大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

作業量の多さにひるまない

   

英語を勉強しはじめたとき。

英語の辞書の重さをずっしり感じながら、
「こんなにたくさんのことばを覚えなくっちゃいけないんだ。
きっと、一生英語がしゃべれるようになるなんて無理だ。。。」
と絶望感に苛まれたものでした。

しかし、辞書は知らないことばを調べるために存在しているもの。

たとえば、平均的な日本人のおとなの語彙数は3万〜5万語。
対して、広辞苑の見出し語約24万語。

辞書のたった5分の1程度しか知らなくても、
立派に(そこそこ?)日本語を操っていることになります。

 

ギターのコードを覚えはじめたときもそうでした。

ギターのコード本を前に、
「なんてたくさんのコードネームがあるんだろう。。。
こんなの全部覚えるなんて、絶対に無理・・・」
と、がっくりしながらも、
ひとつ、またひとつとコードを覚えて行ったあの日。

あれから何十年も経ったけど、
今、自分が実際に弾くコードなんて、
もう笑えるくらいちょっぴり。
それでも成立するように、工夫したり、
いろいろな人に助けを求めたりしているわけです。

膨大な作業量や、作業工程にひるむなかれ。

結局、人は、自分自身のうつわ以上の語彙や知識は、
必要ないし、使いこなせないもの。

学ぶということは、単に語彙や知識だけを学ぶことではなく、
自分自身のうつわを広げて行く作業。

今の自分の能力に見合うだけの語彙と知識を手に入れることなんて、
ちょっとだけ粘れるならば、きっと誰にでも可能なこと。

例えば3万語を覚えることは、
果てしない作業に思えるかも知れないけれど、
1日約30語覚えれば3年、15語でも6年、
つまり中学で学びはじめた英語も高校を卒業するまでには、
そこそこ不自由なく話せるようになっている計算になります。

母国語で5万語知っているのはかなり物知りな部類だそうです。
日本語で自分が知り得ないことばは、
もちろん外国語で知っていても何の意味もありませんね。

 

機材やPC、ソフトウェアのマニュアルもおなじ。
楽譜だって、楽器だって、全部おなじです。

 

自分がやりたいことを可能にするために、
本当に学ばなくてはならないことは、案ずるよりずっと少ない。

一番大切なのは、知識や情報ではなくて、
なにを叶えたいか、
なにを可能にしたいかという、
マインドセットなのではないか。

思考の順番を間違えるから、
前に進む前に挫折してしまうのではないか。

学ぶべきことが抱えきれないほど多いと思えたときこそ、
立ち返りたい原点です。

【”ヴォイトレ365″ 毎日配信中】
声について知るべき知識のすべてを、毎日お届けしています。バックナンバーも読めますので、ご登録がまだの方はぜひ、こちらから。

 - Life, 「イマイチ」脱却!練習法&学習法

  関連記事

「自分」というジャンルを極める

「らしくあれ」。 女子高生時代、創立者のありがたきおことばとして、 朝礼などで、 …

撤退は失敗ではない!〜ポジティブに「リセットボタン」を押せ。〜

「継続か?撤退か?」   ビジネスで大切なのは「はじめる時期」よりも「 …

「マスターベーション」とか言うな!

歌は音程のついたことば。 テクニックがどんなにすぐれていても、どんなに巧みな音楽 …

音楽を「職業」にしないという選択

若い頃から音楽を志して、寝る間も惜しんで練習や創作、 ライブ活動に打ち込んで来た …

旅の準備がさくさく進む「持ち物リスト」

「週末から『びぃた(旅)』なんだよね」 「オレなんか、8月は10日間『出っぱなし …

で?なにがやりたいわけ?

高校時代、多重録音というものへのあこがれが高じ、 ラジカセをふたつ向かい合わせに …

記憶に残る「デキるやつら」は一体何が違ったのか?

かつて、教えていた音楽学校では、ヴォーカルの授業を 定期的にインスト科の生徒たち …

ヴォーカリストのための「練習の3つのコツ」

プライベートレッスンでも、MTL12でも、そして音大でも、 クライアントやアーテ …

年齢の制限なんか、単なる幻だ。

中学のときのこと。 当時、クラスで常に成績の1〜3位の上位を争っていた、仲のよい …

「練習」とは「工夫すること」

楽器や歌を習得したい。上達したい。   しかし、実際、何からはじめたら …