大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

声の優先順位が低いなら、気にしないのが一番。

   

「自分の声の印象って、どうなのだろうと気になる」
という人はたくさんいるのに、
実際に何かしているという人は、ごくわずか。

そんなお話をいろいろなところでしてきました。

事情はいろいろですが、
「何からはじめたらいいか、わからない。」
「声のトレーニングが、今の自分に必要なのかどうかもわからない。」
「忙しくてつい、後回しになってしまう。」
が3大要因。

こんな時代ですから、
本気でなんとかしなくちゃと思えば、
ボイトレをする場所も時間も方法も、
いくらでも見つかります。
基準だって、やっていくうちに、
だんだんとできあがっていくものです。

だから、やらないのは、結局、
声の優先順位が上がってこないからなんですよね。

優先順位が低いことを、無理にがんばる必要はありません。
それなら、声のことなど、
気にしない方がずっと心安らかです。

世の中には声が気になる人と、
気にならない人しかいません。

気にならない人は、
自分の声にも、人の声にも、
意識の焦点があいにくいもの。

ネガティブなことではなく、
自分のキャラクターの一部です。

声からさまざまな情報を受け取るのは、
動物としての本能ですから、
その声が「音」として意識されることなく、
無意識に脳で情報処理されている、ということなのです。

何かのきっかけで、
声の優先順位が高まるまでは、
そのまま、気にしないでいる方が、ずっと健全です。

おそらくは、人口の半分くらいの人が、
声の存在など意識することもなく、
そこに何の問題も感じずに、暮らしています。
それでよいのです。

残り半分の、声が気になる人たちは、
声と向き合い、
その恩恵にあずかったり、
自信をもらったりするのとおなじくらい、
声の不調や老化に悩み、
コンプレックスを感じたりしながら、
声と共に生きています。

私個人にとっては、
声は、幸せをくれたり、与えたりできるバディ。

気にならない組の人たちも、
いつか、なにかのきっかけで、
「気になるスイッチ」が入ってくれたら、
いいなと、密かに思いつつ、

これからもますます、
「声が気になる組」のみなさんのお役に立てるよう、
発信を続けようと心に誓うのであります。

 

◆一生に一度、集中的に学ぶだけで、”自分で自分に教えること”を可能にするMTL 12。毎週日曜日10時〜Youtubeにて公開中。
毎週月曜発行中!声に関するマニアックな情報やインサイドストーリーをお届けする無料メルマガ『声出していこうっ』。バックナンバーも読めます。

 

 - B面Blog, Life, ビジネスヴォイス, 声のはなし

  関連記事

no image
声帯さまってすごいんです

声帯ってどんなものか知っていますか? 声にトラブルを持ってお医者さんに行ったとい …

「育てる」んじゃない。「育つ」んだ。

「あいつは俺の弟子だったから。あいつを育てたのは俺だよ。」 有名人や、一流の人た …

「オーツキ社長、いらっしゃいますか?」

「オーツキ社長、いらっしゃいますか?」 最近、こんな電話が会社の方によくかかって …

人の心を動かすのは「エネルギー」。

アート鑑賞が好きで、 折に触れ美術館を訪れます。 国内外で、かれこれ30年以上ア …

嫌なヤツはみな反面教師

「六本木行って! え?道わかんないの? あ〜、もういいよ。途中、こっちが言うから …

「どう記録するか」より、「どう記憶するか」

スマホの時代になって間もなくのこと。 こちらが、それはもう夢中で、 なかなかいい …

マンツー vs. グループレッスン

「歌のレッスンはマンツーマンじゃなくちゃ」とは、 非常によく言われることです。 …

「好きだから」っていう動機が一番すごい!

「キミのためなら死ねる」 『愛と誠』という漫画の脇役である岩清水くんの名セリフで …

自分を好きになる10の方法

自己評価が低いと、なにをやっても心底楽しめないばかりか、 行動の精度もあがらない …

「まったくおなじ音」は2度と出せない?~SInger’s Tips #19~

長年歌をやっていて、 もっとも難しいと感じることにひとつに、 「おなじ音をおなじ …