大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「変」なのか?才能なのか?

   

先日、とある会社にお勤めの、
才能あふれる、知的な若者とごはんしていた時のこと。

「MISUMIさんは、ホントに才能のある方ですよね。
ボクなんか、なんにもないから、羨ましい・・・」

はぁ?何言っちゃってるの?
キミこそ、こんなことも、あんなことも、
そんなことも、できるじゃない?
私から見たら、羨ましいことばっかりだわ。

「いやいやいやいや。
ボクができることなんか、当たり前のことばっかりですから。
ちょっと勉強すれば、誰でもできますから。」

そこからいろいろ彼のバックボーンを聞いていると、
いやはや、なにが「普通」なものですか。

「ちょっと勉強すれば誰でもできる」というけれど、
みんなその「ちょっと」ががんばれないから困っているわけです。

 

「自分の常識は他人の非常識。
自分自身が「当たり前」と思うことにお宝が眠っているんだ。」
とは、出版の師匠のおことば。

胸に手をあてて自分の過去を振り返れば、
誰にだって、ユニークなバックボーンがあって、
他の誰もしていないような経験をしているわけです。

どんな人にとっても、
自分くらい当たり前の存在はいないのですから。

 

たとえば、

現在メルマガで大展開中の私の完コピヒストリーですが・・・

私自身は、歌を志している人なら、
完コピなんて、絶対にやっていることだと思っていました。

みんな、きっと、もっとがんばってる。
こんなんじゃダメだ。
まだまだだ。

そんな風に思って、完コピに完コピを重ね、気づいたら300曲。

自分にとって「普通」すぎて、
それが、人様に語りぐさになるような「特別な」ことだなんて、
数年前まで思ったこともありませんでした。

 

出版の勉強をするようになって、

「寝ても覚めてもそのことばかりを考えてしまうくらい大好きで、
誰よりも得意で、
他の人にできないことを探せ」

というお題をもらって、

そういえば、完コピ、好きだったなぁ。
何曲くらいやったのかなぁと、

ボロボロになった歌詞カードの山を引っ張り出して、
曲数を数えたら300曲は優にあった。

まわりのヴォーカリストたちで、
私ほどのしつこさで完コピをしたという人は、
滅多に出会わないし、

学生たちを見ていると、
その完コピ精度の低さにがっかりするばかり。

それではじめて、
「あたしって、もしかしたら、オタクなのかもしれない」と、
気づいた訳です。

 

メルマガでも、ブログを書くこともそうなのですが、
私は、一度決めたことはやり通せる体質です。

それは、誰にとっても、普通のことだとばかり思っていました。

でも、どうやらその辺も「オタク」と呼ばれるゆえんらしい。

 

さて。

「この人、変な人」と、私のことを指さしている場合ではありません。

みんな、自分の「変さ」に気づいていないだけなんです。

そして、その「変さ」の中に才能の種がきっと眠っている。

普通の人なんか、ひとりもいないのです。

 

自分の中の「変な人」と向き合う。

それが自分を変える大きな一歩になるんですね。

◆【メルマガ365】。大好評だった「音域が広がるプロセス」もバックナンバーからまとめ読みできます。ご登録はこちらから。

 - Life, 夢を叶える

  関連記事

その瞬間、ちゃんと声出してますか?

一昨年の夏。満員電車の車内でのこと。 入口付近に、憔悴したようすのお年寄りが立っ …

どうして私はがんばれない?

「なんか、最近、がんばれないんですよ〜。   がんばらなきゃいけないの …

「僕、ミュージシャンでやっていけるでしょうか?」

「僕(私)、ミュージシャンでやっていけるでしょうか?」 という質問に、即座に「も …

「いつはじめるか」じゃない、 「いつまで続けるか」が重要なのだ。

「やっぱりピアノは幼稚園くらいからはじめないと、モノにならないわよ。」 &nbs …

「可能」を生きる

「一体いつから、できない理由を先に数えるようになったんだろう。 可能性に胸躍らせ …

「振り返ればいつも若造」reprise

「振り返ればいつも若造」。 何年か前から使っている、お気に入りの言い回しです。 …

ちょっと「なんか」言われたぐらいでって言いますけど。

大人というのは「なんか」言うものです。   親や教育熱心な先生のように …

no image
書くことについて、思いきり語ってしまった。

昨年秋から「ことばの断捨離」と位置づけて、 ブログを綴っているわけですが、 書く …

伸び悩んだらやるべき3つのこと

長い音楽人生。 「伸び悩む時期」は何度も訪れます。 技術の伸び悩み。 キャリアの …

こんなに欠点はあるけど、自分はそれほど無能なわけじゃない。

「MISUMIさん、また探しものですかぁ・・・?」   手袋 ペンケー …