてしまう。。。etc.

そんな風に言う人に限って、
そのままのテンポで、ムキになって、何度も練習しようとします。

ところが、「じゃ、ちょっとゆっくりやってみよう」と、
テンポをがっつり下げて、
アカペラで歌わせてみても、実は、カミカミのシャバラバ。

リズムがところどころ突っ込んだり、
そもそもメロがわかってなかったり、
ことばのカツゼツそのものが悪かったり・・・

 

ゆっくりやってもできないことは、
速くやったらなおさらできないのです。

テンポを下げて、ゆっくり、練習しましょう。

大事なことは一定のテンポで歌えるようになること。
「できないから、ところどころ、テンポがゆっくりになってしまう」のではダメです。

 

一定のテンポで、つかえずに演奏できるテンポが、
今の自分の適性テンポと心得て、
その適性テンポを上げられるように練習すべきです。

 

3.理解できなければ、どんなに練習しても精度はあがらない。

自分が歌おうとしているのは、なんの音なのか。
オケやコードに対して、どんなサウンドなのか。

どんなリズムを歌おうとしているのか。
音のひとつひとつを、どんなハマリ、どんなビートで歌うのか。

音の長さはどうなのか。

グルーヴやダイナミクスはどうなのか。

ことばの意味はどうなのか。
どんな思いで綴られているのか。
頭で考えなくても、それらを的確に感じ取れて、
「わかる」なら、それが最高です。

しかし、

なにがなんだかわかんないけど、とにかく難しい。
なにやってんのかさっぱりわかんない。

そんな、腑に落ちない状態のまま、
やみくもに、とりあえず練習しても、精度はあがりません。

 

理解できるまで解析、分析すること。

遠回りに見えて、実は、それこそが最短の道のりであり、
最高の結果を出せる方法なのです。

 

 

いかがでしょうか?

練習の目的は、

ピッチが・・・とか、
リズムが・・・とか、
カツゼツが・・・とか、

そういう「雑念」から自由になって、

自分の思いやメッセージ、
そして、聞く人も、演奏する人も心地よいサウンドを
思う存分表現できるようになること。

 

 

歌を届ける、その瞬間まで、修行は続くのです。

19501637 - man playing the piano

今夜発行(予定)のヴォイトレ・マガジン『声出していこうっ!me.』では、【アドリブ上達のための完コピのヒント】をお届けします。バックナンバーも読めますので、ご興味のある方は登録してくださいね。購読はこちらから。

 - The プロフェッショナル, 「イマイチ」脱却!練習法&学習法

  関連記事

無限大に見える作業量を前に、ひるんだら負けだ!

洋楽のカバーを歌う、英語の苦手な学生たちに、 英語の発音指導をすることがあります …

no image
なくて七癖、カツゼツ編

自分の発音のクセ、知っていますか? 方言やアクセントの話ではありません。 50音 …

「本番の女神」はベストを尽くした者だけに微笑む

「本番に突然、今まで出なかった高音が、ぽーんと出た。」 「思いがけないカッコいい …

がんばれないのは「ご褒美設定」がうまく行っていないから。

誰だって、がんばってもがんばっても、なんのご褒美のない、 不毛な努力はできないも …

リズム感が悪いと言われたら「発声を見直す」!

「リズムが悪い」と言われたら、 誰もが真っ先に試みるのは・・・ 1.ドンカマやド …

音楽家なら必ず鍛えたい「耳」のお話

耳を鍛えることは、 曲を理解する上でも、楽器や歌の技術や表現力を磨くためにも、 …

バンド・メンバーの選び方と、 そのメリットデメリット

友達と意気投合して、生まれて初めて組んだバンドが、 どかんと売れて、人気もバンド …

最終判断は「直感」!

「ここまで歌えるようになったら、最低限の準備は整った」 「今の自分が歌える最高レ …

You can never have too many guitars?

“You can never have too many guita …

「選ばれる基準」

「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」とは、 日本の最高額紙幣に印刷され …