大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

はじめる年齢が若くたって、ダメな人はダメなんです。

   

「なにかをはじめるのに遅すぎると言うことはない。」

さまざまなところに、そんな言葉を書き綴ってきました。

 

楽器だって、歌だって、いや、どんなことだって、
「はじめるには遅すぎる」と思ったらゲームオーバー。

それまでの「人生経験」という貯金を切り崩して、
細々と生きていくしかありません。

 

しかし、そう話すと、必ずと言っていいほど
「今からでも上達しますかね?」
という謎の質問が返ってきます。

 

これほど不思議な質問はありません。

どんなに若い頃はじめたって、
上達しない人はしないからです。

 

3才からピアノを習っていました。
5才からバイオリンを習っていました。

水泳を・・・書道を・・・バレエを・・・。

 

そんな英才教育といわれるものを施されて来た人の、
一体何パーセントが、その習い事をおとなになるまで続け、
それなりに上達したのでしょう?

プロフェッショナルと言われるまで、
なにかに上達した人たちは、
はじめる年齢が早かったからではなく、
それが心底好きで、練習することが苦じゃなくて、
何年も続けられたから、上達したのです。

 

そうなると、大切なのは、時間や年齢ではなく、
「本気でやりたいかどうか」ではないか。

 

もちろん、年齢を重ねるほどに、
気力を保ちにくくなったり、
練習の成果が出にくくなったりするのは確かです。

つまり、同じ努力をしても、
若い頃のような結果は出せない。

同じ練習量をこなすのに、
より多くの体力、気力が必要になるかも知れない。

そういう意味で、
はじめるなら、早いほうがいい、というのも事実でしょう。

 

しかし、おそらくは8割以上の人が、
どんなに若くはじめても、

それをたいして楽しめず、
たいした努力をするほどの気力も、
根気もなく、
体力や時間は、もっと他の楽しいことに使ってしまい、

あぁ、何年経ってもうまくならないわ・・・

と気づけばやめている。

 

年齢じゃないんです。

本気でやりたいなら、だから、
いつだってはじめたらいい。

上達しないなら、それは年齢のせいではなく、

かけている時間が足りないか、
「好き」という情熱が足りないかのどちらかです。

 

どんなに本気で、死にものぐるいでがんばっても、
若い頃ほどめざましい上達はしなかったとしても、

はじめることなく、

あれもやりたかった、これもやってみたかったと、
人を羨んで人生を終えるより、ずっといい。

いつか上達することを信じて、
ただ前を向いて進んでいかれたら、それでいい。

なにもしない自分より、
1ミリでも、1センチでも、成長できたら、
それでいい。

はじめたいと思うことを、
年齢を理由にあきらめるのは、
だから、絶対違うのです。

 

70才になっても、
80才になっても、

年齢を言い訳に、
なにかをはじめるのを諦めるのは、
絶対にやめようと心に誓うのです。

◆毎朝お届けしている書き下ろしメルマガ【メルマガ365】。
ただ今、ホイットニー・ヒューストンの歌について、集中連載中です。
バックナンバーも読めますので是非。ご登録はこちらから。

◆自宅で繰り返し、何度でも。ヴォイス&ヴォーカルのすべてが学べる【MTL Online Lesson12】。

 

 - Life, 謎の質問シリーズ

  関連記事

憧れを現実に変える力

中学に入学して、 生まれて初めて部活動というものをはじめた時、 同じ部活の高校生 …

思い込みと勘違いで他人に意見するのは一種の迷惑行為。

何年か前、知り合いの女性ヴォーカリストに、 「私、衣装は全部ネットで買っているわ …

「 自己評価 x 体感努力量 」vs.「他人の評価 x 仕事の成果」

学生時代、こんな人は回りにいませんでしたか?   試験の朝、 「俺、め …

「譜面なんか読めなくてもいいっすよね?」

「音楽、やらないんですか?」 一般の方とお話していて、ふとそんな質問をすると、 …

行動のパターンを変えると思考が変わる

6日ぶりの更新です。 丸2年前、思いを新たにブログに取り組もうと決心して以来、 …

自分自身の変化にどこまで鈍感かつ寛容でいられるのか?

人間は自分自身の変化には非常に鈍感かつ寛容なものです。   24時間、 …

「あなたの勲章なんかに他人は興味ないんですよ」

かつて著者の勉強をするために、 『プロフィール講座』というセミナーに通ったことが …

人生のワームホールに飛び込む

大好きな作家、ロバート・A・ハインラインの小説の中でも、 とびきりワクワク読んだ …

ワードを変えれば、自分が変わる

有名な心理学の実験で、 「スタンフォード監獄実験」というのがあります。 ごく普通 …

「ひどいことを言われた」と感じたときこそがチャンス

20代の前半で、当時10才前後先輩だったプロフェッショナルの先輩たちに、 それは …