大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

ありがとう

   

2017年も間もなく終わろうとしています。

みなさんにとって、2017年はどんな年でしたか?

個人的には今年1年、
あまりにもがむしゃらに走り抜けたので、
本当になにかをやり抜けたのか、
なにかひとつでもなし得たのか、
実感がわきません。

 

ひとつ、確実に言えるのは、
2017
年は、本当にたくさんの方に支えていただいた、
特別な1年だったということ。


クライアントさん、
レッスンに来てくれるアーティストのみなさん、
MTL
受講生のみなさん、

ファンのみなさん、
ブログやメルマガの読者のみなさん、

ミュージシャンの諸先輩方、仲間たち、
業界関係者各位、
スタッフのみなさん、

出版関係のメンターの先生、
著者仲間たち、

大学の先生方、
学生たち・・・

 

私の台風のような無茶ぶりを受け止めて、
精一杯がんばってくれる愛弟子=インストラクターズ&研修生たち、

影でMTLを支えてくれるスタッフのみなさん、

めったに会えなくても、いつもそこにいてくれる友たち、

長年にわたって私を慕ってくれる、かつての教え子たち、

 

何はなくとも健康で、お元気でいてくれる義父と母、

そして、なんと言っても、
こんな私をいつも温かく支えてくれる家族。

 

ひとりひとりの顔を思い出すほどに、
本当にありがたく、感謝ばかりです。

 

 

3年がかりで取り組んだ自分というコンテンツの整理も、
オンライン教材の制作や、
MTL12
、ワークショップ、ヴォイトレLive
ブログ、そして、発行中のメルマガで、
ひとつの形が見えた気がしています。

 

同時に、今年は遅々たる歩みながら、
バンドでの作品制作をはじめたことで、
アーティストとして、
ヴォーカリストとしての自分のあり方を見つめ直すこともできました。

 

2018年は、今年の成果を足がかりに、
大きく前進する年にしたいと考えています。


声に悩む人たちに、少しでも貢献できるように。
歌を愛する人たちに、もっともっと自信を持って歌ってもらえるように。

MTLにできること、私にできることを模索し、提供し続けます。


そして私自身が、ステージに立ち続けること、
歌い続けることで、
自身のメソッドを裏付け、磨き上げ、
ますます自信を持って世に送り出して行かれるよう、
精進していく所存です。
 

 

まだまだ学びたいこと、叶えたいことが山のようにあります。
行きたい場所、見たい景色がたくさんあります。

駆け抜ける力と耐え抜ける体力を蓄えながら、
2018年も私なりのスピードとやり方で駆け抜けます。

 

今年一年、本当にありがとうございました。
2018年も、どうぞよろしくお願いいたします!

そして、みなさま、
どうぞ素晴らしい新年をお迎えくださいませ。

【メルマガ”ヴォイトレ365″ 配信中】
声について知るべきことのすべてをさまざまなエピソードを交えてお届けします。バックナンバーも読めますので、ご登録がまだの方はぜひ、こちらから。

 

 - Life, My History

  関連記事

「想像力」と「思いやり」がコミュニケーションの鍵!

ここ2~3日、ものすご〜くいろいろな社会の、 いろんなタイプの人たちと、いろんな …

「戦略とは何をやらないかを決めること」

「戦略とは何をやらないかを決めること」。 ビジネスの世界で、よく言われることばで …

「もっと遊べ!」という謎のワード

「MISUMIちゃんは、もっと遊ばなくっちゃ。」 来る日も来る日も歌のことばかり …

Pay it forward〜恩送り〜

今まで生きて来て、お世話になったなぁと思える人は、 何人ぐらいいるでしょう? そ …

で?なにがやりたいわけ?

高校時代、多重録音というものへのあこがれが高じ、 ラジカセをふたつ向かい合わせに …

文化は「オタク」と「変態」、そして「ドM」がつくる

忙しがる人は好きじゃないのですが、 最近、自分もそんな、自分が好きじゃない類の人 …

不満から目をそらさない。 絶対、そらさない。

大学を卒業して、今で言うフリーターをしながら、 音楽学校に通ったり、 ダンスレッ …

「また、やっちゃった」と落ち込まないためには?

人はなぜ、同じ過ちを何度も何度も繰り返してしまうのでしょう? 毎回、それなりに後 …

「歌うのが嫌い」という人の本当のわけ

「音楽に興味がない」「興味が持てない」という人は、ときどきいますが、 「音楽が嫌 …

「初めて」が「自分の基準」になる!

オーディションなどの審査をするとき、 最初に出てきたパフォーマーが、まずは採点の …