大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

エネルギーのピークは本番に持っていく

      2017/04/01

「歌う当日って、どんなことを心がけたらいいですか?」
という質問をよく受けます。

 

歌うことは運動ですから、

最低、歌う3時間前に起きなさいとか、

お風呂入ったりストレッチしたりして、血行をよくしなさいとか、

歌う1時間半前くらいまでには食事を終えなさい、
消化にいい物だけを食べなさいとか、

・・・まぁ、アスリートにするような注意をするわけですが、

 

私が最も口を酸っぱくして言っているのは、

「歌いすぎるな」ということ。

 

不安なのか、
それとも、たくさん練習した方がいい結果が出る気がするのか、
とにかく直前までめいっぱいリハーサルをしたがる人が多い。

前日のリハーサルも、あまりお勧めしませんが、

学生の中には、ライブの当日にスタジオ取ってる子たちまでいます。

 

さらにありがちなのは、

会場に入って、本番前のリハーサルで、
本気で声を出してしまうこと。

会場が大きくて気持ちいいし、
モニターから自分の声がよく聞こえるし、
まわりに人がたくさんいて、テンション上がるし、

ちょっといいとこ見せたいという気持ちも手伝って、
本番さながらの勢いで歌ってしまう。。。

 

ノドの強い人ならそれもいいでしょうが、

リハでがっつり歌っちゃってるたいがいの人は、
本番で声が残念なことになりがちです。

 

一番いい声を聞かせなくちゃいけないのは本番。

 

朝から張り切りすぎたり、
リハであんまりパワーをつかっちゃうと、
肝心の本番で集中力がとぎれたり、
疲れてしまったりするものです。

 

もっと言うと、

本番で、ここ一番のオーラを出すためには、
リハーサルで、エネルギーを出しちゃダメなんです。

 

ことばや歌には魂が乗ります。

どんなに体力がある人でも、
精神力の強い人でも、

その日使える「歌のエネルギー」には、
どうやら限りがあるよう。

リハや、本番前に楽屋で盛り上がり過ぎれば、
そのエネルギーレベルはひゅ〜っと落ちてしまう。

 

 

ベテランになるほど、そのことがよくわかっていて、
リハなどでは、力を抜いて、
声の調整やモニター調整をするくらいにとどめているもの。

 

エネルギーのピークは本番に持っていく。
慣れるまでは少々コツがいりますが、
心がけるだけでずいぶん結果が変わってくるはずですよ。

6409951 - man conducting at a rehearsal

コアでマニアックなネタを中心に不定期にお届けしているヴォイトレ・マガジン『声出していこうっ!me.』
購読はこちらから。

 - Live! Live! Live!, The プロフェッショナル

  関連記事

「観客総立ち」を演出するプロの仕掛け

先日、キャロル・キングのケネディー・センター名誉賞をたたえて、 アレサ・フランク …

「選ばれる基準」

「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」とは、 日本の最高額紙幣に印刷され …

タフであること。 楽天的であること。 そして適度に鈍感であること。

少し前のこと。 とあるアーティストの子が、こんなことを言っていました。 「悪口を …

挑戦か?ブランドか?

  従来のイメージを守り続けるか? それとも挑戦するか? アーティスト …

熱意とか、負けん気とか、激しさとか、悔しさとか。

MTL Live2017、大盛況の元に終了いたしました。 ご参加いただいたみなさ …

no image
戦略的に自分というブランドを作る

この数年、ビジネスというアウェイなフィールドでたくさんの方に出会ったり、 いろい …

「その気」にさせてくださる?

代理店のプロデューサーアシスタントをしていた時代、 ヨーロッパ向けCMのレコーデ …

バッファーをとる

ビジネス用語として最近よく使われる、「バッファー」ということば。 「緩衝」つまり …

1度きり、しかも1曲だけしかチャンスをもらえないとしたら?

「ちょっと歌ってみて」   長年自分の歌を認めて欲しいと思っていた人に …

人は生涯に、何曲、覚えられるのか?

優れた作曲家、アレンジャー、プレイヤー、 そして、ヴォーカリストの多くが、 びっ …