大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

正しい「シャウト声」の出し方!

   

高校時代の自分のバンドのライブ音源という、
恐ろしいものが存在しています。

少し前に、おそるおそるそのテープを聴きました。

カセットテープにおさめられた、
高校時代の演奏は、
まぁ、微笑ましく・・・

よくもこれで、
ギターリストになろうなんて思っていたわいと、
思わず失笑してしまうようなカワイさです。

ひときわカワイイのは、私の声。
まぁまぁしっかりと声は出しているものの、
ディストーション成分ゼロ。

いたってクリアで、
若者らしい滑らかな声であります。

ロックナンバーのクライマックスに必ず登場する、
シャウト声も、単なる大声になっちゃってて。
あぁ、私ってこんな声だったんだよな、と驚くほどです。

今ではディストーション声、すなわち、
ハスキーな、ロックっぽい歌を得意としている私。
人の声ってこんなに変わるのだという、
生き証人のようなものです。

 

ロックをやっている人間なら、
必ずあこがれるハスキーヴォイス。

当時の私も、
どうやったらカルメンマキさんみたいに、
ジャニスやロッドみたいに、
しゃがれた声が出せるのか、
知りたくてたまりませんでした。

当時の知り合い、誰に聞いても、
言うことは同じでした。

「酒とタバコで、1回や2回、のどを潰さなくちゃダメなんだよ。」
「お前みたいな健全なタイプはロックは歌えないよ。」
「断崖絶壁で海に向かって叫ぶくらいやらないと、ダメなんじゃない?」

あぁ、無責任。バカヤロー。

あの頃、そんなことばを信じて、
声帯様を傷つけていたら、
私もいわゆる「ロック声」と言われる、

声帯様がちゃんと閉まらない、
すっかすか、ガンラガラで、
高い声なんかちっとも出ない、
「やられた声」のヴォーカリストに、
なっていたかもしれません。

くわばら、くわばら。

 

私の声をご存知の方ならおわかりと思いますが、
普段の私は、もちろん多少ハスキー成分はありますが、
どちらかと言えば、クリアな声。

裏声もばっちり出ますし、
地声的な声として、ハイA、ハイB♭くらいまで、
気持ちよく出ます。

ハスキーヴォイスにも、
いわばエフェクターを踏むように、
「ハスキーな声が出したいわ」と思った瞬間に、
切り替えることができます。

 

ハスキー成分、ディストーション成分は、
仮声帯といわれる場所を振動させて出す、
いわば、エフェクト音。

声帯様は主音を出すための器官ですから、
傷つければ、「音」をつくれなくなる。
つまり、鳴らない楽器をつくってしまうことになります。

主音は広い音域を自在に行き来しつつ、
仮声帯や軟口蓋、その他声道のいろいろな部分で、
トーンコントロールをしたり、
エフェクターをかけたりするのが、
自由な声の表現を可能にする理想的な状態です。

 

では、どうやって、そんな状態を作り出せるのか?

正しくは、声道まわりの力を抜いて、
呼吸の支えをしっかりつくった上で、
仮声帯を振動させる感覚を身につけること。

「力を抜く」、
「呼吸を整える」は、
発声の、いわば「基本のき」。

この2つをクリアできていない状態では、
何をやってもうまくいきません。

 

とはいえ私自身も、
「シャウト声」の理論は、
ほんの数年前、後付けで知りました。

実際は、誰かに教わったわけでも、
何かから知識を仕入れたのでもなく、
徹底的な完コピを繰り返したことで、
体験的に手に入れた声です。

出来ないなぁ、
どうやるのかなぁ、からはじまって、
試行錯誤を繰り返しました。

やっと出るようになった声は、
のどを締め付けて、無理矢理絞り出す、
いわば、NGの発声でした。

出し続けたら、のどがひりひりして、
翌朝は、声がガラガラ、
ということもありました。

ずっとこうやって出していれば、
のどが潰れて、理想的な声になるのかと、
思いあまったこともありましたが、

ジャニスが歌えるようになることで、
ホイットニーをあきらめるのはごめんだと思ったり、

のどを締め付けている感じなど全然なくて、
パワフルで自由自在なのに、気持ちよく歪む、
ティナ・ターナーみたいな声になりたいと思ったり、

めちゃくちゃなめらかな声なのに、
いきなりぽんっと歪ませられる、
ダイアナロスのようなヴォーカリストにあこがれたり。

とにもかくにも、
いろんな人の声を、ひたすらマネしました。

どんな顔で歌っているのかな。
力入ってないな。
顔も歪んでないな。
のども楽そうだな。
姿勢もまっすぐだよな。
呼吸はどうしてるのかな。

そんな、マニアックな研究と、
練習と、くふうの積み重ねが、
声をどんどん変えていきました。

知ることは大事。
教えてくれる人がいることも、もちろん大事。
でも、結局は、「できるまでやれるか」。

これに尽きます。

◆第9期MTL12の日程が決定しました。
4月11日(土)、25日(土)
5月9日(土)、23日(土)、
6月6日(土)、20日(土)

◆中上級者向けワークショップ、”MTLネクスト”、いよいよ始動!詳細は近日発表いたします。

先行でのご案内をご希望の方はメルマガをご登録ください。

 - B面Blog, The プロフェッショナル, 「イマイチ」脱却!練習法&学習法, 声のはなし

  関連記事

未来を切り開くのは、ひらめき、学び、そして自信。

ひらめきは突然やってきます。 「あ!今、これ、やっといた方がいいわ。」 「おぉお …

声は、一生かけて育てるもの

「自分、声が太くなったんちゃう?」 「なんか、倍音増えたなぁ・・・」 先日、京都 …

「仕事ができない」と言われる人にはワケがある

どんな人が「仕事ができる人」と呼ばれるかは、 業界によって、少しずつ違います。 …

基本中の基本!「コーラス3原則」

コーラスということばに抱いている印象は、 その人の音楽経験によって違うでしょう。 …

ギターの「早弾き」 vs. ボーカルの「高い音」

ボイトレというと、高い音ばかり練習している人がいます。 実際に、スクールなどでも …

「正しく気づけない」から上達しないのだ

「神は細部に宿る」と言われます。 細部の大切さは誰もがわかっているはずなのに、 …

練習を「単なる時間の無駄」で終わらせないための3つのポイント。

歌を志すことになったのは、 私にとって、ある種の「挫折」でした。 そんなことを言 …

バッファーをとる

ビジネス用語として最近よく使われる、「バッファー」ということば。 「緩衝」つまり …

Myマイク派 vs. Anyマイク派

最近、レッスン、ライブ、リハーサルなどに、 自分のマイク、いわゆる「Myマイク」 …

ヴォーカリストがリハーサルの前に最低限準備すべき3つのこと

昭和音大では『アンサンブル』という授業を受け持っています。 アンサンブルというと …