大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

音楽の価値って?

   

「いやぁ〜、サードに針落とすとさぁ、
『移民の歌』のイントロの前に、うっすら聞こえる音がさぁ、
「始まるぞぉ〜」、みたいでゾクゾクしたんだよね〜。」

「『レイラ』の最後のピアノ、最初聞いたときは、なんじゃこりゃと思ったんだけど、だんだんくせになるよね〜」

 

なんのこっちゃと思う人も多いでしょうが、
ロックミュージシャンが集まると、
こんな話で大盛り上がりになった時代がありました。

みんなが共通言語としての音楽を持っていた時代。

音楽はコミュニケーションツールとしての役割も果たしていました。

 

最近は、音楽はもっぱら個人のもの。

好きな曲だけダウンロードして、
独自のプレイリストをつくって、
自分の好みの順番で聴きたい曲だけを聴く。
 
なんならお手軽にYoutubeやSpotifyで、
無料で次々新しい音楽を聴いていく。

 

「え〜?なんで、アルバム聞かなくちゃいけないんですか〜?」
 
好きなアーティストのアルバムというものを、
最初から最後まで聞いたことなんかないという、
スマホ世代の若者のことばです。

 

10年後、今流行の、どんな曲が名曲として残っているのか。
 
これから、ビートルズやストーンズのように、後世に名前を語り継がれるようなアーティストやバンドは、どうやって生まれてくるのか。
それとも生まれてこないのか。
 
この先、音楽ソフトの形態はどんな風になっていくのか。

 

受け手がどんなカタチで音楽を手に取ろうと、
創り手の、送り手のパッションは変わりません。
 
表現方法がどれほど多様になったとしても、
人間の心と、カラダと、声が音楽を創ることには、
何の変わりもない。
 
想いを音にしようという人間の、
「創作努力」の価値が下がることがあってはならない。

 

レコード屋さんでワクワクと新譜を手に入れるような時代はもう来ないかも知れません。
 
アーティストが作品に込めた想いのすべてを探るべく、アルバムジャケットをためつすがめつ、ステレオと向かい合ってレコードを聴くような時代も戻ってこないでしょう。

 

創り手、送り手、作品そのものに対するリスペクトや興味は、
このままどんどん薄れてしまうのか。
 
誰もが、作品に対する対価を払わずに音楽を楽しむようになったら、
現実的に、それでもなんでも、生活のすべてを、人生のすべてを、音楽に注げるという人が、一体どれだけいるだろう。
 
時代は逆行できません。
 
新しい時代に、新しいスタイルで音楽を楽しむオーディエンス。

今さら、罰則をつくったり、
後追いで細かい規約をつくって、お金を集められるのも、
なんかしっくりこない。

 

アーティストや業界人たちのためだけではなく、
音楽そのものの未来のために、
 
お賽銭箱にお賽銭を入れないでお参りをする人がいないのと同じような・・・
 
誰もが「対価を支払わなくちゃ」と感じるような、
音楽に対するきちんとした価値感がうまれるしくみ。

 

そんな、素敵なしくみ、きっと誰かが考えてくれるはず。
いや、きっとみんなで考えていけるはず。

 

その日まで、音楽家たちは、じっと堪え忍ぶしかなさそうです。

◆ 6日間12ユニットでヴォイス&ヴォーカルトレーニングのすべてを伝える、【第4期 MTLヴォイス & ヴォーカル レッスン12】お申し込み受付中。
◆週末発行のヴォイトレ・マガジンは、声や発声に興味のある方必見、「愛しの声帯様のお話」です。
MTL Online12から、トピックの関連映像を期間限定でごらんいただけるようにしました!購読はこちらから。

 - 音楽, 音楽業界・お金の話

  関連記事

「古い音楽は苦手で・・・」とか言うな!

ポピュラーミュージックが意味するものは時代によって違います。   ポピ …

「いつはじめるか」じゃない、 「いつまで続けるか」が重要なのだ。

「やっぱりピアノは幼稚園くらいからはじめないと、モノにならないわよ。」 &nbs …

この歌、どうして知らないの?

MTL定番の、 (そして、私自身が「ドS」と認定されるきっかけのひとつとなった) …

自分の「スタイル」を持つ

昔のミュージシャンは、ひとつのバンド、1枚のレコードを、 それはそれはこだわり抜 …

感情も情熱も当てにならない。システムなんかじゃ、いい音楽は生まれない。

感情には波がある。 情熱もやがて冷める。   だから、何事も継続するに …

「数字」に価値を見出す

先日たまたまYoutuberのヒカキンさんが、 「Youtuberって、要は、他 …

音楽をどうやって聴くか?

言いたかないけど、レコードの時代に音楽に目覚めた私。 その後、さまざまな音楽メデ …

「彼の演奏は完璧だ。だけど、彼の演奏はEmpty(空っぽ)なんだ。」

「この歌手は”お上手”過ぎて、面白くもなんともねーな。」 …

コンサートの楽しみ方は、ホントにいろいろ

仕事柄いろんなコンサート会場に足を運んできました。 その度に、コンサートの楽しみ …

人は、エネルギーに魅了されるのだ!

「音楽はエネルギー」     そんな風に考えています。 &n …