大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「500円玉大の打点」を求めて、今日も声出していこうっ。

   

先日、よくご一緒する、某有名ドラマーの楽器の前に座らせてもらう機会がありました。
 

まぁ、以前から、薄々気がついてはいたのですが、
今回、彼のセットをまじまじと見て確信したこと。

 

あのね。
スネアのヘッドがめっちゃキレイなんです。
 

高校時代からスタジオというものに出入りして、
それなりにいろんなドラムセットを見て来ましたが、

そして、プロといわれる方のドラムも、
それなりに拝見してきましたが、

その方のスネアのヘッドのキレイさ、ピカイチです。

 

どうキレイなのかというと、
打点がめちゃくちゃ狭い。

そうですね、500円玉大くらいしか、汚れてない、
すり減っていないのです。

つまり、どういうことかと言うと、
 

どんなに速い曲でも、
どんなに音量の大きな曲でも、
常に、的確に、その500円玉の中をヒットしているということ。
 

だから音色が均一で、動きにも全く無駄がない。
余計なブレが出ないから、音がスコンと抜けてくる。

名人だからこそ、できる技です。

 

ヴォーカリストたちに常日頃、
 
「100回歌っても、100回同じクオリティの声を出せるのがプロ。」
と言っています。
 

もちろん理想論です。
実際にはその確率はもっとずっと低いでしょう。
 

しかし、プロと呼ばれるなら、
限りなくこの確率を100%に近づける努力は続けたい。
 

さっきはいい声出てたのに、
ごはん食べたら急に声が曇っちゃった。
 
昨日はパキンと高音抜けたのに、
今日は全然出ない。。。
 
そんな人に安心して仕事をまかせられません。

 

まして、この確率が低ければ、
自分自身、歌う事自体が不安この上ないでしょう。
 
出るのか出ないのか、出してみないとわからない。
不安定で、行き当たりばったりの声しか出ない。。。
 
そんな不安定さをなくすには、
声の打点を定めて、常に同じクオリティの声を出す練習は不可欠です。

 

 

同じ音を同じクオリティで何度も出す、という地味な練習。
 
自分の声が響くポイントを変えないように、
声が揺れないように、
音色が変わらないように、
ピッチがよれないように、
 
たったひとつの、「500円玉大の打点」を求めて、
何度も声を出してみる。

 

 

そんな地味で、オタッキーな練習を、
飽きず、腐らず、あきらめず続けた人だけが、
名人と呼ばれるようになるのですね。

43842126 - young cheerful girl behind drums on a rehearsal

29日発行(予定)のヴォイトレ・マガジン『声出していこうっ!me.』では、【100回同じクオリティの声を出すコツ】をお届けします。バックナンバーも読めますので、ご興味のある方は登録してくださいね。購読はこちらから。

 

 

 - The プロフェッショナル

  関連記事

説明不要。ダメ出し無用。

「う〜ん。イマイチだなぁ。。。他にないの?」 アイディアや歌詞、曲デモなどを提出 …

「送り手」になりたかったら、「受け手」と同じことをしていたのではダメです。

「歌が好きだから、毎日歌っているんですよ」という人は、たくさんいます。 毎週のよ …

挑戦か?ブランドか?

  従来のイメージを守り続けるか? それとも挑戦するか? アーティスト …

オリジナリティは模倣から生まれる

オリジナリティって、どんなことをいうのだろう・・・? そんなことを考えています。 …

「音楽はひとりではできない」の本当の意味

サポート・コーラスのお仕事で日本全国をツアーしていた頃。 ツアー先の地方の会館に …

「今日はノドの調子が悪くて・・・」

誰にだってのどの調子の悪いときというのはあります。 どんなに気をつけていても、あ …

慣れたらあかん!

「習うより慣れろ」ということわざがあります。 意味は、 「人や本から教わるよりも …

「想像力の限界」を認める

「ある程度、想像がつくこと」と「想像を越えること」の間には、 「経験」という決定 …

「真っ白な灰」に、なりますか?

リングの上で真っ白な灰になった、『あしたのジョー』。 命を賭けられるほどのものに …

そのパフォーマンスはレコーディングに耐えうるか?

レコーディング・クオリティというと、 通常、録音のクオリティを差すことが多いので …