大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

ゆっくりやってもできないことは、速くやってもダメ

      2015/12/20

そんなの当たり前でしょ?と言われそうなタイトルですが、
実は、この当たり前を知らん顔して素通りしようとする人、結構多いんです。

テンポが速すぎて、どうもカツゼツよく歌えない。
セリフがあまりに難しくて、何度練習しても咬む。
フレーズが難しい上に曲のテンポが速くって、きちんとメロディーを刻めない。。。

そんなとき、どうしますか?
「何度も何度も、速さに慣れて、できるようになるまで、しつこく練習する。」

ほとんどの人は、こう答えます。

確かに反復練習は大切です。
繰り返し練習していれば、やがてできるようになることもあるでしょう。
しかし、それは、本当に「できた」のでしょうか?
できたような気になっているだけではないですか?
ごまかし方がうまくなったわけではないですか?

実は、できない理由は、「テンポが速いから」ではないのです。

できない理由は3つです。

1.力みにより、筋肉が硬直してうまく動かない

2.フォームが悪く、正確な結果を得られない

3.神経系の命令が筋肉に伝えられていない=瞬発力がない

力むと、筋肉は固くなります。硬くなった筋肉は思うように動けません。
無理に動かそうとすれば、故障します。
力みが取れないまま、反復練習を繰り返すことで、
力みがクセになってしまう場合も多々あります。

まずはリラックスすること。
そして、フォームを整えることが肝要です。

リラックスして、フォームを整えた状態で、はじめて、
神経系統、筋感覚の整備や、筋肉不足を補う練習が生きてきます。
そうでなければ、妙な力みや、クセを助長するばかり。
逆効果になってしまうのです。

できていないときは、実際、何が正しいのかも手探り状態。
できた気になるのも、判断基準が甘いからということもあります。

もっとも効果的な練習方法は、「完璧にできるテンポで練習する」ことです。

キューちゃんこと高橋尚子選手を育てた、小出監督の本に、
「速く走ろうと思わないで、気持ちよく走れるスピードで走ったらいい。
やがて、そのスピードが徐々に上がっていくのだ」
というようなことが書いてあるのを読んだことがあります。

たとえ、それが、どんなにスローモーションのようなスピードでも、
今、完璧にできるスピードが自分にとっての適性テンポ。

そのテンポを上げるのが、正しい練習なのです。

22399724_s

 

 - 「イマイチ」脱却!練習法&学習法

  関連記事

「歌われているように書く」で英語の歌は劇的にうまくなる

ちょっと怪しいタイトルですが、 今日はタイトルだけ読んでいただければいいくらい、 …

「マスターベーション」とか言うな!

歌は音程のついたことば。 テクニックがどんなにすぐれていても、どんなに巧みな音楽 …

基本中の基本!「コーラス3原則」

コーラスということばに抱いている印象は、 その人の音楽経験によって違うでしょう。 …

ヴォーカリストがリハーサルの前に最低限準備すべき3つのこと

昭和音大では『アンサンブル』という授業を受け持っています。 アンサンブルというと …

批評家目線を捨てる

「Aさんって、うまいんですか?」 生徒の口からは、いわゆる本格派といわれる歌手で …

とにかく歌う。毎日歌う。それを続ける。

生まれて初めて包丁を持つときは誰だって、 なんのことはない作業、 例えば、単に「 …

ヴォーカルが絶対上達するスーパートレーニング

何年歌ってもなかなか歌が上達しない理由は、 1.ピッチやリズムなど、ちゃんと歌え …

no image
「つもり」はあくまでも「つもり」

ボーカリストがカバー曲を練習するときに大切なこと。 1.オリジナルをよく聞いて、 …

「正しい演奏」と「いい演奏」とは、全然違うことなんだ

こどもの頃、「音大生」というものに、 本気で憧れていました。 少女漫画の読み過ぎ …

ヴォーカリストこそ楽器を練習して「演奏の当たり前」を知る。

楽器をうまくプレイできるからといって、 歌もうまく歌えるかというと、もちろん、そ …