大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

歌の魅力。〜SInger’s Tips#7〜

      2021/04/22

「今の声の初々しい魅力はそのままに、
もっと声が抜けるように、パワーをつけてください。」

「ギリギリで歌っている強烈な感じは損なわないように、
ノドに負担をかけず、ピッチよく歌えるようにしてください」

ディレクターさんたちから日々いただく、
難題ともいえるリクエストのおかげで、
トレーナーとして、ずいぶん鍛えられてきました。

歌の魅力って、必ずしも、
「うまい」ことでも、
「ピッチがいい」ことでも、
もちろん「発声がいい」ことでもありません。

のびのびといい声で、
そつなくて、
ピッチもリズムも正確な
死ぬほど退屈な歌を歌うくらいなら、

多少、ピッチがよれていようが、
声がガサガサだろうが、
蚊の鳴くような声だろうが、
ぐっとくる、魅力的な歌の方が、
何百倍も価値がある。

それなら、ボイトレなんかいらないじゃない!?
となりそうなものですが、そんなことはありません。

どんなに魅力的な声の持ち主だって、
プロとして最低限の仕事は要求されます。

マイク乗りが悪くて、
エンジニアさんたちを悩ませ、
楽器の音にかき消され、
あげく、あっという間に枯れてしまう。

ピッチが全然あたらなくて、
メロディが不明で、
あげく、1本ライブをやるたびに、
声帯炎を起こす、

年を取って、昔のような声が出せず、
キーも届かなくて、
やがて声質まで変わってしまう、

などの問題は、回避しなくてはいけませんし、
また、問題が起きたときに、
それをリセットする必要は、少なからず出てきます。

ヴォイトレは、
ゼロからビルドアップするための基礎工事ではなく、
感性のままに自由に歌い続けるための、
基礎補強工事のようなもの。

もちろん「地盤レベル」で、
カラダや声の本質にアクセスしていくことは必要不可欠ですが、
なにより、自分の歌の魅力を探求し続けることこそが、
シンガーとして最重要課題。

このへん、見失わないようにしたいものです。

◆一生に一度、集中的に学ぶだけで、”自分で自分に教えること”を可能にするMTL 12。毎週日曜日10時〜Youtubeにて公開中。
毎週月曜発行中!声に関するマニアックな情報やインサイドストーリーをお届けする無料メルマガ『声出していこうっ』。バックナンバーも読めます。

 - B面Blog, Singer's Tips, The プロフェッショナル, 歌を極める

  関連記事

人間がカラダをつかってするとことは、 「なんでもおんなじ」。

「パキンっ!って音をとらえるのに大切なのは、 チカラじゃなくて、タイミングなんで …

ことばってムツカシイ。

「うっそぉ〜」というリアクションが流行ったのは、 80年代だったでしょうか。 「 …

折り紙と「完コピ」。

腎臓病という病気は何にも食べられない。蛋白も塩気もいけないのだ。これは子供の身に …

人前に立つ前の「MUST DO!」〜ムービー/チェック編〜

人前に立って、パフォーマンスしたり、話したりする機会を与えられるということは、 …

ケツがむずむずするような曲、 書かなきゃ売れないよ。

PC内の断捨離&オーガナイズも佳境。 昨日、タイトルは見えるけど、 「デ …

人を感動させる力の秘密は”HOW”じゃなく、”WHY”にある。

ピカソやゴッホをお手本に、 「この青は何番をつかって」 「ここの線はくっきり描い …

その時間を「練習」と感じるか、感じないか。問題はそこです。

「毎日、何時間勉強してる?」 「なにやってるの?問題集?」 試験前になると、 成 …

究極の正解を探せ!

カバー曲はいい感じで歌えるのに、 オリジナル曲になると精彩を欠く。 こうしたケー …

この曲、なんかのパクリ?

曲や歌詞を書いていると、 「ポンと鮮明にアイディアが降りてくる現象」というのに、 …

音楽には「顔」がある。「オケと歌」、じゃないんです。

楽器の人たちと話していると、 演奏中、ヴォーカリストとは全然違う視点で ステージ …