大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

キャリアの節目をポジティブに旅する

      2015/12/20

「節目」というものをポジティブに捕らえるか、ネガティブに捕らえるかで、
人生のクオリティは大きく変わってきます。

たとえば学生時代。

誰もが夢あふれ、体力も気力も時間もふんだんにあって、
なんでもできそうな気持ちになる時期です。

実際、その時期の決断と行動、出会いが人生を決定づけたという人も、
たくさんいます。

やがて、その、「無限大の可能性」という、
若き日の幻想とのハネムーンにも終わりが訪れ、
現実の世界と向かい合う時期がやってきます。

たとえば結婚するとき。こどもができたとき。

独身時代は、学生時代の延長のまま夢を追いかけることもできます。
食うや食わずでも、お風呂のないアパートに住んでも、
毎日旅から旅のような、その日暮らしの生活をしていても、
誰にも迷惑をかけることはない。

そんな「自分」のために、すべてのエネルギーと時間を使える時代は、
「家族」という愛情の対象の出現と共に終わりを告げます。

たとえば、年齢的な限界を感じたとき。

「若くなければできないこと」というのは、実際に年齢を重ねてみないと気づけません。

ツアーに飛び回り、レコーディングでスタジオに通い、
制作をこなし、自分自身の活動にエネルギーを燃やし・・・
そんなバリバリのミュージシャンにも、節目は訪れます。

若くて、そこそこ腕もよくて、素直で、ギャラが安くて、ルックスもよくて、
なによりもフレッシュな新人を、業界は好むものです。

「自分は実力で仕事しているから、年齢なんか関係ない」というのは、希望的観測。

自分を使ってくれているスタッフが、やがて管理職になり、
新しいディレクターは、若手の、自分のブレインを使おうとし、
オーディエンスもどんどん自分より年下になり、
現場では若い感性が求められるようになり・・・

自分自身も重い機材を背負って、移動から移動を繰り替えすことや、
広いステージの上を走り回ることが辛くなってくる。
ハイヒールを履いて踊るのが難しくなったり、
自慢の長い髪の毛も、やがて、白くなったり、淋しくなったりするかもしれません。

そんな時代は当たり前のようにやってきます。

そんな「節目」に出会ったとき、
人は、キャリアを見つめ直す必要に迫られるのです。

さて、それはネガティブなことでしょうか?

キャリアをシフトすることは敗北ではありません。
新しいアドベンチャー。旅です。

「夢をあきらめる」「限界を感じる」
などという後ろ向きなアイディアは、この際、NGです。

それは、知らなかった自分との出会い。

たくさんの経験を踏んで、
たくさんの人と出会って、
少しだけ、もしくは、たくさんおとなになって、
今、見つける、今までと違う自分。

そんな自分と向き合って、新たな可能性を模索するときなのです。

知らなかった世界に目を向けて、
新たな出会いや発見をすることは、どきどき、ワクワク、興奮の連続です。
それは、100%ポジティブなことなんです。

必要なのは、「変化」と向き合う勇気。

そこから、新たな可能性の扉が開くんですよね。

25272966_s

 - Life

  関連記事

人を本当に育てるのは、反骨心や反抗心だ!

ミュージシャン仲間に、有名なおしどり夫婦と呼ばれたカップルがいました。 旦那さん …

視点を変えると価値観が変わる〜from USA②〜

ニューヨークに暮らしはじめて、真っ先に感じたのは身体の中に流れ込んでくる街の音。 …

年齢を重ねることは「変化」であって「劣化」ではない。

「今さら」、「この年で」、などとということばを聞くたびに、 本当にいらっとします …

多感なこどもたちにジョークは通用しない

小学生の音楽の授業のときの話です。 「ではこの曲を、誰かに歌ってもらいましょう。 …

「戦略とは何をやらないかを決めること」

「戦略とは何をやらないかを決めること」。 ビジネスの世界で、よく言われることばで …

幽霊会員ビジネス?

これまで通ったジムやダンススクールの数は、 15〜20の間というところ。 この年 …

「私はドジでのろまなカメです」

「私はドジでのろまなカメです」   これは、『スチュワーデス物語』とい …

タイムプレッシャーを逆手に取る

「どんなときに名曲が生まれるんですか?」 というインタビューに、 坂本龍一は、「 …

バンド仲間の悪口は言わない

もう何十年も前のこと。   大好きなメンバーと、かなり楽しくやっていた …

「もっと遊べ!」という謎のワード

「MISUMIちゃんは、もっと遊ばなくっちゃ。」 来る日も来る日も歌のことばかり …