大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

声の老化は隠せない

      2015/12/20

「うっそぉ〜〜。ほんとにぃ〜〜?」

30年以上も前でしょうか?
女子中高校生たちの間では、こんな言い方が流行っていました。

尻上がりの独特のイントネーション。
女の子たちが、可愛く見せたいときに出す、鼻にかかった、いわゆる「ぶりっ子声」。

イラッとしたおとなもたくさんいるでしょう。

先日、小田急線のロマンスカーでひとり、物思いに沈んでいたときのこと。

後ろの座席で、いきなり、この、懐かしきイントネーションが聞こえてきました。

「うっそぉ〜〜。ほんとにぃ〜?」

振り返らなくても、中年女性のグループというのがわかったのは、
そんな昭和な言い回しのせいではありません。

他でもない、彼女たちの声のせいでした。

声も老化します。

毎日鏡でチェックするお顔の変化や衰えは、誰でも気になります。
女性たちは、年齢に応じて、高額な化粧水やクリームを塗ったり、マッサージをしたり、
アンチエイジングに余念がありません。

しかし、声にまで意識が行く人は稀です。

声は呼吸であり、振動であり、共鳴であるので、
姿勢も、カラダについた脂肪も、筋肉の衰えも、こわばりも、皮膚のたるみも・・・
すべてがダイレクトに反映されます。

音の元をつくる声帯自体も、加齢とともに、水分含有量が減り、
滑らかに振動しにくくなるとともに、小さな傷などがつきやすくなって、
声が濁って来ます。

さらには、女性ホルモンが急激に低下する40代以降、
声帯は徐々に、その厚みを増し、長さも伸びるといわれています。
そのため、女性は加齢と共に、声の高さが徐々に低くなっていくのです。

無意識のうちに老化していく声のせいで、どんなに「ぶりっ子」しても、
年がばれてしまう。
人は声で、相手の年齢を±5才の誤差で言い当てるといわれていますから、
お顔だけでなく声も手入れしないと、
アンチエイジング効果は半減なのですね。

 - 声のはなし

  関連記事

「自分の音域を知らない」なんて、意味わからないわけです。

プロのヴォーカリストというのに、 「音域はどこからどこまで?」 という質問に答え …

情報の価値を最大化するための5つのヒント

おなじ曲を聴いているはずなのに、 聞き手によって、耳に入ってくる情報はまるで違い …

高い声はどうやって出したらいいのか?

「どのくらい高い声を出せるのか?」という議論は、 「どのくらい速く弾けるのか?」 …

no image
声帯さまってすごいんです

声帯ってどんなものか知っていますか? 声にトラブルを持ってお医者さんに行ったとい …

地上で最も完璧な楽器

ピアノ。アコースティックギターやヴァイオリン。 管楽器たち・・・ 歴史ある楽器た …

声帯様、ごめんなさい。

“鉄のノド”、MISUMIです。 いや、”鉄 …

臨界点を突破する

「どんなに練習しても、高い声が出ない」 「毎日ボイトレしているのに、声量が上がっ …

「声ってなんだろう?」

「声ってなんだろう?」 この疑問の明確な答えを、ずっと追い求めています。 &nb …

「いい音を出すには、ある程度の音量が必要だ!」とかって言いますけどね・・・。

「いい音を出すには、ある程度の音量が必要だ」 ロックギターリストが口をそろえて言 …

声は、自分という人間の印象を変えるのか?

声を変えることで、自分の印象を変えることができるのか? そもそも、声は変えられる …