大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

昨日はボイス&ボーカル・クリニックでした!

      2017/10/10

さまざまな理由から、日頃、レッスン予約をお受けできない一般の方のために、
少しでもプライベートレッスンを味わっていただきたい。
そんなコンセプトで行ったボイス&ボーカル・クリニック。

昨日は・・・

ノドが極端に乾燥に弱く、すぐ声が枯れてしまうという女優のMさん、

プレゼンになると声がうわずってスムースに話せないという、
スーパービジネスマンのKさん、

声には自信があったのに、生徒たちを大きな声で叱っていたら、ノドを痛めてしまった、という大学准教授のYさん、

テレビなどで自社製品のプレゼンをする際の自信をつけたいという、
ヨーロッパ在住のLさん、

さらには人前で話すと緊張で声がうまく出せないのがつらくて、
営業のお仕事をやめてしまった
というMさんや、

ノドが弱くて、声がすぐに枯れてしまうというOLのKさん、

パワフルに歌いたいのに、地声が弱くて声量がないというボーカリストのAさん、

歌手を目指して半年間ボイストレーニングを受けているのだけど、
今ひとつ、正しい発声がつかめなくて行き詰まりを感じているというMさん、

そして、低い声がどうもしっかり鳴らないという、
ビジネスマンでありながら、ジャズシンガーとして活躍するHさん。

急用で来られなかった1名をのぞき、全9名の方のクリニックをさせていただきました。

40分でお話を聞いて、原因を見つけ、診断。
さらに、トレーニング方法の処方までを行うというマラソンクリニックでしたが、

「え〜〜!?こんなに簡単にいい声出ちゃうんですか〜!?」
と嬉しい悲鳴を上げてくれたり、

「思ってもいなかった気づきをたくさんいただきました!」
「なんだか希望が湧いてきました!」

などなど、口々に感想を聞かせてくれた、みなさんの晴れやかな笑顔が印象的で、
手応えを感じる、充実した時間になりました。
何度でも言います!

人間のカラダは何万年も進化していないのです。
それは、道具として完成した姿だから。

完璧な道具には完璧な使い方がある。

みんなちゃんと知っていたはずなのに、忘れてしまっているだけなんです。

IMG_7179ボイトレが目差すのは新しいカラダの使い方を身につけることではなく、
忘れていた使い方を思い出すこと。

もっともっと、そんな「当たり前」を広めていかなくちゃ、と、
ミッションに燃える一日になりました。

****************************************************************
すぐに満席になってしまった今回のクリニック。
当日まで1名のキャンセルも出ませんでした。

キャンセル待ちでご予約をいただいて、がっかりさせてしまった方たちのために、
9月14日に追加日程にて、クリニックを行います。

今のところ、次の予定はありませんので、
今回逃してしまった方は早めのご予約をお勧めします。

2013年9月14日(土)ボイス&ボーカルクリニックを追加開講
詳細、お申し込みはこちらへ。

****************************************************************

 - My History, クライアントさんたち, ボイストレーナーという仕事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

アイドルは一日にして成らず

「しかし、へったくそだなぁ。。。。」   音楽好きの父は、本当に歌手に …

100万人と繋がる小さな部屋で。

デビュー前からヴォイトレを担当している、 アーティストのライブに行ってきました。 …

どんなに「ふり」をしても、オーディエンスは一瞬で見破るのです。

「わからないことを、わかっているかのように、 できないことを、できるかのように語 …

よどみなく、 迷いなく、 明確に。

「先生」と呼ばれる立場になって、 しみじみ、「先生」というもののあり方を考えるよ …

弟子と生徒とクライアント

「あぁ、○○ね。あいつはオレの舎弟だから。」 「ありゃオレの弟子だよ。」 ミュー …

期待される人であれ。

ニューヨーク時代のこと。週1回、ジャズダンススタジオでレッスンを受けていました。 …

思い込みと勘違いで他人に意見するのは一種の迷惑行為。

何年か前、知り合いの女性ヴォーカリストに、 「私、衣装は全部ネットで買っているわ …

プロを目指す人のためのボイス&ボーカルトレーナーという仕事

プロを目指す人のボイストレーナー、ボーカルトレーナーという仕事は、 山岳ガイドの …

ことばの解釈に「正解はない」

高校時代の大半は、ロックとバンドとギター(そして男の子)に夢中で、 「学校の勉強 …

ボイストレーナーなんかいらない自分になる。

『ダイジェスト版MTL voice&vocal オープンレッスン12』が …