大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

自分をつかって「人体実験」をしないこと

   

1964年に行われた「断眠実験」というのを
聞いたことがあるでしょうか?

 

17才の高校生が睡眠研究で有名なスタンフォード大学の教授の立ち会いの下で、なんと264時間(11日間)を不眠で過ごしたというもの。

 

彼は4日目に誇大妄想、6日目に幻覚、9日目には視力低下や被害妄想、最終日頃には極度の記憶障害などを経験したそうです。

実験終了後、15時間ほどの睡眠の後には
すべてが回復し後遺症も残らなかったと言われていますが、

その後、その危険性を考慮し、
ギネスは「断眠時間」を認定するのをやめたそうです。

 

人間というのは馬鹿なことをするものですなぁ。

 

『スーパーサイズミー』というドキュメンタリー映画を
知っていますか?
「1日3回X30日間、マクドナルドのみで食事をし続けたらどうなるか?」という実験を、監督のモーガン・スパーロック自身が、自らの健康を犠牲にして行ったことで有名です。

33才だった彼の体重は1ヶ月で11キロも増え、
躁うつや性欲減退、肝臓の炎症などを経験したそうです。

 

わかるやろ?

やらなくても。。。

 

人は、「がんばれば」なんとかなると思う。

自分のカラダをちょっぴり犠牲にして、
「がんばる」ことに意義を見出す。

 

実験や、ドキュメンタリーレベルで、
自分のカラダの酷使をしているアーティストたち、
シンガーたちが多すぎると、実は感じています。

 

朝一で地方へ移動。
リハーサルからコンサートを経て、東京へ直帰。
そのまま夜通しテレビ収録。
翌日は朝から撮影。
合間を見て、打ち合わせと曲づくり。
夜中に終了し、翌日は朝からレコーディング。。。

とあるアーティストの3日間のスケジュールです。

一時のことならまだしも、
これが、延々と、1年中続いているような人もいます。

 

全国ツアーを回っている最中に次のアルバムの制作、
レコーディング、プロモーション準備・・・

そんな話を、日常的に耳にします。

売れている証拠、と言われれば、
なるほど、そうでしょう。

 

すべて車移動で全国ツアー&車中泊、
ライブ後の移動時間4〜5時間は当たり前、
という過酷なツアーをしている人たちもたくさんいます。

 

気力も体力も充実していて、
自分たちで望んでスケジュールを組み、
精力的に活動している子たちは、
もちろん、それでいいでしょう。

 

心配なのは、ファンやスタッフに期待され、
体力も気力もめいっぱいなのに
アドレナリンを出し続けて、無理を続ける状態のとき。

 

無理を続ければ、やがて、歪みが出てきます。

拒食症や過食症になったり、
ドラッグやアルコールに走ったり、

発声障害、ポリープ、結節などの声の症状、
難聴などの耳の症状、

不眠や鬱に悩む人もいます。

 

取り返しのつかないことになるまで、
本人も、スタッフも、
「仕方ないよね」とがんばり続ける。

 

人にはいつか、限界がやってくるのです。

 

冒頭の断眠実験の高校生は、
自ら望んでやったことでしたが、

もちろん、この実験の前には、多くの動物実験が行われ、
たくさんの可哀想なラットの命を奪っています。

 

カラダの声をきちんと聞く。

その声に従う勇気を持つ。

 

 

歌えなくなって、
聞こえなくなって、

後悔するときは、いつだって遅いんです。

 

28日頃に発行予定のヴォイトレ・マガジン『声出していこうっ!me.』では、【自分のカラダの声を聞くためのヒント】をお届けします。バックナンバーも読めますので、ご興味のある方は登録してくださいね。購読はこちらから。

 

 - カラダとノドのお話, クライアントさんたち

  関連記事

体調管理も仕事のうち!

「体調管理も仕事のうち」 ボーカリストやパフォーマーでなくても、仕事を持っている …

体重計に乗っていますか?

先日亡くなった、お友達であり、ボイストレーナーの小島恵理さん。 ヤマハ音楽院のレ …

「カラダが硬い」を放置しちゃダメです!

カラダの柔らかい人は、ストレッチをすると気持ちがいい。 だから、頻繁にストレッチ …

「いい音を出すには、ある程度の音量が必要だ!」とかって言いますけどね・・・。

「いい音を出すには、ある程度の音量が必要だ」 ロックギターリストが口をそろえて言 …

「ヴォーカリストはまず姿勢!」の本当の意味

「MISUMI先生は、姿勢、姿勢っておっしゃるんですけど、 姿勢をよくする意味っ …

no image
MTLブック、ついにデビュー!

・・・といっても、出版するわけではありません。 ず〜〜っと前から、我が家にやって …

いつもベストな状態でパフォーマンスしたいなら

声の調子が悪いというと、のど飴をなめる。 目の調子が悪いといえば、目薬をつける。 …

アイドルは一日にして成らず

「しかし、へったくそだなぁ。。。。」   音楽好きの父は、本当に歌手に …

no image
めんどくさいけど大事な「呼吸の話」

今日はちょっとマニアックに呼吸のお話をしましょう。 肺はあばら骨の中いっぱい、左 …

声の変化と向き合う vol.1〜発声は運動、歌うことはスポーツです〜

「年のせいか、高い声が出なくなっちゃって。。。」 「私、最近声が枯れてきちゃった …