大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

おとなになるって、素敵なことだぜ

   

おとなって、なんて純粋に音楽を追いかけるんだろう・・・

最近そんな風に感じるシーンに、何度も出会います。
忘れたつもりはないけれど、
知らぬ間に薄れつつある、
音楽へのパッションやひたむきさを、

今、社会人ミュージシャンたちが、
改めて私に教えてくれているかのようです。

音楽が胸を叩くような、あの焦燥を、

行き場のないエネルギーを、

暗闇の中を手探りで進むような、
ぞくぞくするような恐ろしさを、

ひとつひとつの血管から、
ほとばしりでるような情熱を、

来る日も、来る日も、
胸をかきむしるような苦しさと戦いながら、
鍵盤を叩き、歌い続けていた、あの頃の痛みを。。。

 

若かりし頃は、
年を取ったら自分の中の、
何かが死ぬのだと信じていました。

初めて手に入れた足のつま先が地面に触れるだけで、
燃えるような痛みを感じたという、
おとぎ話の人魚さながら、

自分を取り巻くすべてが、
苦しくて、苦しくて仕方ないくせに、

そんなデリケート過ぎる自分の感性が、
年齢や経験と共に失われていくことが怖かった。
「痛み」を失えば、音楽への情熱も薄れていくと、
感じていたのかも知れません。

 

「年を取ったって、答えなんか見つからない。
だから、私に答えを期待するのは、やめてくれない?」

と歌ったのはジャニスだったか。

 

どれほど経験を積んでも、
どんな人生を送ってきたとしても、

持って生まれたエネルギーの絶対量は、
たかだか20年、30年余計に生きたくらいで、
そう簡単に自分の肉体を解放してはくれません。

 

制約がある方がエネルギーが集中するのは、
高校の教室を牢獄のように窮屈に感じていた、あの頃とおなじ。

どんな役割を与えられていても、
どんな責任や義務を背負っていても、

自分自身はいつだって自由で、
なんだってできる。

望むことは何だってやってやる。

絶対の絶対にやり抜いてやる。

 

 

そんな想いを、情熱を、
社会人ミュージシャンのみなさんに、
たくさん、たくさんもらっています。

 

おとなになるって、素敵なことだぜ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ 9月9日(土)【MTL Live 12】MTLの文化祭&感謝祭、開催。

MTL Live 2017


◆ 9月30日(土)【第4期 MTLヴォイス & ヴォーカル レッスン12】開講決定!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コアでマニアックなネタを中心に不定期にお届けしているヴォイトレ・マガジン『声出していこうっ!me.』購読はこちらから。

 - Life, 音楽

  関連記事

才能ってなんだ?

こどもの頃から、カラダをつかって表現したり、 スポーツで才能を発揮したりしている …

「ケツかっちん」を利用する。

「ライブやりたいなら、とりあえず、小屋から押さえちゃえばいいのよっ!」 &nbs …

どうして私はがんばれない?

「なんか、最近、がんばれないんですよ〜。   がんばらなきゃいけないの …

「変化」を恐れずに生きる

10代の頃は、10代のうちに死にたいと思っていました。 10代が一番美しい。 穢 …

だから、嫌いなものは嫌い!

人の価値観はそれぞれです。 高くても、無理しても、 お気に入りのバッグを買いたい …

とりあえず、「ムカついたら怒る」

音楽のお仕事をしていると、実に数多くの人と接する機会があります。   …

「99人が同じ方向に行っても、お前は自分の頭で動け。」

『小学校の時、クラス全員でいたずらをして、大問題になったことがある。父に「なぜや …

ハリネズミのジレンマ〜「安心距離」に過敏にならない〜

そんなつもりじゃないのに・・・なんでわかってくれないんだろう? 一所懸命やってい …

ねつ造できない感動が、人の心を動かす。

How じゃなく、Why。 このブログでも幾度となく取り上げてきているこの命題は …

「誰かにまかせるなら100%その人を信頼すること」

愛犬の病気と死を通じて、さまざまなことを学びました。 昨年9月、悪性リンパ腫と診 …