大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

レッスンでは、トレーナーの「アーティスト性」は無用どころか、邪魔なんだ。

   

レッスンの折には、多かれ少なかれ、
生徒たちに、歌を歌って聞かせるシーンというのがあります。

こうした時に、心がけているのは、
自分のアーティスト性みたいなものを極力押さえ込んで、
「正しく」「うまく」歌うこと。

時に、レッスンを受けるシンガーの歌の特徴を拾ったり、
本人に、どんな風に歌いたいのかヒアリングして、
「だったらこんな感じで歌うとどうかな?」
と、歌って聞かせる必要があることもありますが、

トレーナー個人のシンガーとしての自己主張やアイデンティティは、
レッスンには無用どころか邪魔なんです。

 

実はそれって、言うほど簡単なことではなくって。

シンプルにプレーンに歌おうとすることで、
妙にへたくそに聞こえて、途方に暮れることもあります。

押さえ込んでるつもりでも、
自意識が顔を出して、偉そうに歌ってしまったり。

歌い慣れた曲や、
得意ジャンルの洋楽の曲なんかを教える時などは、
ついつい気持ちよくなって、自分の世界に入り込んでしまったり。

そのたびに反省するし、冷や汗もかきます。

そもそも、生徒たちは、自分の個性を極めたい。
自分らしいベストな表現を引き出す手段のひとつとして、レッスンにくるわけです。

そこで、トレーナーが、
自己主張やアイデンティティを出すのは、全くもってお門違い。

それって、
料理の専門学校で教える先生が、授業で、
自分の店のレシピの素晴らしさを説くようなもの。

デッサンを教えるべきなのに、
ピカソみたいな視点で裸体を描く絵画の先生のようなものです。

 

発声レッスン専門の、いわゆる「ヴォイストレーナー」という人は別ですが、
ヴォーカルのトレーニングもしている人は、私も含め、
多かれ少なかれ、音楽的なキャリアを持っているものです。

それがどんなキャリアであるにせよ、
そこにどんな想い入れやフラストレーションを抱えているにせよ、
自分自身のキャリアと、トレーナーという仕事とは、
直接なんの関係もないこと。

もちろん、キャリアに裏打ちされた実力や経験があれば、
それだけリアルで深みのあるアドバイスができるでしょう。
バラエティに飛んだ、的確なお手本も見せられるでしょうし、
自信を持った対応もできるかもしれません。

 

しかし、それはそれ。これはこれ。

生徒がトレーナーや講師のキャリアに興味を示すことは、
そうはありません。
自分のキャリアに対するリスペクトを期待する気持ちが
ほんの少しでも出てきたら、頭の冷やしどきです。

人にものを教える仕事をする以上、
いつも頭に置いておきたい、大切な、
そして、とても難しいことです。

マジカルトレーニングラボのHPはこちらです。

 - The プロフェッショナル, ヴォイストレーナーという仕事

  関連記事

「自分の名前」と、今一度向き合う。

作詞者は曲のタイトルを。 編集者は、本のタイトルを。 起業家は会社名を。 そして …

“トレーナー”というものの役割を思う。

音楽の世界ってゴールはないんだよな。 ワクチンの軽い副反応で、 なかばサボりなが …

毎日がアウェイの連続だ!

「え〜っと、モニターの人、どこですか〜?」   プリンセスプリンセスの …

音楽をやる理由?

自分とおなじくらい「音楽に夢中」という友達に出会えないことが、 学生時代の悩みで …

ピッチが悪いの、気づいてます?

少し前のこと。 知人に誘われたとある会社のパーティー会場の片隅で、 いきなりジャ …

「やる気」の不在

おとなになると、人は、 時に義務感で、 時に人間関係を壊したくなくて、 時に損得 …

「観客総立ち」を演出するプロの仕掛け

先日、キャロル・キングのケネディー・センター名誉賞をたたえて、 アレサ・フランク …

視点を変えれば、感動は無数に生まれる。

1990年代に一世風靡したロックバンド、 オアシスのノエル・ギャラガーが、 どん …

バッファーをとる

ビジネス用語として最近よく使われる、「バッファー」ということば。 「緩衝」つまり …

ヴォイストレーナーという仕事

自分にできないことは教えられない。 いろいろな考え方があるでしょうが、 私は、歌 …