大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

声の老化は隠せない

      2015/12/20

「うっそぉ〜〜。ほんとにぃ〜〜?」

30年以上も前でしょうか?
女子中高校生たちの間では、こんな言い方が流行っていました。

尻上がりの独特のイントネーション。
女の子たちが、可愛く見せたいときに出す、鼻にかかった、いわゆる「ぶりっ子声」。

イラッとしたおとなもたくさんいるでしょう。

先日、小田急線のロマンスカーでひとり、物思いに沈んでいたときのこと。

後ろの座席で、いきなり、この、懐かしきイントネーションが聞こえてきました。

「うっそぉ〜〜。ほんとにぃ〜?」

振り返らなくても、中年女性のグループというのがわかったのは、
そんな昭和な言い回しのせいではありません。

他でもない、彼女たちの声のせいでした。

声も老化します。

毎日鏡でチェックするお顔の変化や衰えは、誰でも気になります。
女性たちは、年齢に応じて、高額な化粧水やクリームを塗ったり、マッサージをしたり、
アンチエイジングに余念がありません。

しかし、声にまで意識が行く人は稀です。

声は呼吸であり、振動であり、共鳴であるので、
姿勢も、カラダについた脂肪も、筋肉の衰えも、こわばりも、皮膚のたるみも・・・
すべてがダイレクトに反映されます。

音の元をつくる声帯自体も、加齢とともに、水分含有量が減り、
滑らかに振動しにくくなるとともに、小さな傷などがつきやすくなって、
声が濁って来ます。

さらには、女性ホルモンが急激に低下する40代以降、
声帯は徐々に、その厚みを増し、長さも伸びるといわれています。
そのため、女性は加齢と共に、声の高さが徐々に低くなっていくのです。

無意識のうちに老化していく声のせいで、どんなに「ぶりっ子」しても、
年がばれてしまう。
人は声で、相手の年齢を±5才の誤差で言い当てるといわれていますから、
お顔だけでなく声も手入れしないと、
アンチエイジング効果は半減なのですね。

 - 声のはなし

  関連記事

高い声はどうやって出したらいいのか?

「どのくらい高い声を出せるのか?」という議論は、 「どのくらい速く弾けるのか?」 …

声の不調症状ランキングno.1 「痰がからむ」

レッスンで、教え子やクライアントの声の状態が悪いと感じると、 いつも本当にドキリ …

「自分の声の地図」を描く

「あなたの音域はどこから、どこまで?」 「え?」 「高い方はどこまで出るの?下は …

声の変化と向き合う vol.2〜変化を受け入れ、味わい、楽しんだものが勝ち

「声の老化」についての第2回です。   第1回は、年齢を免罪符にせず、 …

頑固な、間違ったプログラムを解除して、「声」を解放する

カラダの構造や、発声のメカニズムを教えて、左脳からアプローチしても、 カラダに触 …

声の変化と向き合う vol.1〜発声は運動、歌うことはスポーツです〜

「年のせいか、高い声が出なくなっちゃって。。。」 「私、最近声が枯れてきちゃった …

Myマイク派 vs. Anyマイク派

最近、レッスン、ライブ、リハーサルなどに、 自分のマイク、いわゆる「Myマイク」 …

手指のように声を操る

指差す。つかむ。運ぶ。数える。挟む。 はじめはやや不器用に、やがて思い通りに、 …

ちゃんと鳴らす!

ヴォーカルのテクニックのひとつに、 「息混じりに歌う」というのがあります。 基本 …

「人前で歌うのが怖い」?

人前で歌う事に恐れを感じる人が多いのは、なにも日本人だけの話ではありません。 & …