大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「自分が嫌い」の爆発的エネルギー

   

思うように行かないことは、いつだってあります。

自分が望むような方向に人生が流れて行かなくて、
一体なんでなんだろう?
どうすればいいんだろう?と途方に暮れることだって、
数限りなくある。

やがて自分自身が無価値なものに思えたり、

他人と自分を引き比べて、
「この人に起こることが、なぜ自分には起きないんだろう」
と落ち込んでみたり。

 

凡庸で、退屈で、魅力のない自分自身に、
ウンザリして、
自己嫌悪に陥って、
もう、何もかもをやめてしまいたくなるときだってあります。

 

少し前、某アーティスト、Tちゃんのようすを見ていて、
ずっと気になっていたことを聞いてみました。

「Tちゃんって、もしかして、自分のことが嫌いなの?」

若者の間で人気のある、
露出も多いシンガーソングライターです。

声も楽曲も素晴らしいし、
テレビ映えのする美人顔の子です。

あんなルックスや才能があったら、
誰だってものすごくいい気になるに決まってるのに、
彼女は、こう答えました。

「はい。自分、イヤです。居場所がないんです。」

「自分が嫌い」と思うほど不幸なことはありません。

もがいたって、苦しんだって、
自分から逃れられるすべはないからです。

逃げ出したい、他の人になりたいと思うほどに、
自分自身の存在は、自分の中で大きくなって、
自分の嫌いなところがどんどんクローズアップされて、
居ても立ってもいられなくなる。

死にたくなることだってある。

でもね。

そんな、どうにもならない、
思い通りに行かない状態だからこそ、
とんでもないエネルギーが生まれるのではないか?

だって、苦しいから、
だって、居ても立ってもいられないから、
もがく。

自分自身を変えたくて、
ただただがむしゃらに行動する。

自分が自分であることから逃れたくて、
ありとあらゆることを吸収する。

 

そこに、爆発的なエネルギーが生まれるのではないのか?

 

Tちゃんの歌が圧倒的なのは、
どちらかといえば物静かな彼女の
「自分が嫌いエネルギー」の爆発なのではないか?

 

私自身、若かりし頃は、
音楽なんかいらなくなるくらい、
自分自身を好きになりたいと、ずっと思っていました。

音楽がなければ生きられない、
居場所も生きる意味もない、
そんな無価値な自分自身を、
誰か変えてくれ〜!
ここから救い出してくれ〜!と
叫んでいたような時期もありました。

しかし、です。

私が自分自身を大好きでたまらなかったら、
きっとなんにもがんばらない、
1ミリも成長しない人生を過ごしたに違いありません。

そして、情熱的に歌ったり、
音楽を生み出したり、
ことばを紡いだり、
ビジネスを立ち上げたり、というエネルギーのある人たちを、
どこかで羨ましいなぁと、思ったかもしれません。

人生に起きることはすべて正しい。

 

あんなに大嫌いだった自分自身を、
ここまで好きになれるまでがんばれたことを、
まずは誉めてやりたい。

それと同時に、

まだまだ納得しきれない、
フラストレーションを抱き続けている自分自身に、
「これでいいのだ」と言ってあげたい。

いつだって、若者に教わることはたくさんあります。

◆毎朝お届けしているMISUMIの書き下ろしメルマガ【メルマガ365】。
「100回歌っても同じ音が出せるようになるためのtipsシリーズ」連載中。
バックナンバーも読めますので是非。ご登録はこちらから。

 - Life, クライアントさんたち

  関連記事

「やってみたいこと」を「できること」「やったこと」に変える

「やってみたい」と思うことは、いくつくらいありますか?   特定の場所 …

「誰かにまかせるなら100%その人を信頼すること」

愛犬の病気と死を通じて、さまざまなことを学びました。 昨年9月、悪性リンパ腫と診 …

スランプに陥ったとき、やってはいけない3つのこと

スランプに陥ることは、誰にでもあります。 なんだか不調で、何をやっても調子が上が …

テクノロジーってどうやねん?

PCを使いこなせないと、人との情報のやり取りが非常に難しい時代になってきました。 …

エネルギー不足で「やってられるか、ばかやろー」となったときなにをするか?

ガッツ不足に陥るときは誰にでもあります。   絶対うまく行くと思ってい …

「モラハラ」に負けない思考法

「ブスが話しかけるんじゃね〜よ!」 さまざまなハラスメントの標的になっていた、か …

「やった感」はいつだって、ちょっと痛い。

みなさん、明けましておめでとうございます! 2017年がはじまりました。 みなさ …

「逃した魚」は、きっと毒入り!?

「チャンスの神様には前髪しかない」(Seize the fortune by t …

no image
MTLブック、ついにデビュー!

・・・といっても、出版するわけではありません。 ず〜〜っと前から、我が家にやって …

「夢に向かって邁進する」は美徳でもなんでもない。

学生時代、本の取り次ぎ店にバイトしていました。 バイトは朝の9時から夕方5時まで …