大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

MTLの”アーティストレッスン”って、何が違うんですか?

   

わかりにくいと評判のMTLのレッスンをご紹介するシリーズ第2回。
まずはMTLの原点ともいうべき、アーティストレッスンのお話から。


 

●アーティストレッスンと一般向けレッスンは何が違うのか?

アーティストレッスンと一般向けのレッスンには大きな違いが3つあります。

  1. コンサートやレコーディングのように、〆切や目的などの明確なゴールがあること。
  2. 事務所やレコード会社のプロデューサー、ディレクター、マネージャーなど、各スタッフさんがチームでアーティストをサポートする体制があること。
  3. アーティスト本人に高いプロ意識とアーティストとしての資質があること。

レッスンの基盤となるのはMTLメソッド。

綿密にコミュニケーションを取りながら、声や歌の不調や悩みを解消し、
本人のイメージどおりのパフォーマンスに向けて、最大限のアドバイスをしていく、
というスタイルは、誰に対するレッスンでも同じなんですが、

アーティストレッスンではさらに、
スタッフさんとの連携、
プロジェクトに対する理解の共有、
確実に結果を出すためのきめ細かいスケジューリングなど、
プロの現場だからこそ必要なサポートをしています。

 

●アーティストだからこそ育てて欲しい、「自分で自分に教える力」

MTLで、何より大切にしているのは、
「自分で自分に教える力」。

だから、MTLでは、プロジェクトごと、あるいは、半年、1年などのように、
ある程度期間を定めて集中的にレッスンを受けることを勧めています。

毎週通い続けるスポーツジムではなく、
一定期間通ったら卒業する、学校のようなイメージです。

もちろん、あらゆるステージに対応する、
段階的なメソッド展開はありつつも、です。

ですから、レッスンでは、フィジカル面のトレーニングだけでなく、
声やカラダの在り方、精神面のコントロール法、
自主トレや自己管理、コンディショニング法、
音の聞き方、音楽センスの磨き方など、
ゴールに応じたさまざまな情報をビシバシ伝えています。

ゴールがあるから集中力が持続する。
今!という瞬発力を発揮できる。
受験でもなんでも、同じですね。

ひとつのゴールをクリアしたら、また次を目指して、と、
何シーズンにもわたって連続してレッスンに通ってくれるアーティストもいます。
一旦卒業して、しばらく自主トレしたり、他のトレーナーさんのレッスンを受けたりして、
再びMTLの門を叩くアーティストもたくさんいます。

シンガーにも、スポーツ選手と同じように、フォームが乱れたり、
次のステージに進めずもがく時期というのがあります。
そんな、不調や伸び悩みを感じたら、
いつでも気楽に相談に帰ってこられる場所でありたい。

どんなときも、
最適な最高水準のアドバイスができるMTLを目指して、
研鑽を積んでいます!

詳しいシステムなどはHPをごらんくださいね。

 - MTL, ボイストレーナーという仕事

  関連記事

単なるボーカリストだった私が、ボイス&ボーカルトレーナーになった理由

はじめて人に歌というものを教えたのは、 まだ、ボーカリストとしてのキャリアもそこ …

思い込みと勘違いで他人に意見するのは一種の迷惑行為。

何年か前、知り合いの女性ヴォーカリストに、 「私、衣装は全部ネットで買っているわ …

「自分だったらどうか」という視点で考える

ボーカルやボイトレを教えているアーティスト、その卵たち、 そして、音大の学生たち …

ちゃんと仕事しろっ!

NYに住みはじめて、 寮の自分の部屋に電話を引き込むため、 電話会社に出向いたと …

ビジネスマンのためのヴォイストレーニング

ただのミュージシャンだった私が突如ミッションに目覚め、 起業セミナーや出版セミナ …

ボイトレ七つ道具、公開(^^)

最近、講演やセミナーをするときだけでなく、通常のボイトレをするときにも、 声のし …

先生たるもの、いつだって「文句あるかい!?」くらい、気合いを入れて立ち向かわなくてはいけません。

世の中の「先生」と呼ばれる人や「学者」と呼ばれる人たちにも、 やっぱりパワーゲー …

「暗闇が怖いなら、目を閉じてがむしゃらに進め!」

  やったぁ〜〜〜\(^O^)/(雄叫び) Onlineレッスンの最後 …

『キミは歌わないで口パクしていなさい』

世の中には、人を指導する立場でありながら、 あるまじき事を言ってしまう人というの …

「落としどころ」か?「限界突破」か?

完璧主義というほどではないですが、私はなにかと採点が辛いようで、 生徒やクライア …