大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「あの頃は不便だったのよ」自慢

   

兄弟や友人に音楽通がいる人ならともかく、
昭和の時代に、
たったひとりで音楽を学んだり、
音楽の情報を集めたりするのは、
なかなかに忍耐と根性のいる仕事でした。

 

ラジオを聞く→曲と出会う→アーティストの名前を知る
→雑誌を読む(もしくは立ち読みする)
→レコードを借りる、または買う

だったり、

雑誌を読む→アーティストと出会う
→レコードを借りる、または買う、

だったり。
そのすべてをマメにやっている人でもない限り、

 

アーティストの名前と顔と声とが一致するなんてことは、
実に不可能な時代でした。

 

だってね。

動いているビートルズやボブ・ディランなんか、
映画館でしか、ちゃんと見たことなかったわけです。

 

「え〜?そんなバンドも知らないの?」

「もっと音楽聴かなくちゃだめだよ〜」

 

 

そんなことを言われて、

一体何を聞けばいいのか、
一体どうやったらいい音楽に出会うのか、

途方に暮れて、

かといって、お金もなかったあの頃・・・。

 

図書館に通っては、片っ端からレコードを借りたり、

友達に電話をかけて、根掘り葉掘り訊ねたり、

それらしいラジオをチェックしたり、

雑誌を立ち読みしたり・・・

 

そんな風に、地道に、地道に、
1曲1曲と出会い、
お気に入りの歌手やバンドを発掘してきました。

 

気に入ったレコードは、
カセットテープに次々録音し、
歌詞カードのコピーを取り・・・

とはいえ、
気に入ったレコードに歌詞カードがついていたことは実に希。

 

とことん時間をかけて、
それらしい歌詞を聴き取ったりもしました。

 

歌詞カードやライナーノーツが入っていれば、
そこそこアーティストの情報も知ることができたでしょうが、
そんなことも希。

名前と、たいがいハッキリ写っていないジャケットの顔写真だけで、
この人たちはどんな人たちなんだろうと、
それはそれは想像力を膨らませたものです。

そんなアーティストの名前が、
突然ラジオで囁かれたときの興奮。

そんなアーティストの写真を、
雑誌で見つけたときの喜び・・・。

 

そうそう。

なんとかうそくそでも、聞き取って歌っていた曲の歌詞カードを、
どこかで見つけて、答え合わせできたときの、
超絶なやった感というのもあったっけ・・・

 

あぁ、楽譜なんかも、
あちこちの楽器屋さんを歩き回って探して、
見つからなくって、
あんまり自信のない自分の耳を頼りに、
なんとか楽譜的なものをつくったりしたんだっけ。

よくわかる人に、ぼろくそ言われたり、
これまた、どこかで楽譜と出会って狂喜乱舞したり・・・
(そんな間違いだらけの譜面で練習したの?
と後年、ジェフ夫さんとかに、これまたぼろくそ言われるわけですが)

 

よいしょと、腰掛けて、
ぽぽんのぽんで、情報を取り出し邦題、
という今の時代とは覚醒の感があります。
若者たちに、「想像できないでしょ?」と
自慢げにいうこともありますが、

自分たちだって、今さら、想像できません。

 

大変だったのは情報を集めることばかりではなくて、
発信するのも一苦労でした。

 

だってね。

口コミを広めるのは、
文字通り、「人の口」以外なかったわけです。

 

まぁ、そんなこと言い出したら、
デモはカセットテープだったし、
デモのラベルは、プリントゴッコでつくったし、

フライヤーは手書き+写真の切り貼りをコピーして、
友達や、以前のお客さんに郵便で送ったし、
楽器屋さんやスタジオに配りまくったし・・・

 

あぁ、アナログでしたなぁ。。。

 

あれ?

今日はね。ホントは、

お手軽にどんな情報でも収集したり、
発信したりできるようになった若者たちの方が、
実は忙しくて。。。みたいなお話を書こうと思ったのに、

なんか、昭和ミュージシャンの回顧録みたいになっちゃった。

 

・・・たまには、いいでしょうか。
こんな、な〜んのためにもならないブログ(^^)

 - Life

  関連記事

シンプルでもいい。複雑でもいい。「生きる」を楽しむ。

学生時代、小笠原の父島という島を、 友人たちと共に自転車を担いで訪れたことがあり …

欲しい情報は、ありとあらゆるところにみつかる

「カラーバス効果」ということばをご存じでしょうか?   心理学用語で、 …

ノドをウィルスから守るためできる10のこと

東京の冬場の平均湿度は40~50% 。 そこまで低い数字と感じないかもしれません …

その瞬間、ちゃんと声出してますか?

一昨年の夏。満員電車の車内でのこと。 入口付近に、憔悴したようすのお年寄りが立っ …

風邪に克つ方法

普段、どんなに目の前でゲホゲホやられても、 「そんな風邪は絶対にうつらない」、と …

「モラハラ」に負けない思考法

「ブスが話しかけるんじゃね〜よ!」 さまざまなハラスメントの標的になっていた、か …

基本の「き」

なんか、フェイクがばしっと決まらない。 どうも、歌詞がカミカミになる。 いやはや …

旅の準備がさくさく進む「持ち物リスト」

「週末から『びぃた(旅)』なんだよね」 「オレなんか、8月は10日間『出っぱなし …

手っとり早く「オーラ」を身にまとう方法

「なんか、あの人、オーラがある。」 「あの人がいると、そこだけが輝いて見える。」 …

人は、他人のにおいに「敏感」かつ「不寛容」なもの。

「角の○○さんのご主人、若い頃はカッコよかったのよ。 ハワイアンバンドにいたらし …