大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

リズムが悪いんじゃない。カツゼツが悪いんだ。

   

昨夜、ヒップホップグループN.W.Aの伝記的映画、
“Straight Outta Compton”を見ました。

何かと議論の対象となる歌詞の内容はともかくとして、
アフロアメリカン特有のリズム感、グルーブ感の心地よさ。

なにより、叩きつけられるに発せられることばのひとつひとつが、
実にパワフルで小気味よいビートを刻みます。

 

さて。

日本人ヴォーカリストの最も苦手なことのひとつに、
この「ビートを刻む」があります。

 

「リズム悪いね」と言われて、一所懸命練習をする。
メトロノームやリズムマシンにあわせて歌う。
ドラムやベースの音を必死にとらえようとする。

それでも、なんだかシャキッとしない。
どうもビートが小気味よく刻めない・・・・

リズムやビートが命のロックやヒップホップ系シンガーには、
深刻な悩みです。

 

日本人がビートをとらえることが苦手な原因は、
実は、日本語の音の成り立ちにあります。

 

日本語の音声は、
子音と母音がワンセットになって発せられることがほとんど。
そして、アクセントはたいがい、母音の方につきます。

 

「ワーン、ツー、スリー、フォー」と、
メトロノームにあわせてカウントの練習をしても、

メトロノームの刻む「点」の部分の「ワ」ではなく、
「ぁ〜ん」
「ツ」ではなく、
「ぅう〜ん」
の方に、アクセントが来てしまう。

 

「ビート」というのは叩くという意味ですから、
本来、ドラムなどの打点に当たるポイントをとらえるべき。

ところが、この「点」が、「線」や「面」になってしまうわけです。

これではビートは抜けてきません。

 

一方で、英語圏の人がカウントを出すときは、
声の出る瞬間にアクセントをつけます。

“One”なら最初の【W】、”Two”なら【T】。

だから、点を確実にとらえられるわけです。

 

また、日本人は母音にアクセントをつけることも苦手です。

英語圏の人たちが”I”と頻繁に発音するように
母音にアタックをつけて発音することが少ないからです。

リズムがいいと言われるシンガーは、
みな、ことばの立ち上がり、
つまり、音の出だしをきちんと「点」で表現できているのです。

 

リズムは、まず「点」。

がんばって練習しているのに、リズムがよくならない。
評価が上がらないという人は、
もう一度、「点」を見直して、
くっきり発音できるように練習してみましょう。

すべての音を「ぱきん」と「点」で表現できるようになったら、
その「点」を楽器の「点」と一致させられるトレーニングをする。

これだけで、リズムはぐんとよく聞こえるものですよ。

◆コアでマニアックなネタを中心に不定期にお届けしているヴォイトレ・マガジン『声出していこうっ!me.』。限定公開のレッスン映像もごらんいただけます。購読はこちらから。

◆自宅で繰り返し、何度でも。ヴォイス&ヴォーカルのすべてが学べる【MTL Online Lesson12】。
次期受付開始は今しばらくお待ちください。

◆10月29日(日) 鹿児島にて【MTLワークショップ in 鹿児島】を開催します。

 

 - The プロフェッショナル, 「イマイチ」脱却!練習法&学習法

  関連記事

no image
歌の構成要素を分解する〜ラララで歌う〜

大好きな曲を、オリジナルを歌っている歌手と一緒に歌う。 何度も、何度も、繰り返し …

挑戦か?ブランドか?

  従来のイメージを守り続けるか? それとも挑戦するか? アーティスト …

「天才はみな、オタク?」or「オタクはみな、天才?」

誰に頼まれたわけでもなく、 1円になるわけでもない。 他人から見たら、ただのオタ …

毎日がアウェイの連続だ!

「え〜っと、モニターの人、どこですか〜?」   プリンセスプリンセスの …

理屈は後付け。

先日の『イケてないロック・ヴォーカルは、なぜイケてないのか?』、 たくさんの方に …

「目立ってなんぼ」はさっさと卒業する

テレビは基本洋画一辺倒で、時折ニュースをつけるくらいです。 ワイドショーもドラマ …

ストライク率を限りなく100%に近づける

こどもの頃からずっと謎に思っていることのひとつに、 「ボーリングって、なぜゲーム …

「自分の音域を知らない」なんて、意味わからないわけです。

プロのヴォーカリストというのに、 「音域はどこからどこまで?」 という質問に答え …

「曲の可能性」をありったけ取り出す

大好きで、よく引用することばに、 世紀の名ピアニスト・ホロヴィッツの 「楽譜は紙 …

とにかく歌う。毎日歌う。それを続ける。

生まれて初めて包丁を持つときは誰だって、 なんのことはない作業、 例えば、単に「 …