大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

地上で最も完璧な楽器

   

ピアノ。アコースティックギターやヴァイオリン。
管楽器たち・・・

歴史ある楽器たちを見ていると、
その無駄のない完成されたデザインにしみじみ感動を覚えます。

部品のひとつひとつが、目的を持って取り付けられている。
ネジ一本、無駄なものはありません。

そして、だからこそ、時代を超えても、
変わらぬデザインのまま、作り続けられているわけです。

 

 

さて。

これは、セミナーなどで毎回お話することなのですが、

私たちのカラダはもう何万年も進化していません。
少なくとも、そのように言われています。
つまり・・・人間は、
神様的に、完成したデザインということなのではないか?

 

つまり・・・私たち人間という楽器は、
どんな楽器よりも古くから完成している楽器ということで、

つまり、だからこそ・・
私たちのカラダはどんな楽器よりも、
表現豊かに、人の心を細やかに奏でてくれる楽器なのではないか。。。

そんな風に仮説を立て、
声や歌を、そのレッスン方法を研究し続けています。

 

今まで、その仮説を裏切られたことはありません。

人間のつくる楽器よりも、
神様のつくった人間のカラダという楽器は、もっともっと完璧✨

 

しかし、このカラダは、
人間がつくったどの楽器よりも、

理解されようともせず、
適当に扱われ、
つかいかたをマトモに教育されることも、
学ばれることもなく、
テキストや教則本も至って少なく、
痛めつけられ、
酷使され、

挙げ句の果てに、
「楽器の出来が悪い」と言われる、
本当に、本当に可哀想な楽器でもあります。

 

この楽器の持つ無限の可能性を、
一体どれだけの人が知っているのか。
信じているのか。

そして、そのうちのどれだけの人が、
その可能性を引き出す努力をし、
どれだけの人が、実際にそれを引き出せているのか?

 

斜めに立てかけられたまま、
そのネックに重たいバッグをかけられたギター。

海風の吹きさらす土地に、
カバーもされず、砂埃にまみれ、置き去られたピアノ。

そんな楽器がどんな風になるか、
誰だって想像つくはずなのに、

あぁ、人間って、そんなことを自分のカラダには、やっている。

 

そんな楽器に音が悪い、とか、
すぐ弦が切れる、とか、
鳴らない、とか
文句言ったら、

「管理が悪いから当たり前です!」と専門家に一喝されるのは、
目に見えています。

 

ものすごく、ものすごく基本的なことなのに、
まったく理解されていないんだなぁ。

 

そんなことを、さまざまな人に出会い、
レッスンさせていただくたびに思うのです。

 

まだまだ、ミッションは終わりそうもありません。

 

◆コアでマニアックなネタを中心に不定期にお届けしているヴォイトレ・マガジン『声出していこうっ!me.』。購読はこちらから

 - カラダとノドのお話, 声のはなし

  関連記事

「いい音を出すには、ある程度の音量が必要だ!」とかって言いますけどね・・・。

「いい音を出すには、ある程度の音量が必要だ」 ロックギターリストが口をそろえて言 …

no image
「ほどよさ」が結構むつかしい

声は音。音は空気の振動です。 ほどよい空気の振動は人の耳のみならず、全身に心地よ …

「がんばれる」仕組みをつくる

世の中にはがんばれる人と、そうでない人がいます。 がんばれる人からすると、がんば …

ちゃんと鳴らす!

ヴォーカルのテクニックのひとつに、 「息混じりに歌う」というのがあります。 基本 …

『ハードスケジュールなときこそ確認したい声のためにできること』

月末から鹿児島でした。 4泊5日の日程で、 ワークショップ、リハーサル5時間、ボ …

no image
ハスキーボイスには2通りある

ハスキーボイスといわれるシンガーは、その発声の特徴によって、 実は2通りに分かれ …

no image
鼻呼吸か?口呼吸か?

ボイストレーナーをはじめて間もない頃、 生徒のひとりに、 「私、歌う時に、うまく …

no image
「自分の声に興味ある人なんかいませんよ」

芸能界や音楽業界の人とばかり関わりあってきたからか、 それとも、私自身がボイスト …

仮死状態の筋肉をたたき起こす

ボイトレというと「ストレッチをさせられる」というイメージがある人が、 多いのでは …

「自分の声の地図」を描く

「あなたの音域はどこから、どこまで?」 「え?」 「高い方はどこまで出るの?下は …