大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

はじめる年齢が若くたって、ダメな人はダメなんです。

   

「なにかをはじめるのに遅すぎると言うことはない。」

さまざまなところに、そんな言葉を書き綴ってきました。

 

楽器だって、歌だって、いや、どんなことだって、
「はじめるには遅すぎる」と思ったらゲームオーバー。

それまでの「人生経験」という貯金を切り崩して、
細々と生きていくしかありません。

 

しかし、そう話すと、必ずと言っていいほど
「今からでも上達しますかね?」
という謎の質問が返ってきます。

 

これほど不思議な質問はありません。

どんなに若い頃はじめたって、
上達しない人はしないからです。

 

3才からピアノを習っていました。
5才からバイオリンを習っていました。

水泳を・・・書道を・・・バレエを・・・。

 

そんな英才教育といわれるものを施されて来た人の、
一体何パーセントが、その習い事をおとなになるまで続け、
それなりに上達したのでしょう?

プロフェッショナルと言われるまで、
なにかに上達した人たちは、
はじめる年齢が早かったからではなく、
それが心底好きで、練習することが苦じゃなくて、
何年も続けられたから、上達したのです。

 

そうなると、大切なのは、時間や年齢ではなく、
「本気でやりたいかどうか」ではないか。

 

もちろん、年齢を重ねるほどに、
気力を保ちにくくなったり、
練習の成果が出にくくなったりするのは確かです。

つまり、同じ努力をしても、
若い頃のような結果は出せない。

同じ練習量をこなすのに、
より多くの体力、気力が必要になるかも知れない。

そういう意味で、
はじめるなら、早いほうがいい、というのも事実でしょう。

 

しかし、おそらくは8割以上の人が、
どんなに若くはじめても、

それをたいして楽しめず、
たいした努力をするほどの気力も、
根気もなく、
体力や時間は、もっと他の楽しいことに使ってしまい、

あぁ、何年経ってもうまくならないわ・・・

と気づけばやめている。

 

年齢じゃないんです。

本気でやりたいなら、だから、
いつだってはじめたらいい。

上達しないなら、それは年齢のせいではなく、

かけている時間が足りないか、
「好き」という情熱が足りないかのどちらかです。

 

どんなに本気で、死にものぐるいでがんばっても、
若い頃ほどめざましい上達はしなかったとしても、

はじめることなく、

あれもやりたかった、これもやってみたかったと、
人を羨んで人生を終えるより、ずっといい。

いつか上達することを信じて、
ただ前を向いて進んでいかれたら、それでいい。

なにもしない自分より、
1ミリでも、1センチでも、成長できたら、
それでいい。

はじめたいと思うことを、
年齢を理由にあきらめるのは、
だから、絶対違うのです。

 

70才になっても、
80才になっても、

年齢を言い訳に、
なにかをはじめるのを諦めるのは、
絶対にやめようと心に誓うのです。

◆毎朝お届けしている書き下ろしメルマガ【メルマガ365】。
ただ今、ホイットニー・ヒューストンの歌について、集中連載中です。
バックナンバーも読めますので是非。ご登録はこちらから。

◆自宅で繰り返し、何度でも。ヴォイス&ヴォーカルのすべてが学べる【MTL Online Lesson12】。

 

 - Life, 謎の質問シリーズ

  関連記事

忙しいときほど立ち止まる〜複数の仕事をきっちりこなすためのヒント〜

よほど恵まれた状況にいるミュージシャンでない限り、 いや、恵まれた状況にいるミュ …

自分自身の変化にどこまで鈍感かつ寛容でいられるのか?

人間は自分自身の変化には非常に鈍感かつ寛容なものです。   24時間、 …

人が日課をつくる。 日課が人をつくる。

朝起きた瞬間、 テレビをつけてその前に座り込む人。 もう一回寝ちゃおうと、二度寝 …

自分を好きになる10の方法

自己評価が低いと、なにをやっても心底楽しめないばかりか、 行動の精度もあがらない …

「明日っからがんばろう」の「明日」は一生来ない。

「明日っからダイエットしよう」 「明日っから練習がんばろう」 「明日っから早起き …

タイムプレッシャーを逆手に取る

「どんなときに名曲が生まれるんですか?」 というインタビューに、 坂本龍一は、「 …

「無駄な努力」は、 果たして本当に「無駄」なのか?

「あ。これやってみたい!」 ちょっとした閃きに、心をつかまれて、 どうにもこうに …

胸の痛みを抱きしめて進め

やっとの思いでミュージシャンの端くれになって、 少しでも一流といわれる人たちに近 …

未来を切り開くのは、ひらめき、学び、そして自信。

ひらめきは突然やってきます。 「あ!今、これ、やっといた方がいいわ。」 「おぉお …

ハリネズミのジレンマ〜「安心距離」に過敏にならない〜

そんなつもりじゃないのに・・・なんでわかってくれないんだろう? 一所懸命やってい …