大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「こんなもんでいいか・・・」の三流マインドを捨てる!

      2015/09/21

NYのドラムフェアで、テリー・ボジオのクリニックを見たときのことです。
すべてのセッティングを自分ひとりでやるボジオさんを、
観客全員が固唾をのんで見守っていました。
セッティング、チューニング、そしてサウンドチェック。

ドラムだけのソロ演奏です。
サウンドチェックは、さらりと終わって、いよいよライブスタートか・・・
と誰もが思っていたはず。

ところが、ボジオさん。
モニターのエンジニアに延延と注文を出します。

左右のモニターのバランスが違う。音色が同じに聞こえない。
これでは、気持ちよく演奏できない。
いや。絶対に同じに聞こえない。
お前、ここに来て、聞いてみろ。
これでは、いい演奏にならない。

そんなことをいいながら、音をチェックし、顔をしかめ、
立ち上がり、また文句を言い・・・

そんなやりとりが、長時間続きました。

これを、テリー・ボジオ独特の、ROCKなパフォーマンスだと取る人もいるでしょう。
実際、そうかもしれません。

しかし、私はこのとき、たとえドラムフェアのクリニックのような、
ラフな現場でも、ベストな音を追求しようとするボジオさんの姿勢、
一流のアチチュードに感動しました。

一流の人の仕事には、「こんなもんでいいか」がありません。

いつも最高を求め、どんな状況でも、そのときのVery Bestを極めようとする。

それは、誰のためでもない。自分のためでしょう。

仕事に慣れてくると、だんだんと悪い意味で余裕が出てきます。
「こんなもんでいいか」などと、たいした準備もせずに、
ステージに上がったり、レコーディングに出向いたりします。

恐ろしいのは、「こんなもんで」と思ったレベルに、自分のレベルが下がること。
そして、実は、その「こんなもんで」という三流マインドは、
あっさりとまわりの人に見破られてしまうこと。

演奏が優れているから一流のマインドを持ったのではなく、
一流のマインドを持っているから、一流の演奏家になったのです。
三流のマインドのまま、一流になった人はひとりも知りません。

たとえ、そこそこキャリアを積んだプロフェッショナルでも、
マインドが三流になれば、徐々に転落していきます。

まして、アマチュアの段階で、「こんなもんでいいか」という準備しかできなければ、
プロは遠い夢でしょう。

どんな現場でも、忙しくても、疲れていても、だるくても、
徹底的にベストを尽くす。
状況が許す限り、こだわれるだけ、こだわる。

一流と呼ばれるためには、きっと、それしかないんですね。

 

31632332_s

 - The プロフェッショナル

  関連記事

You can never have too many guitars?

“You can never have too many guita …

「自分の音域を知らない」なんて、意味わからないわけです。

プロのヴォーカリストというのに、 「音域はどこからどこまで?」 という質問に答え …

バブル期のカラオケ制作現場は、めっちゃすごかった!

「わかってんの? プロのミュージシャンとかいうのは、歌謡曲のカラオケつくったり、 …

「プロ」の定義?

先日、友人の皇甫純圭さんが、 『プロとアマチュア』というタイトルのブログを書いて …

楽しくやるから、いい仕事ができる。

ニューヨーク時代、日々の生活で最も気になったのは、 巷で働く人たちのやる気のない …

音楽には、優劣も卑賤も上下も、な〜んにもない!

ものすごく当たり前のことなんだけど、時々、ちゃんと確認しておきたいこと。 &nb …

自分なりの「こだわり」を見つける

かつてよく演奏していた、あるギターリストは、 常にギターは一本だけしか持たない、 …

「ダメ出し」こそが、プロの技を試される仕事なのだ

他人にダメ出しをする人には、 自分のためにダメ出しをする人と、 相手のためにダメ …

説明不要。ダメ出し無用。

「う〜ん。イマイチだなぁ。。。他にないの?」 アイディアや歌詞、曲デモなどを提出 …

どんなに「ふり」をしても、オーディエンスは一瞬で見破るのです。

「わからないことを、わかっているかのように、 できないことを、できるかのように語 …