大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

めんどくさいけど大事な「呼吸の話」その2

      2016/07/10

さて、前回お話しした呼吸の話のつづきです。

今日もマニアックにお届けします(^^)

初めての方は、7月14日の投稿、『めんどくさいけど大事な「呼吸の話」』を先に読んでくださいね。

肺は風船と同じだとお話しました。

当然、上下だけでなく、前後左右にも広がります。

下に広がるときに活躍するのが、前回お話した「横隔膜」。

そして、前後左右に広がるときに活躍するのが、今日ご紹介する「肋間筋」です。

 

肋骨はカゴのようなもので、がちゃんと固定されていると考えている人、
とても多いのですが・・・さて?

はいっ。骸骨くんの登場です。(わくわく♪)
7825439_s

実は、肋骨=あばら骨は、背骨と胸骨にぶら下がっている、バラバラの骨。

この骨の間に、肋間筋という筋肉があって、胸の中のスペースを広げたり、狭めたりします。

(実際には内肋間筋、外肋間筋と2種類あるんですよ。マニアな方。念のため。)

 

この肋間筋が広がる力が、よく耳にする「声のささえ」をつくってくれるのです。
原理は至ってシンプルです。

横隔膜が上がるとき、肺を下から上にぎゅっと押し上げると、
息はどどっと一気に出てしまいます。

スクリーンショット 2014-07-19 11.04.51

ちょうど風船の出口を絞った部分にあたる、
声帯さまに、思いきり、強い呼気をぶつけることになります。

これでは、声はコントロールできません。
声帯さまに負担もかかる。
息も続かない。

いいことなしデス。

 

どんなに大きな声、高い声を出すときも、横隔膜を一気に絞り上げるのではなく、
優しく、コントロールしながら上げることはもちろん重要なことなのですが・・・

横隔膜と同じくらい大活躍するのが、肋間筋。

肋骨の間の筋肉が、えいっと踏ん張って、
肋骨を開き、胸を広げようとし続けることで、
呼吸はほどよい圧力、量、スピードを保つことができ、
呼吸のクオリティは黄金になるのです。

スクリーンショット 2014-07-19 10.47.00

まとめです。
歌う時のみならず、いい声を保とうとするときに大切なのは・・・

1下っ腹周辺筋肉を上手につかって、横隔膜の上がるスピードをコントロールすること。2.肋骨をしっかりと開いた状態に保つこと。

この2点は鉄板です。

原理はわかったけど、じゃあ、どうやってやればいいの?
・・・というお話はまた今度!

 - カラダとノドのお話

  関連記事

飲み会で声が枯れる理由

昨日お仕事納め、そこから忘年会だったという方も、 たくさんいらっしゃるのではない …

no image
声帯さまってすごいんです

声帯ってどんなものか知っていますか? 声にトラブルを持ってお医者さんに行ったとい …

声の変化の分岐点を探す

今日のA面ではダイエットの話を書きました。 自分のカラダの変化の分岐点を見つける …

「いい音を出すには、ある程度の音量が必要だ!」とかって言いますけどね・・・。

「いい音を出すには、ある程度の音量が必要だ」 ロックギターリストが口をそろえて言 …

「真っ直ぐ立つ」が大切なんです。

「真っ直ぐ立つ。」 意外に難しいと感じる人が多いようです。 スタンディングのライ …

風邪をもらいたくない人の「非情の掟」

何年か前のこと。 海外旅行中にこっぴどく風邪をこじらせて、 副鼻腔炎が半ば慢性化 …

「カラダの管理」はすべてのパフォーマーの絶対的義務である

「お土産、甘い物にしちゃったんですけど、 もしかして、MISUMIさん、甘い物と …

カラダのコンディションに敏感になる

カラダの機能の不具合を感じること、ありますか? カラダが重い、頭の回転が鈍い、 …

「がんばれる」仕組みをつくる

世の中にはがんばれる人と、そうでない人がいます。 がんばれる人からすると、がんば …

no image
「ほどよさ」が結構むつかしい

声は音。音は空気の振動です。 ほどよい空気の振動は人の耳のみならず、全身に心地よ …