大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「無理」って言うな!

      2017/05/31

「限界」は自分が設定するもの。

 

これが、かれこれ、半世紀ほど人間をやってきて、
私がたどりついた結論です。

 

 

いやいや。

「心の底から信じれば、どんなことでも現実化する」、
なんて、ニューエイジ的な考え方を、
闇雲に信じているわけではありません。

 

どんなに思い込んだって、念じたって、
無理なものは無理。

それは「限界」ではなく、
自分にとっての「夢想」でしかありません。

 

しかし、自らが望んで歩んでいるはずの道の上で、

早々に「限界」を設定するのは、
怠惰以外のなにものでもないのではないか?

 

キーが高すぎて歌えない。

歌詞なんか覚えられない。

そんなリズム、血にない。

日本人なんだから、英語を完璧に発音なんかできない。

今さら耳なんか鍛えられるわけがない。

・・・etc.etc….

 

 

 

「無理」と言ってしまえば、なんだって「無理」。

それ以上の努力も、工夫も、研究も、
すべて放棄して、

自分を哀れんだり、嫌いになったりする、
そのくせ、ちょっとほっとしたりするための、
魔法のことばです。

 

努力は、いつだって、「限界」の先にあります。

ことばを変えれば、
「限界」と感じるまでは、
ただ普通に、好きだから、やりたいから、
やっているだけなのかもしれません。

 

だから、壁にぶち当たったときに、
初めて自分という人間が試される。

いくつもの壁を越えたものだけが、
道を究めることができる。

 

「無理」とその先の努力を回避するなら、
何をやっても、結局、
ひとつのことを極められないヤツで終わるのです。

 

反対に、「絶対にやる」と決意すれば、

できる方法を考える、

できるまで食らいつく、

一緒にやってくれる人を見つける・・・などなど、

やれることはいくらでもあるはずです。

 

 

 

「無理」と感じたときこそがチャンス。
その壁を越えたときこそ、
その他大勢の人たちとは、ひと味もふた味も違う世界が見られる。

 

そう信じて、今日も「無理」を飲み込み、
進ムノデス。

コアでマニアックなネタを中心に不定期にお届けしているヴォイトレ・マガジン『声出していこうっ!me.』購読はこちらから。

 - Life, 夢を叶える

  関連記事

幽霊会員ビジネス?

これまで通ったジムやダンススクールの数は、 15〜20の間というところ。 この年 …

音楽環境が人をつくるのか。 人が音楽環境を選ぶのか。

今はもうすっかりおとなの甥っ子が、幼稚園生だった頃の話です。 アニメ関係の仕事を …

迷ったら「続ける」、迷ったら「始める」

「今の仕事を続けていても、なんにもならないんじゃないか?」 「この人間関係を続け …

まだやれるから悔しい。 まだ行けるから苦しい。

音楽で食べていかれるかどうか。 そんなことを本気で心配し始めるのは、 大学や音楽 …

ウサギとカメはどっちがすごい?

私の生涯の夢のひとつに、 「徒競走で旗の下に座りたい」というのがあります。 笑え …

「本気で好き」ということ。

「歌が好きなんです。 本気でシンガーになりたいんです。」 そんなことばを聞くたび …

「99人が同じ方向に行っても、お前は自分の頭で動け。」

『小学校の時、クラス全員でいたずらをして、大問題になったことがある。父に「なぜや …

絶望的に長い年月、積み重ねる「少しずつ」

こどもの頃好きだった忍者漫画で、 忍者の家に生まれたこどもは、ごく小さな頃から、 …

「明日っからがんばろう」の「明日」は一生来ない。

「明日っからダイエットしよう」 「明日っから練習がんばろう」 「明日っから早起き …

手っとり早く「オーラ」を身にまとう方法

「なんか、あの人、オーラがある。」 「あの人がいると、そこだけが輝いて見える。」 …