大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

自分自身こそが「最も手強いオーディエンス」だ

   

「観客のことは意識しないことにしている。
クリエイトするときはいつもそうだ。
まず、自分のことを考える。

作品を通して喜びを与えたければ、
自分が楽しまないと人には伝わらない。

存在しない喜びでは観客を魅了できない。
存在してこそ伝わるんだ。

だから創作するとき、最初に思い描く観客は私自身だ。」

世界的に有名なシューズデザイナー、クリスチャン・ルブタンが、パリの老舗キャバレー「クレイジー・ホース」のゲスト・クリエイターとして、ステージの振り付けなどをサポートしたときの、インタビューでのことばです。

 

音楽なり、演劇なり、ダンスなり、
もちろん、芸術でも、書くことでも、
自分自身を何らかの形で表現している人たちは少なからず、

人に評価されたい、
誉められたい、
尊敬されたい、
愛されたい・・・etc.
という願望があるもの。

少なくとも、嘲笑されたい、黙殺されたいという人は、
ひとりもいないはずです。

 

しかし、基準が「他人の目線」になってはいけない。

ルブタンのことばを私なりに解釈すれば、

表現者、送り手が、
自分自身の作品やパフォーマンスを楽しみ、
感動と興奮を感じながら、それを世に送り出すから、
その感動と興奮が受け手に伝わるのだ。

だから、まずは自分自身を喜ばせる、
感動、興奮させる作品、パフォーマンスを創り出す。

自分自身こそが、最も手強いオーディエンスなのだ。

ということになるでしょうか。

 

しかし、これは、なかなか難しい。

結果が出ないとき。
伸び悩むとき。
人々の関心が自分から離れていったと感じるとき。

人は、ついつい、受け手の気持ちを先回りして考えます。

なにがいけないんだろう?

どうしたらウケるだろう?

どうしたら評価されるだろう?

どうしたら「いいね!」がいっぱいついて、
どうしたらフォロワーが増えるんだろう?

どうしたら売れるだろう・・・?

 

そんなことを考えて、あの手この手でがんばるほどに、
本当の感動や興奮から遠ざかってしまう。

自分自身が心の底から楽しむということを、
いつの間にかどこかに置き去りにしてしまう。

 

力のない作品、コンテンツを、人は賞賛しません。

人は、いつだって、「エネルギー」に感動するのです。

 

最初のオーディエンスはいつだって自分自身。

自分自身を心の底から楽しめるものを生み出せないなら、
まだまだ準備はできていないということなのですね。

 

*************************
新年おめでとうございます。
いつも『声出していこうっ』を読んでいただいて本当にありがとうございます。

2018年も心を込めて精一杯綴っていきます。
メルマガ共々、本年もどうぞよろしくお願いいたします!

*************************

【メルマガ”ヴォイトレ365″ 配信中】
声について知るべきことのすべてを毎日お届けしています。バックナンバーも読めますので、ご登録がまだの方はぜひ、こちらから。

 - The プロフェッショナル, 名言集

  関連記事

「ライブ当日って、何したらいいんですか?」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2015年11月2 …

「プロ」の定義?

先日、友人の皇甫純圭さんが、 『プロとアマチュア』というタイトルのブログを書いて …

好きで、得意で、何時間でもできることだけをがんばる。

かつては、何でもかんでも自分でやらなくちゃ気がすまない、 とりあえず、まずは自分 …

外しちゃいけないフレーズがあるから「ポップ」なんだ。

10年ほど前のこと。 英語教材のレコーディングで、 外国人のシンガーたちの通訳件 …

人前に立つ前の「MUST DO!」〜ビジュアル・チェック編〜

昨日のブログ、人前に立つ前の「MUST DO!」〜ムービー/チェック編〜の続編で …

「500円玉大の打点」を求めて、今日も声出していこうっ。

先日、よくご一緒する、某有名ドラマーの楽器の前に座らせてもらう機会がありました。 …

ヴォーカリストのための「練習の3つのコツ」

プライベートレッスンでも、MTL12でも、そして音大でも、 クライアントやアーテ …

You can never have too many guitars?

“You can never have too many guita …

「そこまでやる?」がオーラになる。

「そこまでやらなくても・・・」 思わず、そんな風に言いたくなるほど、こだわりの強 …

「自分の音域を知らない」なんて、意味わからないわけです。

プロのヴォーカリストというのに、 「音域はどこからどこまで?」 という質問に答え …