大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

バンド軟派、する?

   

「ねぇ、彼女ぉ〜、お茶しなぁ〜い??」

と、街中で女の子に声をかけることを
「ナンパする」といいますが、
(今も、言いますよね・・・?)

 

「ねぇ、彼女ぉ〜、一緒にバンドやんな〜い?」
と誘うことを、「バンド軟派する」と言っています。

 

「よくナンパされる」という子が、
やっぱり、目立つ子だったり、女の子らしかったり、
美人だったりするように、

 

「よくバンド軟派される」というプレイヤーには、
やっぱり、共通点があるようです。

 

今日は、ゆるゆる、あるあるネタとして、

バンド軟派されやすいタイプと、
そうでもないタイプについて、
思いつくまま、ランダムにお届けいたします。

 

まず、パートで言うと、
ギターリストは最も、バンド軟派の対象になりにくいもの。

なんと言っても、その人口の多さもありますが、
バンドのカラーを決めてしまうという存在感の大きさもあります。

ギターリストが、
誰かをバンド軟派するというのは、よく見かけますが、
 
よほどのテクニシャンで、
しかも、それほど個性の強くないタイプであるか、
誰かと運命的な出会いをするのかでもない限り、
なかなかその反対はないようです。

 

反対によくバンド軟派されているのはドラマー。

人口の少なさと、
そして、アイデンティティが前に出にくいパートだからでしょうか?

 

バンド軟派でモテる人は、まず基本、

○テクニックがある
○対応力がある
○性格がいい

の3つは確実に押さえています。

さらに、

○プレイに人を惹き付ける魅力がある
○グルーヴがいい
○ルックスがいい

などが加わると、だんだんとモテモテの域に入ります。

「プレイの魅力」と言えば、
音色、表現力、ダイナミックさ、パフォーマンスなどなど。
 
特に、ヴォーカリストはバンドの顔ですから、
 
単にいい声というのでなく、
声に魅力や説得力がある、
聞く人の気持ちを揺さぶるパフォーマンスができる、
・・・などの要素があるほど、
バンド軟派の対象になるようです。

 

さて。

バンド軟派されない人は、その理由もさまざまです。
 
バンド軟派されにくい理由は、
けしてネガティブなことばかりではありません。
 
○個性が強い
○目的意識がはっきりしている
○飛び抜けて目立つ
 
ヴォーカリストは例外ですが、基本的に、
人は、自分より目立つ人をバンドに誘いたくないものです。
 
自分をしっかり持っていて、
ぶつかるのが目に見えている人や、
 
バンドなんかに誘ったら、
一蹴されてしまいそうな空気感を出している人は、
やっぱり誘われません。
 
そんな人は、自分が「バンド軟派」して、
自分のプロジェクトを立ち上げるしかないですね。

 

もちろん、ネガティブな理由としては、
 
○単純にテクニックがない
○飛び抜けた魅力がない
○アクが強すぎる
○性格がイマイチ
○ルックスがイマイチ
・・・etc.などもありますが、
 

そういうことにフォーカスし過ぎて、
自信が持てず、一生バンドができないなんて、
もったいないことです。

 

バンドに誘われたいのに、
なんか、誘われないなぁと思ったら、
まず、自分からバンド軟派をする!

 

バンド軟派を繰り返し、
いっぱいバンドやライブを経験するうちに、
イマイチだった自分もどんどん磨かれてゆくものですよ。

 

コアでマニアックなネタを中心に不定期にお届けしているヴォイトレ・マガジン『声出していこうっ!me.』購読はこちらから。

 

 - バンド!

  関連記事

バンド・メンバーの選び方と、 そのメリットデメリット

友達と意気投合して、生まれて初めて組んだバンドが、 どかんと売れて、人気もバンド …

人生で大事なことは、みんなバンドから教わった

バンドって、うまく行ってるときは、 「これほど素敵なものはない!」と思えるくらい …

大事なのは「生きて行きやすいように自分を変える」ことだろうか?

高校1年の初夏のこと。 女子高の同級生たちと、 生まれて初めて「バンドを組もう! …

「一点集中力」vs.「俯瞰集中力」

ミュージシャン、アクターに限らず、 スポーツマン、タレントから、講演家まで、 人 …

「いい音を出すには、ある程度の音量が必要だ!」とかって言いますけどね・・・。

「いい音を出すには、ある程度の音量が必要だ」 ロックギターリストが口をそろえて言 …