大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

マンツー vs. グループレッスン

   

「歌のレッスンはマンツーマンじゃなくちゃ」とは、
非常によく言われることです。

ひとりひとり、歌い方はみんな違うから。
10人いたら、教え方は10通り。

ダイナミックなスタイルで歌う子なら、
よさを伸ばしつつ、精度を高め、
緻密なテクニックを身につけさせる指導をする。

ポップなか弱い声が魅力の子なら、
か弱さの中に芯を育てたり、
独特な歌のニュアンスを共に構築したり。

目の前にレコーディングや、
コンサートツアー、メディア出演などが
差し迫っているアーティストたちならば、
本番に向け、
それぞれのスタイルやウリを最優先に、
曲の細部の歌い回しや声のニュアンス、
歌詞の表現方法までをもアドバイスし、
ベストオブベストを引き出します。

時に、デリケートな心身のケアに
心を配ることもあります。

 

アーティストの場合は、
プライバシーの問題もありますし、
レッスンはマンツーマン=プライベート・レッスン一択です。

 

しかし、歌の上達を目指すなら、
マンツーマンレッスンだけが
ベストな選択とは限りません。

歌を上達するためには、
自分で自分の歌をジャッジする能力の習得が不可欠です。

そのために大切なのは、
自分の歌を客観的に聴く能力を磨くことと、
基準を育てること。

自分と向き合ってくれる「先生」という存在ではなく、
一緒に学ぶ「同士たち」が自分の歌をどのように聞くのか。
どんな印象を持つのか。

「同士たち」は何を感じて、
どのように取り組んで、
どんな風に歌っているのか。

関わる人数が多いということは、
さまざまな情報が飛び交うということでもあります。

人が歌う曲を聞いて、新しいジャンルに目覚めることもある。
誰かの歌い方がカッコいいと感じて、マネしてみたくなることもある。
普段の練習方法や、練習時間、練習場所、メンバーの見つけ方、ライブの情報、ライブハウスの情報、スタジオの情報…etc.etc…

そんなたくさんの情報に刺激を受け、
ますます上達していくのです。

また、「人の目」が多いほど、緊張感は高まります。

自分自身を試すためにも、
実力を上げるためにも、
音楽におけるコミュニケーション力を養うためにも、

いつも自分に目線をあわせてくれる「先生」以外の存在を意識することは非常に有益です。

また、同じ道を志す仲間たちとの交流ほど、
高揚することはありません。

マンツーマンにせよ、グループにせよ、

問題は、
「明確なメソッドのないレッスンは、
部活動のようになってしまいがち」ということ。

毎週通って、先生や友だちと会って、
楽しい時間を過ごして・・・

というレッスンは、
趣味やサークル活動を求めていらっしゃる方には向いていますが、真剣に上達したい方には物足りないでしょう。

ロジカルで、体系化されたメソッドがあること。
クリアすべきゴールが明確にあること。
進行に応じて適確な課題を与えられること。

歌を志す人たちが本当に求めているのは、
「一生通うスクール」ではなく、
確実に結果を出せる、
「コンサルティング」であり「コンテンツ」。

若かりし頃の自分なら、
のどから手が出るように欲しがるであろう、
そんなメソッドを作っていきたい。
そんな風に考えています。

◆基礎力がないわけではないのに、歌の評価が上がらない。思うようにキャリアアップできない。ワンランク上の世界で認められない・・・。そんな悩みを抱えて歌に取り組んでいるシンガーのためのスーパー・ワークショップ“MTLネクスト”、始動。

◆第9期MTL12の日程が決定しました。
4月11日(土)、4月25日(土)、5月9日(土)、5月23日(土)、6月6日(土)、6月20日(土)
詳細は近日お知らせします!

◆メルマガの無料登録はこちらから。

 - B面Blog, 「イマイチ」脱却!練習法&学習法, ボイストレーナーという仕事

  関連記事

「歌うことをはじめる」はじめの一歩をどう踏み出すか。

「ずっと歌をやりたかった。」 そんな風に思っている人は、数え切れないほどいるよう …

「自分のことば」になってない歌詞は歌えない!

役者さんがしばしばつかうことばに「セリフを入れる」というのがあります。 この「入 …

よどみなく、 迷いなく、 明確に。

「先生」と呼ばれる立場になって、 しみじみ、「先生」というもののあり方を考えるよ …

「気づけない」から上手くならないってことに早く気づく。

中学1年の夏休み、 長年の夢だったピアノを、 やっとの思いで買ってもらいました。 …

「オリジナリティ」ってなんなのよ?

「○○って落語家はすごいんだぞ。 一流と言われた落語家をぜんぶ研究して、 みんな …

「あたり前」を極める

「自分があたり前にやっていることで、 他の人が絶対にマネできないことに注目しなさ …

練習の成果は「ある日突然」やってくる

はじめて「上のF」が地声で出た瞬間を、 今でも鮮明に覚えています。 学生時代は、 …

ホンモノか?ニセモノか?

「あいつはホンモノだよ」 「なんか、あの子、ウソくさいのよね」 一般の人たちがど …

「残念なミスコピー」は、そろそろ卒業しましょう。

誰もが一度は、 人の歌や演奏を聞いて、カッコいい!マネしたい!カバーしたい! と …

自分自身のフィードバックシステムを磨く

オープンレッスン12、全6日間の3日目が終了しました。   発声と歌の …