大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

だから、嫌いなものは嫌い!

   

人の価値観はそれぞれです。

高くても、無理しても、
お気に入りのバッグを買いたいわ、という人がいて、

背伸びして高価なバッグに手を伸ばすより、
身の丈に合った、お洒落をしたいという人がいる。

自分に似合うバッグを持っている人より、
高級バッグを持っている人を、
大切に扱うという人もいます。

人のバッグやファッションなんかより、
お財布の中身に興味がある人もいれば、

お金がいくらあっても、
地位や名声がない人を見下す人もいます。

 

 

最後は、何が好きで、何が嫌いか?それに尽きる。

しかし、人には、
「好きか?嫌いか?」ではなく、
他のことを優先させてしまう人もいます。

 

あるもの、ある人を、
自分は大好きなのに、
周囲の人の評価が極端に悪いとき。

心が弱っているときは、人の価値観に流されがちですから、
ついつい、自分の好きなものではなく、
みんなが好きなものを買ってしまう、手に入れてしまう。

反対に、全然好きになれないのに、
自分のオピニオンリーダー的な存在の人にプッシュされて、
思わず買ってしまう。手に入れてしまう。

 

どうしても好きになれない、
近寄りたくない人なのに、

その人に嫌われると損をする、
付き合っておけばなにかと得をする、

そんな損得勘定、そろばん勘定で、
ニコニコと握手を交わし、
付き合い続ける。

 

ここで自分がぐっと我慢をして、
これを、この人を好きなふりをすれば、
みんなが幸せになると信じ、握手を交わす。。。

 

おとなですから、いろいろあります。

 

しかし、ここ数年、
「好き」「嫌い」は、ある種のインスピレーションのようなもので、
そこに近づいてはいけないという、
潜在意識のサインなのではないかと、
考えるようになりました。

この人といると勉強になるから、
この人はいろいろな人脈があるから、などと、
なんだか好きになれない人と、
損得勘定で必死に付き合ったり、

この人を嫌いなのはきっと自分が弱いからだ、
がんばって変われば、
きっともっとこの人を理解できるはずだと、
自分自身を奮いたたせたり。

そうやって関わった人から、
信じられないくらい酷い目に遭わされたり、
あり得ない侮辱を受けたり
いわれなく罵倒されたり。。。

 

人間長くやってますし、
日頃はみなさんに、そこそこ大切にしていただいているので、
私でもそれなりに凹みます。
いや、相当へこたれそうにもなります。

しかし、結局、自業自得。
すべてインスピレーションを無視したからこそ、
招いてしまったことです。

 

 

インスピレーションは、
どこかから送られてくるサイン。

 

だから、好きを徹底的に極めることとおなじくらい、
「嫌いなものは嫌い」ときっぱり断ち切ることが、
ものすごく、ものすごく大切なのだ。

 

嫌いことや、嫌いな人にエネルギーを使うことを
時間の無駄という。

 

結局、好きなことでしか人は幸せになれないんですね。

◆コアでマニアックなネタを中心に不定期にお届けしているヴォイトレ・マガジン『声出していこうっ!me.』。購読はこちらから。

 - Life

  関連記事

Keep on Dreaming!〜夢を叶える決意

エアロスミスのヴォーカリスト、 スティーヴンタイラーがステージでこう叫びました。 …

15分間の名声(15 minutes of fame)

「誰もが知っている有名人」は、 自分が有名であるという認識こそ、もちろんあるけれ …

旅立つ若者たちに、伝えておきたい3つのこと

大学の卒業ライブが終了し、 いよいよ卒業生たちを送り出すときがきました。 &nb …

ありがとう

2017年も間もなく終わろうとしています。 みなさんにとって、2017年はどんな …

「答え」が違うのじゃない。そもそも「質問」が違うのだ。

ずいぶん昔のお話です。   雑誌の付録に「美人顔の条件」というようなの …

「会いたい」というエネルギー

卒業式で「じゃ、またね」と別れて、 それきり一度も会っていない友達、何人くらいい …

人生のワームホールに飛び込む

大好きな作家、ロバート・A・ハインラインの小説の中でも、 とびきりワクワク読んだ …

ミュージシャンのランク付け

ランク付けをしたがるのは人間という動物の本能と言います。   「天は人 …

ハードでもソフトでもなく、「ヒューマン」ですね。

現在、マジカルトレーニングラボのサイトのリニューアルで、 才能あふれるデザイナー …

「ひどいことを言われた」と感じたときこそがチャンス

20代の前半で、当時10才前後先輩だったプロフェッショナルの先輩たちに、 それは …